FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

神楽峰山スキー◆写真 

【山域】上越・神楽峰
【日程と天候】2013年4月20日(土)晴れ・無風 新雪10~15cm
【メンバー】CL菊池 他1名
【行程】信濃町ー98km(2時間強)かぐらみつまたスキー場駐車場-ゴンドラー第5ロマトップ(1830m)ー中尾根トップ(1984m)ー清八沢ルート滑走ーゴンドラトップ(1380m)ー第五ロマトップー中尾根トップー中尾根滑走ーゴンドラトップー駐車場


06 清八沢に向かを急斜面のパウダーラン  [清八沢に向かを急斜面のパウダーラン]

・21日(日)が町内の行事で抜けなれなくなり、月山には参加できず、急遽、神楽日帰りを楽しんだ。この時期稀な寒波の流入で新雪が10~20cm、第五ロマトップをシールで登り始めたころは下地はガリガリバーンであったが滑走開始時点では適度に緩み、滑りやすい状態となった。
中尾根の北側、清八沢ルートはまっさらなパウダーゾーンでこの時期では儲けものの快適パウダーランが堪能でき大満足であった。
約150mのシール登高で標高差約600mの滑走は魅力的である。2本目は初めて中尾根を最後まで滑走した。深雪のころは上部の緩斜面で苦労しそうであるが、下部には適度な中斜面、残雪期や少な目の新雪の時期には初心者でも十分楽しめる好ルートであることが確認できた。

・シニアの午前券(13:00)2700円、第5ロマ運転開始9:00に合わせて入山、最終13:00直前までリフトを利用し、下山ルートを13:00の開門直後に通過し駐車場まで滑走できた。驚いたことに駐車場は超満杯の状態であった。
・帰路、栄村の道の駅で蕎麦を食べ、千曲川沿いの残雪・新緑・水仙・桜を楽しみながら信濃町へ向かった。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top