FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

裏妙義と金剛ノ萱◆写真 

朝から失礼します。峯澤です。
先日のヤブ山登山の山行報告をします。


【山域】妙義
【コース】大黒岩→大烏帽子→ジャンクション岩峰
【天気】晴れ
【日時】11/9(土)
【参加者】CL柘植、SL藤、杉山、富樫、峯澤
【記録】
  登山開始(6:30)→大黒岩(7:50)→大烏帽子(9:45)→小烏帽子(10:00)→ジャンクション岩峰(11:15)→千駄木峠(11:55)→下山(12:40)


08登高中に望む大黒岩(右)高岩(中央)と中間に浅間山  [登高中に望む大黒岩(右)高岩(中央)と中間に浅間山]

自分としては初めてのヤブ山登山。
前日夜から柘植さんの運転で妙義方面へ向かい、途中で仮眠を取り出発地点へ。
スタート地点の鳥居を目印に登山を開始する。

最初からけっこうなヤブの中を進んだ。
自分は木の枝を避けるテクニックが足りず、そこら中に服やザックを引っ掛けてしまいメンバーの方々についていくのが大変だった。

やっとヤブを抜けたかと思えば、今度は脆い岩場に突入した。
頑丈なように見えてボロボロと崩れる岩場のため、落石に気を付けながら登っていった。
登山でヘルメットを使うのは初めてだったがヘルメットの大事さを体感した。

ヒヤヒヤしながら登っていくとようやく最初の目的地の大黒岩に到着。
大黒岩から西を見ると電線と上信越自動車道を挟んで、遠くの方に高岩が見える。
やはり妙義付近の岩山は雄大で良い。
周りの紅葉も全盛期というでは無かったが、岩山を映えさせていた。
休憩を少しだけ取り、大黒岩から下っていく。

ここから先は足元が崩れやすく、ラックさせないよう気を付けて下って行った。
登り返して少し行くと大黒岩と高岩が見える絶景ポイントに着いた。
柘植さんは「見晴らしが良いなぁ」と言いながらもあまり景色を見ずにガンガン進んでいく。
最初のヤブ道よりかはかなり歩きやすい道になり、いつの間にか大烏帽子に到着。

しかしながら、見晴らしが無いため大烏帽子の看板と記念撮影をして、少し休憩を取って出発。
小烏帽子にも比較的楽に到着できた。
ここでも記念撮影。

次にジャンクション岩峰を目指すが、ここからは大烏帽子・小烏帽子の時よりも急登になってくる。
また、ラックが増えてきて足元も脆くなってくるため、木の根っこを手懸りにして上方に気を付けて登る。
ヤブの中をどんどん進んでいくと、少し開けたところが見えてきた。ジャンクション岩峰だ。

ジャンクション岩峰に到着すると、眼前には表妙義の荒々しい岩山が見える。
右手には特徴的な形の荒船山も。
足元が若干狭いため落ちないように気を付けながら、ここで大休止。
景色を楽しみながら休憩を取る。

ここからは下山に向けてひたすら下る。
ずーっと下っていくと、山を崩れないようにするための金網が地面に敷いてある場所に出た。
その金網を超えると、送電塔のメンテナンス用の林道にでる。かなり荒れている道だ。

ここまで来れば迷うことは無いだろうと思っていたが、下手に道がある方が間違えてしまうようだ。
少し道から外れながらも何とか一般道まで到着して無事に出発地点まで戻ることが出来た。



【山域】西上州
【コース】金剛ノ萱
【天気】曇り時々晴れ
【日時】11/10(日)
【参加者】CL柘植、SL藤、杉山、富樫、峯澤
【記録】登山開始(6:40)→607m鞍部(7:30)→金剛ノ萱東峰→(金剛ノ萱8:00往復)→下山(9:30)


道の駅しもにたで夜を過ごし、翌日朝から金剛ノ萱を目指して登山を開始した。

バーベキュー広場なるところに駐車し、車から降りて狭い林道を登って行く。途中で後ろから車がやってきた。
なんでこんなところに車が?と思ったが、答えはすぐにわかった。
林道の上の方に湧き水が出ており、みんなその水を汲むために車でやってくるのだ。
登ってくる車はみんな荷室に水を入れる容器を積んでいた。
そんなこんなで林道を登っていくと柘植さんが脇道(道には見えないが)に入っていく。

今日の山はハイキング程度だと聞いていた他のメンバーは目を疑った。
かなりの直登の道を延々と登っていく。
前日の大黒岩までの道のりも険しかったが、斜度で言えばこちらの方がきつかったかもしれない。
ヤブは少なかったが。

ヒイヒイ言いながら登っていくと、比較的平坦な道に出てそこからは普通の登山となった。
平坦な道を軽快に歩いて行くとすぐに金剛ノ萱東峰に到着。

直登の道はきつかったが確かに距離的には確かにハイキングレベルだった。
そこから下りの道中はヤブがきつい場所もあったが難なく通過し、林道まで到着。
行きで見掛けた湧き水を飲んで無事に下山しました。

<峯澤感想>
初めてのヤブ山登山でしたが、諸先輩方のおかげで非常に楽しむことができました。
自分のいつもの登山よりもスリリングで、登山の新しい一面に触れられたように思います。
また、登山後に食べた下仁田ネギを使った鍋が疲れた体に染みてとても美味しかったです。
これからも積極的にヤブ山山行に参加していきますのでどうぞよろしくお願いします。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top