FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

双子山・大河原峠・竜源橋 

菊池@ちば山です。
テレマークを始めた約10年前に購入した名器の細板ステップソール・革靴によるネイチャースキーを1年に1回は楽しもうと思いました。
【山域】北八ヶ岳
【場所】長野県
【日時と天候】2007年2月24日晴れ・小雪、気温最低ー10℃
【メンバー】CL菊池、原
【装備】菊池:板;フィッシャーGTS180cmステップソール、靴:;スカルパエクスプレッソ
    原:板ロシニョールフリートレック、靴;兼用靴
【行程】8:40始発でピラタスロープウェイ山頂駅-縞枯山荘-雨池峠-林道-沢状斜面標高差約50m滑走-登り返しー林道ー双子池ー双子山へのカラマツ林中斜面標高差約70m滑走(登り返し)ー双子山山頂-大河原峠ー天祥寺原-15:40竜源橋ータクシーでピラタススキー場駐車場(1990円)

 近年、深雪パウダー指向が強く、119cm幅のアトミックタルガで芳ヶ平・神楽を中心に、わがちば山の会メンバーとパウダー中毒は限りなく続いているが、原点に返った細板テレによるネイチャースキーも捨てがたい。前日(22日)の低気圧により八ヶ岳近辺にも降雪が見込まれたが、気温がやや高めのため、車山スキー場では湿雪、標高の高いピラタスでは粉雪の情報であった。23日夜からの冷え込みにより、当初予定していた車山・蝶々深山近辺はガリガりバーン上の新雪クラストなど条件はよくないと判断し直前に変更した。前日の降雪は5cmから15cmの軽めのパウダーで、日当たりの良い所ではその下にやや硬いクラスト層がみられたが、日陰の林間では20cm以上のパウダーが残っていた。ステップソールによる林道の軽快なツーリングも楽しいが、新雪滑走を楽しんでやろうと、沢状地形と双子池から双子山への中斜面のパウダー滑走を行った。下地にやや硬いクラスト層があり、板がずれおちてくれないためやや苦労した。あらためて細板・革靴の難しさとファット・プラブーツの容易さが実感できた。
 双子山の頂上ではシュカブラや、少し氷化した部分もあったが、大河原峠への北斜面の下りでは15cm~20cmの上等パウダーにまあまあのターンを描けた。滑走後の登り返しと双子山への登りではステップソールのみではきついためシールを装着した。気温が低いため、青空と枯れたカラマツをバックにダイアモンドダストが見られ、大河原峠から天祥寺原の緩斜面では、小雪のなか、やや重パウダーが約15cmのゆっくり滑走を楽しんだ。、雪のシラビソと蓼科山・横岳を望むメルヘンの世界に引き込まれるようで、ネイチャースキーの素晴らしさを実感した。
 ところがここから竜源橋まではやや苦労するところである。途中から沢を下っていったが、トレースもあり大岩が出てくるところをさらに下ろうとしたが難しい。少し引き返し右岸の登山道と思われるトレースに戻った。下部では徐々に急な硬い雪面のトレースになり、フリートレックではOKであるが、小生の180cm細板ではコントロール不能と考え最後の30分はつぼ足で下った。アルピコタクシーは近くに営業所もあり、連絡すれば10分ほどで乗車OKであった。
スポンサーサイト



△page top

« 救助隊深雪搬出訓練
2/11,12 かぐら、前武尊 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/101-924e842e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top