FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

妙義富士~相馬岳 

【山域】表妙義 【場所】妙義富士~相馬岳 【日時】2007年3月17日
【コース】大沢橋付近(駐車)9:40→11:40妙義富士→(富士稜縦走)相馬岳14:
15→白雲岳→奥の院→16:45妙義神社→17:15駐車地点
【メンバー】CL柘植、小俣 【天候】晴れ
【内容】表妙義の相馬岳から相馬岳北稜が分岐するが、すぐに東へ富士稜が分かれる。その末端にそびえたつのが妙義富士だ。なぜ富士なのか?だが、見た目は槍ヶ岳だ。山勘でヤブ岩尾根をたどり山頂にたどりつく。山頂は立つのはこわいので、すわったまま360度の景色を満喫。ここから富士稜の縦走開始。次のP2は両端切れ落ちた薄い板のような急傾斜のリッジ登攀。核心部をすぎればただのヤブ尾根と思ったら大間違いだった。小竹沢の対岸に相馬岳北稜が見える。いつか行きたいと思っている尾根だが、縦走は絶望的な様相だ。この富士稜もかなりのUpDownと複雑な尾根筋で神経をすり減らされる。ようやく表妙義主稜の相馬岳に着いたときは正直ホッとした気持ちだった。ここから白雲山~大の字をへて妙義神社に下山。夕暮れまじか、再び姿を現した妙義富士を眺めながら充実した気持ちで車に向かった。(翌日は西上州の予定だったが本山行で疲れすぎ、一晩寝たあとそのまま帰葉した)

スポンサーサイト



△page top

« 天祖山
八ヶ岳・天狗尾根 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/108-88fbcf48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top