FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

大山読図山行◆写真 

10月に入会しました薄井です。
4日の読図山行を報告します。


講習1

【期間】11/4 
【山域】丹沢
【天候】晴れ
【ルート】大山ケーブル山頂駅~表参道~大山山頂~893ポイント~東稜~日向薬師
【登山方法】ハイキング
【メンバー】CL辻本 SL菅井 尾高 斉藤 清野 椎名 菊地 薄井


小田急線が事故により20分ほど遅延したため、予定を変更して伊勢原駅で下車、ケーブルカーを利用してまずは大山山頂を目指した。
9時50分ケーブルカー山頂駅出発。
最短ルートの表参道はかなり混雑しており、山頂まで人が途切れることなく続いた。
紅葉にはまだ早いが、天気は最高によく、富士山もきれいに見える。
11時15分山頂到着。昼食をとって11時45分下山開始。
日向キャンプ場へ向かう道と別れると、行きあう人はかなり少なくなった。

このあたりから本日の講習を開始。
893ポイントの手前にある分岐をうっかり通り過ぎてしまい、引き返してロープをまたぎ東稜へ侵入。
急な上に落ち葉が積み重なって滑りやすい尾根道をそろそろと下る。

踏み跡ははっきりしているのでいきなり迷うことはないが、小刻みなアップダウンがある低山ではポイントとなるピークの判断が難しい。
高度計と地形図、コンパスを見比べながら、13時12分778メートルのピークらしき場所に到達。
ここで「分岐を右」としか頭になかったので、自然に右に延びている「水源管理通路 通行禁止」の看板がある道を、あまりためらうことなく進んでしまった。
しばらくなだらかに下ると「日向キャンプ場」の標識があり、ここからがあまりにも急な下り坂のため「???」
それでもしばらく下ったところで「やはり違う」との判断により、ピークまで登り返すことにする。
急登に加え足元は踏み固められておらずふわふわとして歩きにくい。
肉体的にも精神的にも疲労しつつ13時56分ピーク着。約45分のロスタイム。

ピークに立って改めて周囲を見回すと、直進やや左方向に下り気味のいやにはっきりした踏み跡がある。
コンパスで方向を確かめ先へ進んでみると、ほんのわずかで分岐と「梅の木尾根→」の標識を発見。
自信を持って(?)標識に従って進み、670メートルのポイントでは迷うことなく東へ折れ、後はもう下るのみ。
奥ノ院との分岐にあるベンチにて休憩。時間が少なくなってしまったが、ここで基本的なロープワーク講習。

温泉も時間切れのため断念し、日向薬師へ下山する。16時35分日向薬師バス停着。
バスで伊勢原駅へ向かい小田急線で新宿へ。軽く打ち上げ後、解散となった。

追伸
まったく同じ間違いを犯したと思われる方のサイトを見つけたので貼っておきます。
http://tortilla.jp/yagit/iroiro/montoj/mt_ooyama/ooyama.html

ちょうどこちらに掲載されている地形図の下端あたりまで下り、登り返したことになります。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top