FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

長者ヶ岳~天子が岳◆写真 

2/20(水)平日山行報告 菅井修
  参加者 CL辻本 菅井 広木愛 田村樹 高地 淸野


10 天子ヶ岳山頂にて  [天子ヶ岳山頂にて]

   5:00千葉駅北口を出発、首都高経由で向かう。休憩と朝食のため泊った足利SAでは、なんとまだ小雪が降っていた。白神神社へと向かう国道からは、前方に真っ白い三角形の高い山が見える。
「あんなのは登れないよー」と言っていたが、その山こそ今日登る天子ヶ岳の遠景だった。
白神神社の前は道が狭く、駐車するのに不安があり、引き返す。白糸の滝駐車場に1台をデポ,もう1台は田貫湖畔に駐車し、9:10歩き始める。登山口からすぐに、やんだばかりで柔らかい新雪が続き気持ちが良い。
すでにトレースが付いていた。登ると共に雪も深くなるが登り辛くはない、快調に高度を稼いでいく。
休憩時に周囲を眺めると、富士山は雲の中だが、冬枯れの木々に積もった新雪が見事な景色を見せてくれる。

11:08長者ヶ岳頂上着。そこは元旦のダイヤモンド富士の撮影場所。今日は富士は顔を見せてくれない。
しかしながら周囲の雪景色は最高だ。低山だが冬山気分が十分味わえた。
天子が岳へは気持ちの良い雪の稜線歩き。所々、枝に積もった雪で細い雑木が登山道の上に垂れ下がりトンネルを作っている。

12:20広い天子ヶ岳頂上着。雪原にビニールを敷き昼食。雲も切れて青空も見えてくると枝に積もった雪が、シャワーのように我々の頭上に降ってくる。天子ヶ岳からの下りはトレースも無く新雪を踏んでの快調な下りだ。
1カ所ロープの張ってある急な滑りやすい所があった。半ばほど下った時、大きな富士山がやっと見えるようになった。やはりかっこよい。
大沢崩れがダイナミックに刻み込まれている。
道もなだらかになると広い林道っぽい道となり、だらだらとしばらく下ると白神神社に続く鋪装道についた。
アスファルトの道を白糸の滝駐車場まで歩き、デポ車を回収して帰路についた。

途中、B級グルメで有名になった富士宮焼きそばを、浅間神社本社前にあるグルメ小路で味わった。やはり旨かった!大盛り600円なり。
新東名をご機嫌に走り、足柄SAの日帰り湯で汗を流し、帰葉した。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。