FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

天武蒋尾根~両神山◆写真 

吉川です。台風の影響で急遽予定変更し、前夜発日帰りで両神山バリエー
ションルートを歩いてきました。

09両神山山頂
 [09両神山山頂]

【山域】奥秩父 
【ルート】天武蒋尾根~両神山 
【登山方法】岩稜尾根バリエーション 
【行動日】9月29日 
【メンバー】L柘植、澤田、吉川(記)
【行程】9/28土気20:30-関越道-花園IC-秩父道の駅仮眠-9/30秩父道の
駅5:10-日向大谷駐車場6:38-天理岳8:53-前東岳11:45-剣ヶ峰-清滝小
屋13:35-日向大谷駐車場15:35-花園IC-関越道-帰葉


【内容】9/29(晴れのち曇り)奈良尾峠への標識はあるもののかすかな踏
み跡を頼りに崩壊や倒木で解りにくい支尾根のトラバースで奈良尾峠に出る。
ここから天理岳は、尾根を外すようなところもなく明朗なルートではあった
が、岩峰を急斜面の側面から稜線に這い上がったり、ナイフリジの通過等変
化があり楽しめた。天理岳の手前1083.6mピークに三角点があったが、これ
が、天理岳の三角点らしい。天理岳標柱のある南峰から西方に屏風のような
両神山、北方には二子山を眺める。天理岳から踏み跡を辿り石の祠を見て尾
の内沢の尾根に踏み込みそうになったが、GPSでルートを修正した。この急
斜面の下降は厳しかった。地図上に迷いマークがあったのに磁石も地形図も
確かめず鮮明な踏み跡に惑わされてしまった。(反省)その後、ホッとする
稜線歩きや岩稜を直進し、崖に阻まれ戻って巻きを探したり、3m位の垂直の
岩をクライムダウンしたり、又、潅木の急斜面を這い上がったりと大変なト
レーニング山行だ!何度か、素晴らしい展望だろうテラスを通過したが、ガ
スに覆われ展望は得られずに残念だった。主稜線の前東岳から山ガール、山
ボーイで賑わう両神山山頂に立つ。下りは、一般ルートの清滝経由で日向大
谷の駐車場に降りた。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
夏山バリエーション /  Trackback -- /  Comment --

△page top