FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三国山~ぶどう峠縦走◆写真 

以前奥秩父十文字峠北方の三国山に立ったときに、ここが文字通り埼玉・群馬・
長野の3県の境目であることを知った。そのときは埼玉・群馬県境を歩いたのだが
長野県側の開放的な雰囲気がとても気になっていた。11/23~25の3連休は南ア
深南部の予定だったが、初日が悪天で潰れたので場所変更し、三国山から群馬・
長野県境をぶどう峠まで1泊2日で歩いてみることにした。


15無事にGOALのぶどう峠に到着  [無事にGOALのぶどう峠に到着]

【山域】上信県境南部 
【コース】三国山からぶどう峠 
【形式】テント泊縦走
【日程】11/24~25前夜発1泊2日 
【参加者】CL柘植(報告)、SL橋本、田中利、石橋


11/24(土) 曇りのち晴れ
   新三国峠7:00→三国山7:30→蟻ヶ峰→大蛇倉山10:40→15:00幕場

前夜千葉を発って道の駅南きよさと泊。翌早朝道の駅を出発して信濃川上駅に向う。
信濃川上駅前に駐車し、予約したタクシーで新三国峠まで行く。周囲の山は上の方が
白くなっており、アイゼンを持ってきていないので少しビビるが実態は美しい霧氷で
あった。懐かしの三国山からいよいよ上信県境に踏み込む。ここから今回の縦走で
最高峰の蟻ヶ峰まではそこそこの踏み跡があり、順調に進む。日航機墜落地点の
御巣鷹の尾根は指呼の距離だ。ここからさぼって山稜を巻こうと思ったら延々と続く
巻き道に入ってしまい、大事な山稜をかなり巻いてしまう。このままではいかんと最後は
右手の斜面を登って稜線に出た。このすぐ先が大蛇倉山。この下りのしゃくなげの
籔がすさまじく、また急下降であるため、かなり緊張するが、時間的には15分程度で
あろうか。気付くと朝のどんよりした空はきれいな青空に変わっており、奥秩父から
西上州の峰々が美しい。特に名前のあるピークはなく、説明しずらいが、あるような
ないような踏み跡を橋本さんと柘植のダブルGPSで慎重にたどる。特にピークからの
下りが明瞭な尾根でないことが多く、慎重なルートファインディングを要求される。
佐久の名峰御座山が近づくにつれて本日の疲れが出てきてペースが落ちてくる。
水は担いできているので、場所さえあればどこに泊まってもいいのだが幕営適地が
なく、15時過ぎに石仏近くでようやく絶好の幕場を発見する。各自持ち寄ったお酒や
つまみでいつもながらの楽しい宴会ができた。

11/25(日) 快晴
  幕場6:20→石仏6:45→赤火山10:45→ぶどう峠13:10→14:30三寸木

昨日頑張ったおかげで計画通りの縦走ができそうなので気分も軽やか。今日は朝から
快晴で、眼前の石仏(地名で仏さんはなし)まではすぐだった。ここから幅広い尾根を
弥次平という平坦地まではひどい籔と倒木でかなり難渋する。昨日はここまで頑張ったら
いい幕場がありそうなどと話していたがとんでもなかった。弥次平から一登りすると
山稜は真北に向きを変え、いよいよ終盤戦に突入。このあたりからもしかしたらよい踏み
跡があるのではという根拠のない期待を持っていたが、相変わらずの薮道でペースは
上がらない。この先に赤火山という大蛇倉山以来の名前のあるピークが迫ってくる。
ここは東面を岩壁で囲まれており、我々が進む尾根まで岩が延びていたら大変かなと
思っていたが、岩ではなく相変わらず薮のほうが大変だった。ぶどう峠からもしかしたら
赤火山まで道が延びているのではと淡い期待を持っていたが、またしても期待は外れ
相変わらずの薮道が続く。しかしそのうちガードレールや擁壁が見え出し、13時過に
ぶどう峠に降り立つことができた。三国山からぶどう峠への山稜は個人的には期待を
上回る楽しいコースであった。もちろん楽しさの基準が常人とは違うので、一般受けしない
ことは分かっているが、いつかこの続き・・・ぶどう峠からさらに県境を北上したいと思う。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。