FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

鳥海山山スキー・花ハイク◆写真 

菊池です。

ちば山の皆さん、2度も欺いてごめんなさい。5月26日の富士山、6月8日の乗鞍で今季の滑り納め宣言を繰り返しましたが、3度目の正直の滑り納めと花ハイクを6月29日に鳥海山で楽しんでしまいました。


これぞ夏山スキー  [これぞ夏山スキー]

【山域】鳥海山
【日時と天候】2013年6月29日(土)晴れ
【メンバー】CL I氏・菊池
【行程】新潟―酒田―湯ノ台口車道終点駐車場8:30―滝ノ小屋(1280m)―雪渓ー10m程度の藪漕ぎ2回―1970m登山道―12:45伏拝岳(2140m)―行者岳―1970mから滑走(往路を辿る)14:45-滝ノ小屋―15;55駐車場


・娘の里帰り出産予定が6月20日ころであったため6月は山行計画は立ててなかったが、5月30日に無事出産でき、6月に入り2度も滑り納め山スキーを楽しむことができた。
・今季の鳥海山は残雪が多く、CLのI氏はこのところ毎週、湯ノ台コースに通っており今回5回目とのこと。先週はまだ駐車場まで除雪されておらず、駐車場下からシールのまま稜線直下まで登れたようだ。2週前には稜線直下から標高差900m滑走可能とのこと。6月30日の山開き前日の今回はさすがに駐車場からシール登行はできなかった。駐車場のトイレは締まっており使用不可能、おそらく30日からは使用可能であったと思われる。

・I氏が前回辿ったルートを駐車場から右に回り込むようにシールで出発したが、すぐに沢で雪が途切れていることが確認でき、藪の突破は難しいと考え、登山道を滝ノ小屋に向かった。
・滝ノ小屋から河原宿小屋の登山道ルートを採らず右回りに進んだ。視界良好であるが、雪渓は途切れ途切れになっており、複雑な地形のため、近くまで行かないと繋がっているかどうか判断が難しいところがある。もう少し右にまいて行くのではと思っていたが、先行するI氏は角度を上部向け過ぎているのではないか。案の定、前回より左に寄りすぎたため藪に阻まれ引き返して軌道修正するハメとなった。標高差50mほどスプーンカットの斜面をシールで下り(結構足に来た)約15分程のロスであった。
・その後は10mほどの藪漕ぎを2ヶ所通過し標高1600m付近で左の雪渓に乗り換えると、左下に河原宿小屋が見えた。ここから稜線下の標高2000mほどまで雪が繋がっていた。雪渓が急になり、板をザックに付け1970mから伏拝岳への登山道を標高差170mほど頑張った。始めの急斜面はスキー靴のためやや苦労したが、次第にお花畑が広がり写真を撮りながらゆっくり稜線に達した。

・この時期のお花畑は初体験、お馴染みのショウジョウバカマ・ナナカマド・シナノキンバイに、初めてみるイワウメと、タカネバラ似ているが小ぶりで群生しているベニバナイチゴには大感動させられた。
・伏拝岳の頂上(稜線)ではハイカーが休憩をとり、御浜小屋方面からのハイカーも行きかって賑やかであり、スキーを担ぎあげた我々二人を奇異の目(尊敬と羨望の目か?)で歓迎してくれた。行者岳に向かう途中から未体験の千蛇谷を覗くと残雪もたっぷり、滑走意欲を駆り立てたが、体力と時間を考え、次回に期待することとした。

・今回は山頂を踏むことを目標とはしていなかったため、七高山・新山は写真に収めることで割愛、涼しい雪渓上でビアーとカップヌードルで至福の時を過ごした。腹が満たされ、心地よい初夏の陽射しに睡魔が一瞬襲ってきて、昼寝と洒落込みたいのもやまやまであったが時間も押してきていたため、ぐっと我慢して、滑走開始地点まで慎重に下った。急なところはスキー靴のためバランスを崩さないよう極めて慎重に下ったが、案の定、相棒は小さな浮石に足を取られ転倒、変な力が加わったため、一瞬痙攣したが事なきを得た。

・滑走開始地点で定番の氷あずきとドリップコーヒーで一休み、往路を辿って滑走した。湯ノ滝小屋まで標高差約700m、上部2/3は小さな凹凸はあるものの、まあまあの快適滑走、下1/3は次第にスプーンカットで凹凸がやや激しくなり、衝撃を受けながら慎重にターンを刻みながら今シーズン最後の滑走をじっくり味わった。
・快適滑走には1-2週間ほど早いほうがベターであろう。しかし花を愛でる楽しみと、まあまあの滑走距離と快適滑走が確保できた今回の山行は、経験したことのないような新鮮味を感じた。この時期、山スキーを気軽に楽しめるのは、鳥海以外は立山・乗鞍・月山くらいである。遠路ではあるが静かな鳥海の6月山スキーは病みつきになりそうである。

今回は藪漕ぎもごく少なかったが、これ以降は河原宿小屋経由でないと稜線には達することはできないでしょう。河原宿小屋上部の心字雪渓では8月でも夏スキーを楽しむことができるとのことです。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川岳一ノ倉沢南稜◆写真 

熊倉です。
簡単ですが、雨に降られた南稜の報告をさせていただきます。

南稜テラスにて
 [南稜テラスにて]

【期間】2013年 6月29日
【山域】谷川岳
【天候】曇時々雨
【ルート】一ノ倉沢南稜
【登山方法】アルパインクライミング
【メンバー】CL:富樫 熊倉

【行程】
28日 夜 08:00出発⇒深夜11:30 谷川岳ロープウェイ駐車場(仮眠) 
29日 3:00 起床 ⇒ 3:30 出発 ⇒ 4:40 一ノ倉沢出合 5:00 出発 7:00テールリッジ ⇒8:30 南稜テラス ⇒ 9:40 馬の背 ⇒一ノ倉沢出合1:30 ⇒ 駐車場3:00

【内容】

水上の天気予報は雨50%。新潟側が晴予報なのを頼りに出発するも雪渓の上は真っ白な霧。
そのため、テールリッジの取り付き地点を通過して 違う岩へ取り付いてしまい1時間ほどロス。
その後霧は晴れ、7時無事テールリッジへ到着。
しかし前日の雨と霧で濡れている岩。ちょっと滑る。
南稜テラスへ向かう途中、ザーッと雨が降ってくる。急いで雨具を着ける。
中央稜取り付き地点で5人組パーティに会う。
今日の南稜はどうやら私たちと5人組パーティのみの様子。のんびり行くことにする。

久しぶりの南稜。
この時間になって日差しが少し出てきたものの、ところどころ濡れた岩場はやっぱり少し滑る。
3ピッチ登ったころ、また山には霧がかかり始め、今にも雨が落ちてきそうな気配。
富樫師匠と相談し、無理せず今日はここから懸垂下降して下山決定。
ゆるゆると下りて、途中の眺めのよいところでゆっくりランチタイムとし、午後1時過ぎ無事一ノ倉沢出合へ到着。

3ピッチしか登れなかったものの、霧の中に浮かび上がる衝立岩の姿や谷を滑り落ちる、ブロック雪崩の轟音。沢筋に咲くタニウツギの花を楽しむなど 一ノ倉沢を満喫し富樫師匠には物足りなかったかもしれないけれど(笑)…熊倉個人的には大満足。
やっぱり谷川岳はカッコよかった。

富樫師匠、今回もお付き合いくださり、ありがとうございました。
次に機会があれば 上まで行きたいかな(笑)


+写真集へのリンク+
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

小雲取谷沢登り◆ 

吉川です。
 林道歩きや仕事道、登山道歩きが行程の三分の二を占め沢中は短かったが、水量も多くそれなりに楽しめた。
何よりも苔の綺麗な小滝群は素晴らしかった。

苔の緑が美しい  [苔の緑が美しい]

【山域】奥多摩 
【ルート】小雲取谷 
【登山方法】沢登り 
【行動日】6月29日 
【メンバー】CL柘植、SL池田、加藤、吉川(記)
【行程】前夜発仮眠後6/29八丁橋5:20-長沢谷出合7:00-小雲取谷出合8:15-稜線11:15-唐松谷吊橋13:40-八丁橋14:20-帰葉


【内容】6/29 (曇り時々薄日)八丁橋に駐車し、大タワ林道を歩いて、長沢谷出合で沢支度をし、一山越え大雲取谷に下降する。水を嫌ってか?なかなか入渓しない。仕事道を歩いているうち、大タワ林道の崩落地近くまで来てしまう。際どい急斜面を下降して入渓した。間もなく右岸にナメ滝と苔の綺麗な小雲取谷が現われ、大雲取谷と分かれる。小滝の連続、CS何れも登れる滝で快適!ゴルジュ帯では、腿まで水に浸かり飛沫を受けると、ようやく水なれし楽しくなる。少々のシャワークライムも突っ込んでいけるようになったが・・・2段8mの滝は、水量が多く落されそうなので、右岸を高巻いた。

その後は時々倒木のダムは有ったものの、原生林の谷に、苔むしたところを流れ落ちるトイ状の滝やスダレ滝は、日本庭園を思わせる景色で美しく、癒される。木漏れ日は景色をいっそう引き立てている。いつしか源流の渓相に変わり、赤い露岩を左から越えると一旦水は消え、また復活するが、直に源頭部のガレ場となる。急なガレ場から、左の尾根に這い上がると、背丈の低い笹が茂る唐松帯の稜線にあっけなく出た。
 富田新道は、緩やかなアップダウンから後半は、九十九折の急下降であったが、ブナ林がとても美しかった。
 同行の皆さん、私の忘れ物の為、出発時間が遅れ、睡眠が少なくなってしまった事は、すみませんでした。ごめんなさい!

+写真集へのリンク+
未分類 /  Trackback -- /  Comment --

△page top