FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

守門岳 

鶴田です。 4月5~6日奥只見守門岳に山スキーに行ってきました。
同行の長池さんが山行記録を書いてくれましたので載せます。

【日時】2007年4月5~6日(木・金)
【山域】奥只見 【場所】守門岳山スキー
【コース】9:00大原スキー場トップ→10:06、870mピーク→12:05稜線→13:29守門岳山頂→14:00山頂発→15:08上祝沢下部→15:30ゲレンデハウス
【メンバー】CL鶴田、長池
【天候】晴れ
【内容】都内の事故渋滞に苛立ちながらも夕刻前には苗場着、ゆっくりと英気を養う。
 5:30起床、小出から只見線に沿って、名残雪が山肌に斑を描く山懐に分け入っていく。
 閉鎖間近のスキー場は人影もまばら、白く輝くゲレンデはリフトのみがゆったりと動いている。リフトトップからブナの樹林に分け入って、次第にはっきりする支尾根に上がっていく。870mピークから傾斜が増し、崩れかかる危うげな雪庇の棚上あたりから板を背負って壺足で登る。稜線に出ると、たおやかな尾根の向こうに守門の白いピークが見える。雪庇の堰堤に沿って、野うさぎの足跡が山頂に向かってずうっと伸びていて、安全な登高のルートに導いてくれる。
 山頂。巨大な雪庇を張り出した大岳への輝く稜線、お隣りの浅草岳、越後三山など360°我々以外誰もいない。この雄大な、贅沢な眺望を2人締めである。
 さて滑降。稜線はチョッカリで分岐まで。続いて樹間の急勾配を横滑りでメインルートの上祝沢の源頭に立つ。頂部雪庇が大きく割れて今にも落ちそうだ。ドロップは少し降りて樹林の尾根にトラバースして入る。中間まで急な尾根を降りて沢身に入る。
 落下する小ブロックが巻き込んだスラフが沢中を埋めているが、傾斜が落ちてスラフが止まり、ずっと下の平原までノートラックの雪面が絹を拡げて下っていて、今回最後のご馳走をしつらえてくれていた。帰途、神湯温泉の湯に足を伸ばし充実感に浸った。
(記 長池)
 
スポンサーサイト

△page top

« 桃源郷マラソン
奥秩父・行者谷 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/119-79f4e8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。