FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

谷川岳幽ノ沢中央壁アルパイン 

アルパインクライミング、谷川岳幽ノ沢中央壁 正面フェースの登攀に行って参りました。
結果ですが、ルートを外れ、6ピッチ目で敗退です。


登攀開始
 [登攀開始]

【日時】2013.6.23
【山域】谷川連峰
【山名】谷川岳 幽ノ沢中央壁 正面フェース
【形式】アルパインクライミング(ロッククライミング)
【参加者】CL樋口、SL富樫(正)
【行程】2013.6.23
   谷川岳ロープウェイ駐車場 4:05発
   一ノ倉沢出合通過  4:50
   幽ノ沢出合 5:15着 5:35発
   カールボーテン 右フェース取り付き 登攀開始 7:30
   6ピッチ目途中で、撤退決定 (13:15頃)
   懸垂下降4ピッチでカールボーテン下部へ 15:15頃
   谷川岳ロープウェイ駐車場 18:00頃到着


【内容】
雪渓が途切れる前に谷川岳の幽ノ沢を登攀しよう、ギリギリか。
去年6月上旬に幽ノ沢V字状岸壁右ルートを登攀したが、幽ノ沢は出合から快適な雪渓の登りであった記憶がある。
今回は、そうでなかった。しばらく沢歩きとなる。
こりゃ、沢登りだぞ。ナメ滝がでてきて大変大変。
沢靴じゃないからすべっちゃいそうで、渡渉は慎重に。
アンザイレン用の支点がところどころある、沢登用です。
大滝の手前で雪渓歩きとなる。二股で右俣に入るが、この辺りはどうも滝の連続らしい。
ところどころ、雪渓が切れそうでスノーブリッジをそうっと渡る。

幽ノ沢中央壁を背景にカールボーテンが見えてきた。
その手前には凸凹した雪渓がある、青色の氷柱が乱立する。
雪渓の左岸か右岸をあるくか迷ったが、右岸を選択、これは正解だった。
雪渓と岩の堺に沿って、岩岸を上り詰める。時折雪渓が崩壊する音が鳴り響き、足が止まる。
何とか雪渓の最上端を巻くように雪渓を抜けられた。
右俣リンネを確認、豆腐岩を右から巻くようにカールボーテンを昇ると、ビレイ点が現れ出した。登攀準備に取り掛かる。

ダブルロープ50m2本。今回はハンマーとハーケンを各自6枚程度用意した。
平型とアングル型を数本。ほとんど硬鉄仕様で、結果論であるが、軟鉄を準備すべきであった・・・。

トポ図では2ピッチ目で豆腐岩を左上するように巻くが、我々は3ピッチ目でトラバース。
これが途中で笹の痩せた稜を越えるのだが、足元つるつるで。
ザイルの余長も少ないので途中、RCCボルトとアングルハーケンの支点が出たところでピッチを切る。
これらの2本の支点にスリングを通し、流動分散方式でビレイ点を作った。
少し体重をかけたところ、ハーケンがスコーンと抜けてしまう。
「あっ」と声を上げ、残ったRCCボルトがしっかり受け止めてくれ、助かった。
流動分散方式だから50cm程度ずるっと落ちて止まった。固定分散方式がいいのだろうか?。

ここから目立たぬ笹の稜を直登する方向に進路を取った。この先はとんでもない地獄の登攀となる。
昇れば昇るほど、険しい笹混じりの草付きの昇りとなり、どころどころで岩が現れるも水が染み出ていて、かつ脆い。
支点として使えるハーケンがほとんどなく、持参したハーケンをハンマーで打ち込む。
でも、岩が脆くて岩がことごとく割れていく・・・。

支点を作れない・・・、最悪の状況に陥る。笹を束ねてフリクションヒッチで支点を
作ったりと、支点として使える物を探しまくって・・・。でも、もう限界か。

落ちないことを前提に稜を昇るも、もう限界か。5ピッチ目の終了点なんて、なんとか打ち込んだハーケン1枚と笹を束ねて縛りつけたフリクションヒッチ(クレイムハイスト)でビレイ点を作りましたから。足場が悪くて、脹脛は限界に。

6ピッチ目の途中で、このまま進むか、降りるか話し合う。
帯状ハングは越えているもののこの先、もっと悪くなるかもしれないし、、あと150mもこんな稜を昇り続けられるだろうか?。
今、すでにビレイ点を作るのに苦労しているのだから、撤退しよう。
そう決めたものの、懸垂下降する支点がないではないか!?。

6ピッチ目は富樫さんがリードで、やっぱりいくらハーケンを打ち込もうとも岩が剥がれ、浮石をつくっているようになってしまう。やっぱりさっきと同じ状況だ。
でもそのすぐ直下に細い生きた木があってそれを支点として懸垂下降の準備に入る。
それからは、懸垂下降中にハーケンの刺さるような割れ目があればビレイ器を仮固定して両手を開放し、ハーケンを打ち込む作業に入る。ハーケン2枚を打ち込んだら、捨てスリングで懸垂下降の支点を作り、セルフビレイをとり、また懸垂下降を開始する。そんな繰り返しだ。

カールボーテンの下部にたどり着いたところで、雪渓の手前まで慎重に降りる。
7時間ぶりに腰を下ろして休憩できた。力尽きたかな、精神面も体力面も。

【反省点】
 稜でないのに稜に入ってしまったルート選定ミス。これが痛かった。
 ハーケンは軟鉄仕様を準備すべきであった。
 時期が悪い、梅雨入りする前が最適期ではないか?。
 人気のないルートを登攀する場合、既存のハーケンはハンマリングで生きているのか確認を。

いまとなっては、後悔する気持ちが大きく。リベンジしますよ!.
当日、一ノ倉沢(烏帽子岩奥壁南稜と衝立岩中央稜)は大賑わいだった(船山の方々が大勢入った)。
でも幽ノ沢は私たち1パーティーだけ。
幽ノ沢は人気がなく、荒れてきているようだ。

5ピッチ目
 [5ピッチ目]

スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

御座山、天狗山◆写真 

御座山(おぐらさん)、天狗山山行報告
山行日:2013年6月22日23日
メンバー:竹下美代子(CL)、澤田淳子、大木裕見子、菅井修、内堀孝信、齋藤健志(報告)


15感動  [感動]

報告
22日(土)
6時15分千葉駅北口集合し、車1台で長野県北相木村長者の森に向かう。朝から日が射す良い天気に恵まれ、気分上々車での会話も弾む。
11時30分長者の森登山口から、御座山へ出発する。出発地点はキャンプ場で豪華バンガローなどの施設を見ながら山道となる。登山道は良く整備され、不安はない。出発してすぐ、時期は終わったはずのわらび、ウドが目に入り、早速収穫する。途中、日が陰り、雨が落ち、暫く雨具着用し、登る。天候はすぐに変化し、雨もすぐ上がるが遠くには積乱雲があり油断はできない。今回はシャクナゲ、イワカガミの山御座山のはずがほとんどのシャクナゲは終わっていて花は見られない。その代わり、蓮華つつじの見事な花が咲いていて目を楽しませてくれる。

1時間に一回の休息で水、食料を補給し、それほどの疲れもなく、鳥のさえずり以外聞こえない、静かで、心地良い登りを楽しむ。シャクナゲに囲まれた登山道は6月上旬ならばきっと花々で美しかったろうと思われる。しかしながら、ガス漂う中の新緑の木々は美しく、そこで呼吸するだけで、体中に活力が満ちてくる感じがして、心も弾む。1992mの前衛峰からは目的の御座山(2112m)が望まれ、最後の登りにかかる。少し急な道を登り詰めると突然立派な小屋が目に飛び込んで来る。到着は15時30分、ここが今夜宿泊する所で、雨戸までついた20人収容の申し分のない小屋だ。
御座山山頂は小屋から100m程の所にあり、ザックを小屋に置き、早速出かけてみる。山頂は登って来た道とは違って、断崖の岩山、3点支持で慎重に進む。山頂からは360度の展望、周りの山々が見渡せるはずが、雲がかかり山の同定が難しい。山頂近くにはイワカガミが沢山咲いていて、目を楽しませる。さらに、小屋に戻る途中、小屋近くに数株のちょうど見ごろに咲いたシャクナゲを見付、花見となる。ガスがでて、雨も降り始め、夕日も望めず、小屋にて夕食、歓談となる。ハーモニカ演奏、歌ありで楽しむ。下から持ち上げた各自3~5リッターの十分な水があり、十分な水分補給と食事、さらに採取したウドの佃煮に舌鼓を打ち、夕闇とともに、早々の就寝となる。
夜には夜景、満天の星を期待した人もいたが生憎の天気で夜景も望めず、さらに雲間からの満月のような月明かりに星影もない。

23日(日)3時40分東の空の雲が赤く染まり始めたので、御来光を拝みに山頂まで出かける。夜は冷え込んだので、防寒用に雨具を纏いゆっくりと出かける。冷え込んだおかげで雲海が下に沈み、山々の頂が雲海から頭を出し、360度すっきりと視界が広がる。山頂に着くと素晴らしい光景に誰もが歓声を上げる。先ず、頭上の雲が真っ赤に焼け、次第に東の空も焼けてくる。全方位赤く焼け、しばし、見とれる。周囲を見渡せば、富士山は見えないものの、両神山、浅間山、白馬三山、鹿島槍、槍が岳、穂高、そして直ぐ近くに八ヶ岳全域、鳳凰三山、甲斐駒、金峰山が望まれ、大満足に声も弾む。朝食後、6時小屋を後にする。涼しいくらいの気温に陽射しもあり会話しながら、ゆっくりと下山する。2時間半で下山終了。
駐車場にはこれから登る人達が多くいる。

次の天狗山(1882m)登山のため南相木村馬越峠に移動する。10時過ぎ峠着。水、食料のみの軽装備で登る。結構な岩山で途中両手を使っての岩登りが何箇所かあったが軽装備のおかげで50分で山頂に着く。ここは鳥の声とともに春ゼミの鳴き声がしきりである。山頂からの眺めは良く、さっきまで居た御座山を眺めながらゆっくりと水等を摂り下山。数パーティとすれ違う、ほとんどが男山への縦走のようだ。40分程で下山。
温泉入浴、食事の後帰路に着く。
梅雨の合間に思ってもいない山に行け、目的の花達にも会い、素晴らしい朝を山の上で迎えられ、メンバー一同大満足、感激の山行であった。


+写真集へのリンク+

無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

日陰名栗沢◆写真 

日原川の上流は八丁橋のゲートが慢性的に閉まっているので、唐松谷より上流へは行きにくくなっている。そのなかで、比較的アプローチが容易な日陰名栗沢へ行ってきました。下山のヤケト尾根を含めるとなかなか充実した山行でした。

06このあたりは美しい滝の連続
 [このあたりは美しい滝の連続]

【山域】奥多摩  
【コース】日陰名栗沢  
【形式】沢登り
【参加者】CL柘植(記録)、SL石橋、富樫(富)  
【天候】曇り時々晴れ
【記録】 八丁橋6:45→日影名栗沢入渓地点7:30→11:45稜線
     →ヤケト尾根末端の吊橋14:25→14:45八丁橋


前夜は鳩ノ巣駐車場泊、日曜は早い時刻に出て八丁橋に駐車して出発する。
ここ数日悪い天候が続いたので日原川の徒渉が心配だったが、それほどでもなく無事に入渓地点に到着。目の前のF1が初っ端から結構なシャワークライミングで手荒い歓迎を受けてしまう。でもびしょ濡れになればもう怖いものなし。
日陰名栗沢は大きな滝こそないが数mクラスの小滝が続き、しかもみなどこかに弱点があるので楽しく登ることができる。ただ稜線まで登るとなるとかなりの標高差になるので、それなりに時間と根性が必要だが、前夜発で早い時刻に入渓したので、余裕をもって登ることができた。下山は日陰名栗沢右岸のヤケト尾根にとる。
ここは長大で幅広のボリューム感満点の尾根で出だしこそ薄い踏み跡があったが、すぐにそれもなくなりGPSで慎重に下る。下のほうはもろくて急傾斜の下りに冷や汗をかくが、なんとか仕事道を見つけ、無事日原川にかかる吊橋に出ることができた。
同行者はたぶん沢よりもこちらのほうが気疲れしたのではと思うが、快適な沢登りと彷徨といってよいヤブ尾根下りのセットはなかなか充実していた。


+写真集へのリンク+
沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top