FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

水ノ塔山◆写真 

少し迷走しタイムロスをしたため、
当初の予定であった篭ノ塔山から手前の水ノ塔山までへと変更した。
登山道の残雪のズボリにひやひやしたものの、4人で和気あいあいと山行し、温泉の良さも相まって、楽しく雪山を体験することができた。

 
08 水ノ塔山山頂  [水ノ塔山山頂]

【山域】浅間山周辺
【コース】水ノ塔山
【ジャンル】雪山登山
【日程】3/30(土)日帰り
【天候】晴れ
【参加者】CL室、SL大木、辻本(車)、清野(報告)
【行程】室宅前5:20→高峰高原ホテル前駐車場10:20→高峯山分岐10:55
    →高峰高原ホテル駐車場11:40→アサマ2000スキー場駐車場11:50
    →高峰温泉12:35→水ノ塔山山頂(13:50)14:05
    →高峰温泉(14:45)15:50→アサマ2000スキー場駐車場16:15

 
小諸ICを降り、チェリーパークラインを走る。何度もカーブを繰り返しながら高度をどんどん上げていくが、道路やその周辺にはほとんど雪を見ることもなく、やがて車坂峠(1973m)にある高峰高原ホテル前駐車場に到着した。
 
高峯山登山口から登りはじめたが、いきなり積雪1mぐらいの雪山だった。
固い雪だったので、つぼ足で登ったが、ところどころズボルところがあり、そのたびに、肝が冷やされる思いをした。
20分程で稜線にでた。左手に雲海に浮かぶ八ヶ岳が美しい。
後ろを振り返ると、黒斑山の向こうにちょこっと浅間山を望むことが出来た。
高峯山分岐に着いたところで、道を間違ったと勘違いし(本当は正しかった)、アサマ2000スキー場を経由し高峰高原ホテル駐車場まで戻り、車で アサマ2000スキー場駐車場に移動した。
 
タイムロスしたので、篭ノ塔山はやめて、水ノ塔山まで行くことに変更した。
リフトを使って水ノ塔山登山道まで行こうとしたが、スキー板を履いていなかったため断られたので、歩いて雪上車運行コースを登って行った。雪上車コース終点の高峰温泉で昼食をとった。
高峰温泉からはまた、残雪1m程の雪山を登って行った。
ここからも、積雪は固かったが、やはりところどころズボルところがあり、そのたびに体力を消耗させた。
 
30分程してうぐいす展望台を過ぎた頃から、積雪も少なくなり、ガレた登山道となった。
水ノ塔山と篭ノ塔山の全景が目前に迫ってきて気持ちも高鳴った。
急な上りを進んでいくと、遠くそそり立った水ノ塔の山頂に人の姿が確認できた。
喘ぎながら山頂に着いた。
山頂の景色は雄大だった。
北側には四阿山その西側の裾野の向こうに北信五岳、西側の西篭ノ塔、東篭ノ塔の向こうには北アルプスが、南側には高峯山の向こうに、秩父山塊がうっすらと望めた。
 
下山は高峰温泉の湯を目指して、早かった。
源泉かけ流しのいいお湯だった。
帰りは雪上車に乗ろうと思ったが、一人1000円もするので、雪上車コースを歩いて下山した。
帰途小諸市内にある蕎麦や「やまへい」で蕎麦を食し、花園IC近くの店で深谷もやしを購入した。
蕎麦ももやしも最高に美味しかった。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。