FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

富士・宝永山スキー 

渡辺トシ@ちばやまです。
先週土曜日の富士・宝永山スキーの報告です。


【山域】富士山
【日時と天候】2014年3月29日 晴れ 山行中の最高気温8℃
【メンバー】CL渡辺トシ・会員外1名
【行程】8:30太郎坊トンネル-11:30標高2000m付近―12:20太郎坊トンネル


・今年からバックカントリー(以下BC)を始めた会員外の方より、BCに連れて行って欲しいとの要求により、お手軽BCコースを検討。那須?根子岳?武尊山?と悩む。17時には東京付近に下山している必要があり、前週の長池さんの宝永山の山行記録を読んで、富士山山麓に決定。

・太郎坊トンネルは付近の路肩はすでに15台程度の車が停まっていたが、何とか、空きスペースを見つけ、駐車する。この付近には雪はほとんど残っていないが、御殿場口の駐車場に向かって、県道を歩いて行くと、すぐに雪道になった。そして駐車場からシール登行。

・時より強風が吹くが暖かく、下着にフリース1枚だけで、緩斜面の大雪原をひたすら歩く。空は真っ青で目の前には富士山の雄姿があり、気分が良い。飛行機雲が幾筋も見えた。雪は薄く残っているだけで、後1週間もしたら、この付近は滑れなくなりそうだ。

・会員外の友人はまだ2時間以上の登りを経験したことがなく、2000mを超えた所で、多少弱音が出始めたので終了。スキーに切り替える。彼の登行記録は3時間に増えました。

・ここはすでに春スキーの様相で、滑りやすいザラメ雪。アルペンスキーの上手な友人の後ろをテレマークターンで追掛ける。

・あっという間に御殿場口に到着。ここから先は、登りに使った県道でなく、森林限界が終わった林の中を、先行者の後を追い、太郎坊を目指す。所々 雪が繋がっていない所があり、多少無理があったが、富士スカイラインまで滑って降りれた。

・下山後のお風呂は、山中湖に近い紅富士の湯(700円)がお勧め。設備良し、露天風呂から富士山が見えるのも最高。但し、温泉成分はほとんどないようだ。

スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

栗原山~南小太郎山◆写真 

昭文社山と高原地図の「西上州 妙義・荒船山」の中央部に東福寺川というのがある。
小さな川だが川の中流部から源流部はゲジゲジマークで囲われており、この山域が一筋縄ではいかないことが読み取れる。
やや古い地図では「この山域岩場多く、道不詳」などと書かれており、やぶ岩派には興味をそそられるところで、私も過去2度ほど主に東福寺川の左岸の山稜を訪れている。
ただ西半分(右岸側)は未踏であり、おまけに「夜叉の瓔珞(ようらく)」などという怪しい地名?も記載されていて、いつかは行かねばならぬと思っていたが、今回総会前の半端な一日を利用して踏査してきたので報告します。


07たどり着いた栗原山の山頂
 [たどり着いた栗原山の山頂]

【山域】西上州 
【コース】栗原山~南小太郎山 
【形式】やぶ山登山
【日程】前夜発3/29(土)日帰り 
【天候】晴れ時々曇り
【参加者】CL柘植(記録)、SL石橋、富樫(富)、永田(元会員)
【記録】駐車地点6:40→尾根取付7:00→栗原山9:15→持倉越9:45→南小太郎山10:30→瓔珞橋11:30→12:30駐車地点


距離的にそんなに時間がかかるとは思えなかったが、念のため前夜発とし、仮眠場所の道の駅万葉の里を早朝出発する。
駐車地点から30分ほど林道をたどり、目をつけていたポイントからやぶ尾根に踏み込む。
ただこの山域、近年林道がずいぶん伸びているようで 林道に出合う→やぶに踏み込む→また林道に出合うを何回か繰り返す。
おまけに途中で栗原山を示す指導票まで出てきてしまってややテンションが下がるが、まあ登っている人がいるのは間違いないようで本心ではWelcomeでもあった。

最後の林道を見切ったあたりから次第に急登となるとともに近くの二子山・両神山から佐久の山、八ヶ岳方面の眺望が広がって思わず歓声をあげてしまう。
東福寺川を囲む稜頂に出るとやせ尾根となり右手は絶壁のようになる。岩を巻いたり細いリッジを慎重に歩いたりというところがしばらく続くが特に問題となるようなところもなく無事栗原山に到着。
ここから先は持倉越まで数年前に歩いており、もう余裕。
持倉越から最初の急登は巻き道もあるが岩場を直登。
その先もざれた急登ではあるが問題となるところはなく、明瞭な尾根に出るとほどなく南小太郎山に到着した。

永田さんの最新昭文社地図ではここから瓔珞橋まで赤破線になっており、もう秘境とはいえないところのようだ。
実際目標とする下降尾根はしばらく行くと明瞭な道が現れ、場所によっては林道ではと思えるほどの広さもある。
途中でカモシカに出会って1枚パチリ。道に頼らずに尾根を忠実に下降したため、一部スリリングなところもあったが、1時間ほどで瓔珞橋に出ることができた。
ここからは林道をのんびり下り、取付きポイントを経由して無事周回縦走を終えた。
この山域は期待したほどのほどの秘境性はもうなくなっていたが、好天の一日を十分に楽しむことができた。

+写真集へのリンク+
ヤブ(柘植ワールド) /  Trackback -- /  Comment --

△page top