FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三ノ沢岳~檜尾岳◆写真 

遅くなりましたが、先週の山行報告をいたします。

三ノ沢岳山頂で2  [三ノ沢岳山頂]

【山域】中央アルプス 三ノ沢岳~檜尾岳
【天気】快晴
【メンバー】 CL小俣、細谷(記)
【行程】
 H25.4.13 しらび平(9:15)-ロープウェイ駅(9:30)-浄土平(11:00)-三ノ沢岳山頂(13:20~14:20)-浄土平(15:50)-テント泊
 H25.4.14 浄土平(8:00)-濁沢大峰(9:30)-檜尾岳(11:10)-檜尾避難小屋(11:30)-檜尾橋(15:50)

【内容】

9時のロープウェイで千畳敷へ。一面は真っ白な雪化粧をしており、まだ冬の様相を呈していた。土曜日は気温が下がるとのことであったが、予報に反して暖かく無風快晴で気分は上々。
千畳敷から積雪期ルートをトレースに導かれ極楽平へ。
三ノ沢岳のピストンはそれなりに時間がかかるため、重い荷物をデポし稜線を歩き始めた。稜線にはしっかり雪がつきとても歩きやすく、途中のナイフリッジも難なく通過。山頂手前の急登はアイスバーン状態であったが、ゆっくりと歩をすすめ山頂へ。
山頂では三角点も標識も確認できなかったが、御岳、乗鞍、穂高、南アルプス、富士山など360度の大展望がひらけており、昼食をとりながら暫くまったり。
浄土平に戻るとやや風がでてきたため、先を急がず岩陰にテントを設営。
夜中には常に強風が吹きつけ、テントを揺する音と寒さでほとんど寝ることができなかった。

翌日も朝から強風が吹いており、進むか戻るか迷ったが、歩行に影響を与えるほどではなかったため、予定通り檜尾岳に向かった。前日のトレースが残っていたためルートを間違えることはなかったが、歩きずらい岩場が続いた。
檜尾山頂も素晴らしい展望が広がっていたものの強風を遮るものがなかったため、早々に山頂を後にして檜尾避難小屋まで下った。避難小屋は新しかったが、入り口の窓が壊れており、そこから入った雪が積もって出入り口のドアが動かず、中に入るには壊れた小さな窓から出入りしなければならない状態であった。
そこからはひたすら檜尾尾根を下山したが、所々分かりづらい場所や急斜面があり、こちらも比較的歩きづらいルートであった。

初日に、極楽平についてから下山口の檜尾橋に着くまで、途中2人しか会うことがなく、天候にも恵まれ山を独占した気分であった。
ネットの情報では、ロープウェイを降りたところに、登山指導者がいるような記述があったが、登山指導者は正月、GW、連休しかおらず、それ以外の日の状況判断は個人責任となるのでご注意を。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。