fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

富士山 

「富士山は登る山じゃない。見る山だ。」なんて思っていましたが、富士山からエネルギーをもらって帰ったような気がします。
さすが、霊峰です。やっぱり「富士は日本一の山~」でした。  寺崎 眞理


富士山山行7月30日

富士山山行7月30日~8月1日
メンバー 菅井修、八角洋、狩野郁子、寺崎眞理(記)


1日目:7月30日(木)
・千葉7:00出発→河口湖インター下車→中の茶屋、馬返→吉田口五合目、奥庭荘宿泊

 予定通り出発したものの、ウィークディだったため渋滞に巻き込まれ、「馬返」に着いたのは11:00。

・11:20より登山開始。登山道の幅は広くゆったりとしており、それぞれの合目にある廃屋や当時の写真で、信仰厚き人々が行き交った様子が偲ばれる。それも、登山道工事の方々が道の真ん中に大きな枡をつくり、その中に石を敷き詰めて道が崩れるのを防止するなどして安全快適な登山のための尽力の賜物。木々を通り抜ける風は心地よく、途中、きれいなシャクナゲがひっそりと咲き、あまりの可憐さに何度もカメラのシャッターを切ったが、五合目以降、行く先々に咲き誇りちょっと損をした気分だった。しかし、圧倒的に五号目までのシャクナゲが美しい。

・4合目からは菅井さんお得意のルート探索で時間を稼いだ。14:00過ぎ、五合目の舗装道路が見え、一足先に到着していた八角さんの姿にほっとする。これまでの気持ちよいハイキング気分は消え、だらだらの舗装道路を嫌と言うほど歩くことになる。

・五合目の吉田口は思ったほど混雑はしておらず、そこからバスで1つ目の奥庭(御庭)で降り、八角さんの隠れ家?の「奥庭荘」に向かう。本当にこの先宿泊所があるのか知らんと心配になるほど奥まった所に奥庭荘はあった。宿の方々の歓待ぶりに、八角さんとの人間関係を垣間見る。その大きな山小屋には様々な鳥の来客があり、大きなカメラを構えた方々がいた。到着するや否や「ホシガラス」に御目文字。夕食を終わらせ、うまく雲が抜ければ「赤富士」が見られるかも、とおっしゃるご主人。ぎりぎり赤富士?と思える赤富士を見ることができた。正真正銘奥庭だと思わせる、満天の星空を見ながら就寝。

2日目:7月31日(金)
・5:00に起床、食事を済ませご主人の車で吉田口に送って頂く。「奥庭荘」から吉田口まではかなりの距離があり、八角さんの顔に「ありがとう!」

・6:05入山料1,000円を払い、入山のバッジを貰って出発。始めのうちは4人の富士山?と勘違いするほど人っ子一人出会わなかった。しばらくして若者2人に抜かれる。その後少しずつ人が増え始めた。マイカー規制が夏休み中あり、シャトルバスでの移動なので朝から登る人は少ないらしい。六合目富士山指導センター辺りから下山の人々が多くなる。日の出を見てそのまま降りてくる人々らしい。

・7:35七合目「花小屋」着2,700m。8:05七合目中間鎌岩館出発2,790m。七号目は山小屋がいくつもあって、どこまで行っても七合目。9:15八合目太子館着3,100m、10:00白雲荘着3,200m…。

途中、自転車で日本一周中の若者に会う。4月に郷里の長崎を出発、我々が千葉県人と知って福岡で手に入れた旅の友「ふなっしー」を見せてくれた。彼は日本海側を北上し、北海道から太平洋側を通り、(勿論千葉も通過)、郷里に向かっているところだった。本人曰く「何故か、予定になかった富士山にいるんですよね。」「ではまた頂上で…。」と別れたが、結局会えなかった。今頃どのあたりだろうか。
10:50富士山ホテル第一着3,400m。11:15御来光館着八合五勺3,450mゆっくり10分ほど休憩。

・11:50九合目着、12:00出発。12:30鳥居をくぐって山頂へ。山頂では残っていた食料を昼食として食べ、ほっと一息ついていると、雨。大急ぎで小屋に入り、八角さん御用達のお汁粉で舌鼓。下の方では雷が…。御鉢巡りは天候のせいで断念。狩野さんは御鉢を覗いて満足。

・13:25下山開始。だらだら道をひたすら下る。途中、怪我人の手当てや捻挫した外国人の救助要請レスキューをしながら、16:30五合目に戻る。

・17:30のシャトルバスで麓へ。夕ご飯をゲットして宿桜富士へ向かう。お風呂は天国極楽。

3日目:8月1日(土)
・早朝の宿(富士桜荘)からの眺めは最高で、富士の登山道がくっきりと見えた。あれを登って、降りてきたのか、と思うと感慨無量。

・朝食後、富士ビジターセンターへ。スクリーンによる説明は、すべて中国語。中国人が大波のように寄せ、あっという間に引いていく。駐車場の観光バスはみんな中国人ツアー。提示物は興味深く、説明の方もスタンバイされており、菅井さん・八角さんのかなり突っ込んだ質問や確認に、熱心に応えられていた。八角さん、中国人のマナーの悪さに憤る。いくら文化の違いとは言え、ちょっとひどすぎる。

・その後、忍野八海へ。ここもやっぱり中国人。水はコバストブルーに澄み、しばしの涼を感じさせるが顔を上げると、中国の人人人。

富士山を堪能して、千葉に戻る。



スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top