FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

乗鞍山スキー◆写真 

菊池です。
正真正銘の滑り納め山スキー報告をいたします。


07 剣ヶ峰をバックに記念撮影  [剣ヶ峰をバックに記念撮影]

【山域】北アルプス・乗鞍岳
【日程と天候】2013年6月8日(土)
【メンバー】菊池単独
【行程】信濃町4:30ー乗鞍高原観光センター駐車場7:30ーバスー肩の小屋口駐車場(2610m)ー乗鞍岳朝日岳(2975m)-滑走ー2650m-朝日岳と剣ヶ峰の中間ー滑走ー
道路ー滑走ー2360m・位ヶ原山荘-バス13:45ー観光センター駐車場-16:35信濃町


・5月25日に富士山・富士の宮ルートの山スキーを滑り納めとしていたが、スキーウエア―・板・靴などをかたずけられなかった。
・里帰りお産として、娘が信濃町に滞在中であり、6月20日ころの予定日より約3週間早く、無事出産できたため、フリーにしていた6月の週末が活用できるようになっ
た。6月4日のNさんの富士山・吉田大沢の豪快滑走に触発され、好天を逃さず、あらためて乗鞍で今シーズンの滑り納めを堪能、ようやく板収めができる状態となった。
・前回の5月12日はピーク時と思われ6台のバスが連なり位ヶ原山荘に向かったが、今回はそれでも3台ものお客さんで賑わった。

・雪渓は前日に薄ら降った霰で真白な快適斜面、アイゼンも持参したが、この時期はさすがにシール登高で問題なく稜線に達した。
・心地よい天候・そよ風に軽装で朝日岳に到達、剣ヶ峰は割愛し、ほぼ往路の快適ザラメ斜面を滑走し、泡の出る350ccと行動食で休憩、その後再度登り上げ、2本目は
剣ヶ峰と朝日岳の中間部から道路まで雪の繋がる快適ルートを滑走した。
・駐車場下から位ヶ原山荘までの滑走は除雪道路の左側を快適に滑走できるが下部は縦溝と汚れた残雪を、今シーズン最後の滑りと考え、じっくり味わいながら滑走し
た。
・登りの標高差は360m×2で720m、累計滑走標高差は950mの大満足の乗鞍大滑走を堪能できた。
・この時期は三本滝へのツアーは雪がなく無理であり、観光センターからのバス乗車である。三本滝からも同一料金で往復2400円、やや費用は掛かるが好天を狙って気軽
に楽しめる初夏のツアールートである。

・乗鞍山スキーは40年以上前の学生のころ、7月初め夏スキーツアーで肩の小屋に1泊したが、雨と霧で滑走したのは短い雪渓をほんの少し一回だけという苦い思い出があ
り、また20数年前(山スキーはまだやっていなかった)にこのスキーバスの存在を初めて知って、同じ時期に千葉から友人と駆けつけ、サロモンのリアエントリーのス
キー靴にダイナスターの板を肩に担いで、剣ヶ峰まで登り上げた。40歳前であり、かなり体力があったものだと懐かしく思い出します。

速報を掲示板に掲載しました。写真も、早くも写真館に掲載されました。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

富士山◆写真 

富士山の報告です。

06 剣が峰  [剣が峰]

年月日:平成25年6月8日(土)
天候:晴れ一時雪
行程:富士宮08:00(発)~山頂11:50(着)~剣が峰12:05(着)剣が峰12:20(発)~富士宮14:30(着)
行き3時間50分(休憩含む)・帰り1時間50分(休憩含む)

内容:

当初新人さん2人と登る予定が1人になり、ちょっと寂しいので愛犬「海斗」と登ることにした。
表富士の状況は把握している。(昨日の雪が凍っておれば下山すれば良い)
富士宮の駐車場に着くと偶然富士山の常連さんの一人「やまちゃん」に会う。
挨拶をして愛犬に靴を履かせ、出発しようとしたが、日焼け止めクリームが見当たらない。
昨日買ってザックに入れたと思ったが忘れたらしい。
やむを得ずタオルで顔を覆って出発する。(完全に怪しいおじさん状態)
「やまちゃん」は自分がトイレに入っている間、先に出発したようだ。
登山道は8合目までほとんど雪がない。
犬に水を与えたり、おやつをあげたり、糞を処理したり(結局ザックに取り付け往復)とのんびり歩く。
昨日降った雪が8合目から若干積もっているが歩行になんら影響無い。
ここで鴉さん達、富士山の常連さんとすれ違い、挨拶を交わして更に登ってゆく。

9合5勺から上は雪の斜面になるが、5月5日の時に比較して全く危険性が無い。
雪が柔らかく、自分を含めある程度山に慣れている者にとってはアイゼン不要。
「海斗」は4輪駆動でぐんぐん登って行く。
もし、新人さんがいたら12本歯のアイゼンを履かせ、アイゼンの体験をさせてあげられたんだが・・・・・
山頂に着くと結構雪が残っているが、凍った箇所はない。
山頂で写真を撮っていただき剣が峰に向かう。
愛犬「海斗」は至る所で写真を撮ってもらいヒーローになっている。
ガスがかかり見晴らしがきかないので、お鉢めぐりは取りやめ早々に下山した。

富士山について
一言で富士山と言っても6月は表富士と裏富士は全く別の山である。
山スキーのベテランNさんからのアドバイスは富士山を良く知っており、大変参考になり嬉しかった。(今回のトラブルは彼からのアドバイスではないことだけは明確にしておきます)
 
永田


+写真集へのリンク+
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top