FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

妙高山行 

メンバー 菅井単独
行程 
8/7(木)(移動日) JR千葉7:57→甲府→長野→17:02関山→17:58燕温泉
8/8(金) 燕温泉4:45→北地獄谷→7:00頂上→大倉乗越→13:10高谷池ヒュッテ
8/9(土) 高谷池ヒュッテ6:05→8:40笹ヶ峰→10:25JR妙高高原→19:56千葉


台風11号が北上中だったが、、台風の動きが遅いこと及び妙高周辺は曇り、時々雨の予報で出発
妙高周辺は夕方雨との予報で、燕温泉の宿に宿泊、翌朝早く朝食と昼のおにぎりを持ち4:45出発
出発時は、雲も切れ、薄日もさす程の天気。黄金の湯を過ぎ、しばらく広い舗装道を上る。

やがて道路の右端に登山口の案内板があった。70cm幅程のコンクリ舗装の登山道が光明滝近くまで続く。
本格的な登山道を少し進むと、胸突き八丁になるが、たいしたことも無く、天狗堂(地名だけ)につく。
まもなく霧雨が降ってきた。八合目は急な岩だが、ロープと鎖があり、注意すれば安全に登れるようになっていっる。頂上の岩が見えてくる頃、雨合羽を着る。ちょっとして岩場を通りまもなく最高点妙高大神に出た。
ここには小さな石像が設置されていた。少し下ると、三角点のある妙高山頂に着く。
ここには立派な標識がある。

山頂からの急な下りは、雨で滑りやすく慎重に下る。神奈山への計画は雨天のため中止し、そのまま黒沢ヒュッテに向かう。大倉乗越からの下りも滑りやすく歩きにくい。黒沢から高谷池へは歩きやすく晴天なら気持ちの良い道だろうと思いながら進み、高谷池ヒュッテに着いた。台風が近づいているため、小屋には宿泊客は全3人だった。
市営の小屋は非常に快適だった。夕食のカレーライスとハヤシライスの後火打山の四季、火打山の花のビデオを堪能。

 台風が予想より東に進むとの情報で、9日の計画を中止し、笹ヶ峰へ下山を決定。
朝、雨はほとんど降っていないがいつ降るか心配な様子。昨夜までの雨で登山道は半ば川や水たまりの連続。富士見平までは、右後方には登山予定だった火打山と焼け山、金山をが見える。残念だが、次の機会に登ろう。12曲がりを過ぎ黒沢橋まで快調に進むが8:15分のバスには間に合いそうも無く、その後ゆっくりと緩やかな木道を歩く。この木道がえらく長く感じられた。
笹ヶ峰から赤倉バス停まで車に同乗。妙高高原から電車で帰る
霧雨や雨のため写真は撮りませんでした。

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top