FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

十石山(菊池報告) 

菊池@ちば山の会です。
数年前に薪を担ぎ上げた船形山以来の快適な避難小屋泊の山スキー報告をいたします。


【山域】十石山(2524m)
【日時と天候】2007年3月3日晴れ上部では曇り、4日上部はガス下部は晴れ気温高め
【メンバー】CL渡辺(TM)、菊池(TM)、岡田、長池
【行程】3日:白骨温泉8:30-東尾根-1:20十石避難小屋-避難小屋下の中斜面(標高差約150m)2本滑走-避難小屋泊
4日:避難小屋8:20-東尾根-11:10白骨温泉

 料金所付近の駐車スペースに車をとめ、ザックにスキーをつけ、夏山テント縦走に負けず劣らずの重量を担ぎ上げるつぼ足歩行から始まった。41歳のCL、63歳、50歳の3人はハーフを1時間40分ほどで走るツワモノ揃い。私は4年ぶりに南アルプス桃源郷マラソンを目指してトレーニングを少々始めたものの1時間はかかる平均的58歳である。シール登行の急斜面になるとCLのやや急なジグに閉口し次第に遅れ遅れになった。それでも先行者のトレースに助けられ5時間で避難小屋に到着した。数日前に降雪があったがこの時期にしては高温のため、下部はザラメ、次第に林間の重い積雪、上部に行くに従い日当たりの良い部分ではモナカ状、薄皮の下にはパックされたパウダー、それでも林間ではトレースの北よりではモナカの形成が少ない重いパウダーが残っているところもあることを登行時に確かめた。稜線上ではシュカブラ、吹き溜まり、一部氷化した部分も見られたがアイゼンは必要なかった。
早い到着に気を良くし、避難小屋直下の標高差150m程度の中斜面を2本滑走した。パックパウダー、薄皮モナカの練習、練習。小刻みなジャンプターンが適していた。
 小屋は広く布団と毛布が10人分ほど常備されており、2階が明るく快適な居住空間であった。
夜中から風が強くなり気温が上昇、僅かな降雪があったようだ。ほぼホワイトアウト・強風の中、GPSを頼りに小屋8jを出発した。稜線からの下降ポイントの同定にやや苦労しながら、相変わらず重いザックにモナカ状中斜面を慎重に下り緩斜面のシラビソ林間に入った。このころから視界もよくなり薄日も見られる。トレース通りでは表面のクラスト・荒れたコースであるため、できるだけ左を狙うと20cm程度の重いパウダーツリーランが暫らく楽しめた。しばらく降雪もなく高温のため、期待できないと思っていたが、儲けものであった。中部の林間急斜面ではやや硬い表面の下に重い湿雪であり難儀した。暫らく平坦な地形をのんびりと進むと白樺・カラマツの樹間が開け、晴れ・気温上昇も手伝って柔らかい湿雪となり、ターンしやすくなった。標高差200m程度の上部30度程度の林間急斜面は日当たりもよく、ノートラックの部分はまあまあであった。重く柔らかい積雪にターンの直前でシュテムを一瞬いれ、即座に後足を折りたたむ大回りが有効であった。最後は林道を暫らく下ってフィナーレとした。居心地の良い避難小屋と早い春の千変万化を堪能できた充実
スポンサーサイト



△page top

« 八ヶ岳・天狗尾根
湯河原幕岩 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/106-8c270720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top