FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

大菩薩道~牛ノ寝通り縦走◆写真 

大菩薩は北面の沢とか西南面の尾根筋はずいぶん登ったのですが、
由緒ある丹波大菩薩道や牛ノ寝通りには行ったことがなかったので、
同好の志を募って歩いてきました。


これから下降する牛ノ寝通りの山並み
 [これから下降する牛ノ寝通りの山並み]

【山域】大菩薩 
【コース】丹波大菩薩道~牛ノ寝通り 
【形式】テント泊縦走
【日程】前夜発 11/3(土)~4(日) 
【天候】晴れ
【参加者】CL柘植(報告)、SL竹下、澤田、吉川


11/3 小菅7:00→中指山→追分→サカリ山→ノーメダワ→14:30フルコンバ(幕)
このコースは通常丹波起点の小菅終点、もしくはその逆コースだが、クルマで
行った場合、クルマの回収に難がある。そこで今回は小菅を起点&終点として
往路は中指山とサカリ山というヤブ山を加えたオリジナルルートで行くことにした。
小菅役場の先で宮川橋を渡るとすぐ中指山からの尾根の末端。鹿柵沿いに
登っていくが薄い踏み跡があり、とくに問題なし。ただ初っ端の急登がチトきつい。
中指山は稜線上の目立たない肩という感じで、山名表示もない。ここからは
ゆるやかな登りで尾根上最高点の1350mピークをすぎると、丹波大菩薩道と
交差する追分はすぐだった。サカリ山へはそのままやぶ尾根を登る。これまでよりは
きついやぶだが短いので押し切り、40分ほどでサカリ山の山頂。ここには小さな
プレートあり。今日は青空と紅葉でそれなりに味わいがあるが、葉の茂った季節で
曇天だったら気がめいるかもしれない。ここから20分ほど枝尾根を強引に下って
丹波大菩薩道に出る。ここからはのんびりハイキングでノーメダワを経由して
本日の幕営地フルコンバ小屋跡地についた。水場も1分ほどのところにあり、
景色もよくて幕場としては申し分なし。夜は豪華な鍋で久しぶりに山上の宴会を
楽しめた。

11/4 幕場5:50→大菩薩峠→石丸峠→(牛ノ寝通り経由)14:00小菅
日の出前に出発して峠に向う途中でご来迎を拝む。峠に登りつくと期待とおりの
大展望。松竹の映画のごとき富士山が中腹まですでに雪に覆われて美しい。
また南アルプスの高峰では北岳や間ノ岳、塩見や荒川・赤石などの3000m峰は
山頂付近がすでに白銀となっている。金峰や八ヶ岳はまだまだで標高の違いを
感じる。ここから石丸峠を経て牛ノ寝通りに向う。ここは最初は大きく下るが、
その後は名前の通り、平坦な広幅の尾根が延々と続く。ただ自然林と美しい紅葉で
飽きることがない。ハイカーも多く、人気のほどが知れる。やがて主稜線を外れて
北向きの枝尾根に入ると急な下りになり、小菅の集落はすぐだった。
小菅の湯に向う途中で車窓から昨日登った中指山からサカリ山に続く尾根がよく見え
一同充実感に浸る。このコースはクルマで行くにはお奨めのコースなので、あまり
ヤブを気にしない方はぜひ行ってみてください。やはり時期は今頃、紅葉の季節が
最高と思います。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top