FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

赤岳天狗尾根アルパイン◆写真 

ちば山の樋口です。

2/9~11の2泊3日で、八ヶ岳の主峰、赤岳の東面にあります天狗尾根を登って参りました。
今年は中腹以下で積雪が多いようです。地獄谷出合小屋から天狗尾根上に辿りつくまでの区間は、ラッセル地獄でした。
最終日は冬型の気圧配置が強まり天気が望めそうにないので、二日目は計画通りに天狗尾根から赤岳を越えようと。極寒の中14時間半かかりましたが、達成することができ皆満足です。


19 小天狗と大天狗
 [小天狗と大天狗]

【山域】八ヶ岳
【コース】八ヶ岳東面バリエーション 赤岳天狗尾根
【ジャンル】アルパインクライミング
【日程】2/9(土)~10(月)
【天候】二日目まで晴れ。三日目は上部で雪。
【参加者】CL樋口、宮下、広木(愛)

【行程】
H25.2/8
 千葉22:15→美しの森1:10(ここで駐車、1:30就寝・仮眠)

2/9 無風快晴
 美しの森6:47発→天女山・たかね荘分岐7:40着
 天女山・たかね荘分岐7:52発→8:40着
 8:56発→出合小屋10:44着
 出合小屋11:22発→15:55天狗尾根標高約2100m テント幕営

2/10 晴れ 風が徐々に強まる、夜から雪混じる
 天狗尾根標高約2100m6:00→
 蟹のハサミ9:45通過
 第一岩峰13:15通過
 第二岩峰14:20通過
 大天狗15:05発→天狗尾根終了16:48
 天狗尾根終了17:05発→赤岳18:16着
 →地蔵尾根経由→行者小屋20:24着

2/11 曇り(上部は雪)
 行者小屋10:30発→美濃戸口12:55着

【内容】

2/9 
寒~い、気温氷点下14℃。車から下りたくない。厳冬期の山に入るお決まりの瞬間である。
地獄谷へ向かう、林道歩きとなる。堰堤までは夏山ペースで順調だ。
先行に1パーティー、トレースはしっかりとついている。
でも、徐々に積雪量が増え、ペースが落ちてくる。スノーブリッジが2本ほどあったか、一歩目の踏み出しに緊張する。
出合小屋から地獄谷本谷と赤岳沢の出合、天狗尾根の起点である。
地獄谷本谷へのトレースはない、ということはツルネ東稜からの下山トレースはないということ、ラッセルを覚悟することになろう、下山ルートの選定の1条件になる。

天狗尾根への取りつきは、赤岳沢に入渓し標高1960m地点で一気に尾根に取りつくルートが一般的であるが、積雪期は赤岳沢を登ることはとてもつらいように思える、積雪量が多く厳しいラッセルを強いられる。
早めに天狗尾根に向かって上り詰めることが正解かな。

先行パーティーは1本目のルンゼをワカンを使って天狗尾根に取りつくようだ。
赤岳沢を奥に進むにつれ、ラッセル量が増えてきた、ということで早めに天狗尾根に取り付こう。
我々は2本目?の氷壁があるルンゼの先で天狗尾根に方向転換、でもここからがラッセル本番の始まりでした。
雪質や積雪量に変化なければリズミカルにラッセルを楽しめるが、そんな区間は長くつづかない。
なかなか前へ進めない、時間だけが進んでいく、なんてこった!。

富士山がよくみえる開けたところで小休止。バテ気味というか、底のない積雪に嫌気がさしてきた。
陽がかなり傾き気温がグングンと下がりだしてきたぞ。出合小屋から4時間半を経過、権現岳へつづく八ヶ岳主脈が現れ、天狗尾根に出た。先行パーティーの踏み跡があるぞ。標高約2100m、ちょっと先の岩稜を登ると視界が開け、天狗尾根の全容は勿論のこと、南八ヶ岳東面を見渡すことができる、素晴らしい展望台!。展望台は短いが雪稜さながらだ。八ヶ岳東面のバリエーションルートである旭岳東稜や権現岳東稜を確認、天狗尾根は蟹のハサミから大天狗まで観察する。

ちょっと窮屈であるが、整地して2~3人用テントを無理くり張る。必要なものだけテントに入れ、あとはザックごと、外に置く。急いで水作りに入る。
夕食は先週の富士山雪上トレーニングとまではいかないが、厳冬期の山行としては贅沢です。
メンバーに女性がいると食事が美味しくなりますね。広木さんありがとうございます。
明日は計画通り、赤岳を越えられるだろうか、この先はラッセルがないこと、先行パーティーの踏み跡を期待しつつ就寝する。

2/10
 朝食を終えたころ、後続のパーティーに追い越される。テントを撤収、風は強いが天気はまずまず。
標高2100mの岩稜と雪稜を通過すると、しばらく樹林帯の急登がつづく。
でも、ところところで樹林帯の背後に、朝焼けした南八ヶ岳が顔を出す。樹林帯から早く抜けたい。
天狗尾根上の樹林帯が切れたところで前方に蟹のハサミが見えてきた。
この辺りはテントサイトとして快適かな。
 ここから、ハイライトがつづく。思いっきりアルパインを楽しもう!。
去年の夏は蟹のハサミの真ん中をクライミングしたが、今回は左を巻いた。
ちょっと岩が張り出し気味、本の数メートルであるが念のためザイルを出す。
蟹のハサミを通過し第一岩峰の登りに取り掛かかる。ピッケルを振りかざしてピックを刺したり引っ掛けたりして岩と氷雪のミックスを登ると第一岩峰の岩場にぶつかる。

先行の2パーティーと後から来た1パーティーは正面の岩場を左上に斜上した。
我々は、正面の岩場を右にトラバースするように斜上し裏の樹林帯混じりの氷雪ルンゼを上り詰めた。
ザイルを出す。リードは宮下君。ロープを固定して登高器がわりにプルージックを使い広木さんが登り、広木さんが昇り終えたら小生を引き上げてもらった。
ピッケルのピックがよく効いた、ピックを氷雪に突き刺してそれを支点に体を起こしていく。これぞ、アルパインクライミングの醍醐味である。50mザイルをフルに張っての1ピッチの登攀である。
昇りきると第2岩峰を目指すが基本左を巻くように岩稜を登り、大天狗の手前で再び稜線に出る。
どかぁんと大天狗が目の前に出現、右奥に雄大な赤岳が、そして真教寺尾根が迫ってきてた。
大天狗の基部手前に傾斜のきつい岩と氷雪の岩稜があり、ザイルを出してビレイした。
大天狗の基部に辿り着いたところで、核心部の登攀順番待ちとなる。

大天狗は基本、右を巻くように岩を昇ってゆくが、インターネットで調べたところ、大天狗の天辺に直登攀できるらしい。懸垂下降の支点もあるようで、次の機会に是非とも挑戦したい。
ダブルロープ50m、1本を半分に折り返して、小生・樋口がリード、宮下君と広木さんを引き上げる。
雪はほとんどないが、氷混じりの岩なのでアイゼンの前爪を効かして登攀する。
ピッケルは邪魔だったかな。

大天狗の核心部を終えると、あとはもう、稜線沿いに八ヶ岳主脈の尾根まで穏やかな稜線あるきとなる。
気が付いたら小天狗を通り越していた。天狗尾根の終了点、八ヶ岳主脈に到着。
天狗尾根を振り返るとがオレンジ色に染まりだした小天狗と大天狗が恰好よすぎだよ、素晴らしい眺望だ。

さてさて、日の入りが迫ってきたぞ。赤岳へ進路を取る。
ここから先は長く感じた。竜頭峰を含めマイナーピークが2つ3つあり、赤岳が遠く感じる。
太陽が沈んできたけど、私たちも必至で登っているので、なかなか日が沈まない。
太陽の沈むスピードに負けずと我々も高度を上げるスピードが速くなる。
かなうはずありませんね、あ~あ、お日様が隠れちゃった。主脈は偏西風が強く、勝手に体が飛ばされるんじゃないかと、ドキドキする。時折耐風姿勢をとりじっと静止する。

18時過ぎに赤岳山頂に着く、山頂は真っ暗ですから、すぅーっと通過。地蔵尾根経由で行者小屋に向かった。行者小屋のテントサイトは大賑わい。行者小屋の片隅にテントを張る。

 今日まで計画通りの行程であったが、明日は予定を変更し美濃戸口に下山しよう。
実はメンバーの体力・技量をみて赤岳主稜を登攀することはできないと、今日の午前中の早い段階で心の中で決断した。時計と睨めっこで、大天狗で引き返すことも考えた。赤岳を目前にして小生は勿論のこと全員が赤岳を登頂したいという気持ちが強かったこと、赤岳から先の行者小屋までは、厳冬期の登山経験がある(昨年も厳冬期に2回地蔵尾根を下山している)ので、前進した。途中で皆さんが現状を理解したところで、明日は主稜を断念し下山することを切り出そうかと。よかった、全員一致した。結果的には、天気も悪くなり、深夜から雪が降り出してきた。朝方には行者小屋の周辺は雪は止んだものの、上部はホワイトアウトの風雪だと思う。我々のコンディションがよかったとしても主稜登攀は難しいかと。

2/11
 目が覚めるまで寝続けた。のんびり下山。美濃戸口から美しの森までタクシーに乗る。
ぴったり1万円。高いけど、最短です。ほとんど渋滞なく早く帰宅できました。

赤岳天狗尾根と赤岳西壁主稜のセットはまたいつか挑戦します、それと大天狗も正面の壁を登攀したい。
どなたか、一緒に挑戦しませんか?。早くて1年後、時間ありますから挑戦したい方は是非とも小生・樋口まで、申告下さいね。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。