FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

尾瀬~越後駒縦走 

 吉川です。今回の山行に向けて、トレーニングをし、尾瀬から越後駒ヶ岳を目指したが、悪条件に阻まれ断念・・・越後駒ヶ岳は遠かった!

【山域】越後山脈 
【ルート】尾瀬~越後駒ケ岳 
【登山方法】テント縦走
【行動日】5月1日~5月4日 
【メンバー】SL橋本、吉川(記)
【行程】
 5/1稲毛4:30-湾岸習志野IC-関越道-沼田IC-沼田駅駐車、バス8:00-鳩街峠10:30-山ノ鼻11:20-柳平-中尾根-1620m付近15:00テント(泊)
 5/2 1620m付近6:20-大白沢山北西鞍部-主稜線-1920mP-1810m付近10:20テント(泊)
 5/3 1810m付近6:50-1920mP-大白沢山南西斜面トラバース-1661mP-中尾根-柳平-山ノ鼻14:20テント(泊)
 5/4山ノ鼻6:40-鳩街峠8:00-バス-沼田駅-昭和IC-関越道-帰葉


【内容】
 5/1(曇り時々青空/小雪)沼田駅からバスで2時間、ようやく鳩街峠に到着。晴模様だが風が冷たい。又この地点に戻るとは思いもよらず、アイゼンで固めの雪を踏みしめ山ノ鼻へと下る。山ノ鼻を過ぎると、足が20cm位沈みワカンの世界かな?と、頭をよぎる!柳平の雪原にダケカンバ、ミズナラ、ヤナギ等の疎林に蛇行する川の流れは尾瀬の景観!猫又川に大きく山側に押し寄せられると間もなく、左俣の渡れるスノーブリッジを探し踏み後の無い中尾根に取り付く。相変わらず足を取られながらの尾根には、大きなクロベがあちこち点在している。根元でビバークできるほど大きな空間がある。1661mのPを通過し1670m地点のオオシラビソを屋根にテントを張る。
予定より1.5km手前だった。

 5/2(雪)昨晩10cm弱の積雪に益々ラッセルがきつくなる。暫く急斜面を登り二回ほどアップダウンを繰り返しながら高度を稼ぎすぎてしまい、前方の崖を回避するため10m位下りルートを修正して、大白沢山の鞍部に出る。この辺りは、膝までのラッセルが二度落ちで進みは悪く体力を消耗する。雪は霙に変わり気持ちが萎えてしまいそうになるが、一瞬辺りが明るくなり稜線が目の前に浮かび上がると足が軽くなる。1920mPの細尾根を登り詰めた後、東側に大きく張り出し波打つセッピを幾つも越え下る。時々腿まで落ち込むが、下りなので結構遊べて楽しかった。1800m付近の鞍部から白沢山への登りになるところで、天候の快復は望めそうもないし、このまま予定通り前進は難しいと判断する。西風を避け快適なテント場を見つけて、今日はここに停滞を決める。午後4時の気象概況で、明日天気が快復したら平ヶ岳を往復して、来たルートを戻る事にした。

 5/3(雪のち晴)昨晩の積雪20cm強、天候の快復は望めそうにないので小雪降る中テントを撤収して、昨日のルートを辿る。トレースはすっかり消え、昨日越えてきたセッピは、ふっくら真綿を羽織り目の前にはだかる。大白沢山の鞍部手前から昨日のコースより効率よく下ったが、ワル沢方面に下りすぎて、上り返ししルート修正。この後、広い台地状でもGPSに頼り中尾根に乗る。この先から、スキーや、スノーシューで平ヶ岳へ向かうグループに多く出逢った。高速道路と化した道はなんと歩き易い事か・・・一昨日渡ったスノーブリッジは、踏み後が多かったが、無事通過できた。振り返り今、下ってきた稜線が、雪雲で覆われていると納得して返れる。
越後駒ヶ岳は遠かった!

大沢山の南面1700m付近の台地状通過は難しかった。
残雪の時期というのに新雪に見舞われてしまった。山スキーだったらルンルンだったかな?ワカンの必要を感じた。
自己反省は、厳しいラッセルと、視界が悪かった事で、GPSのナビに頼りすぎて地図読みをしなかった。
今日は、山ノ鼻でテントを張り明日、鳩街峠へと向かう事にした。GW後半、大賑わいの山ノ鼻で、無事安全地帯帰還に乾杯!
尾瀬ヶ原上空だけは、ポッカリ青空を覗かせ穏やかな姿の至仏を眺め至福のときを過ごす。

 5/4(晴)ゆっくり寝てもいられず早めに山ノ鼻を後にし、バスを乗り継いで沼田駅へと向かう。車窓から、りんごの花とまだ真っ白な谷川岳の景色に感動!車を回収し、入浴後、行列のできる池田屋の蕎麦を食べて帰る。
 リーダーお世話様でした。トラックデーターもありがとうございました。
地形の記憶と地図を照らし合わせもう一度楽しみました。今回の教訓を踏まえ又、トライしたいと思う。



スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。