FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

黒姫スキー場山スキー◆写真 

菊池です。
計画書は提出しませんでしたが、オープン前のゲレンデでの山スキー体験の報告をいたします。


11 急斜面のマイシュプール  [急斜面のマイシュプール]

【山域】黒姫山・黒姫スキー場ゲレンデ
【日程】2012年12月2日(日)晴れ無風、気温朝最低-7℃
【メンバー】菊池単独
【行程】黒姫スキー場ボトム(830m)8:15-Atomic Tacora(168cm、センター78mm、最大幅119m)でシール登行ーリフト2本分(1120m)-標高差120m急斜面2本滑
走ー滑走ーボトムードリフト(176cm、センター100m、最大幅136mm)でシール登行(1320m)-標高差120m急斜面2本滑走ー滑走ーボトム8(12:30):累計標高差:820m


・オープンは例年12月15日~20日前後のようである。昨年は12月11日にオープン前の関温泉スキー場で積雪40cmほどでプチパウダーランが楽しめたため、今回も関温泉へ行く予定であったが、なんと1日に信濃町で一気に38cmの降雪(積雪)のサプライズであった。降り始めは気温が高く湿雪であったが、徐々に低温となり、2日の朝には快晴で-7℃と今期最低の冷え込み、上部はふっかふかの軽いパウダーである。前日(土曜日)は午後2時に勤務を終え、今冬初めての雪掻きは25cmほどの湿雪でハードであった。2日は更に10cmあまりの軽い雪、サクッと雪かきを済ませ、朝食後、いそいそとスキー場に向かった。駐車場の除雪は全く行われていないが、道路はしっかり除雪されている。どこに駐車しようかとしばしウロウロし、道路脇の除雪スペースに駐車できた。

・オープン前の広いゲレンデ、少し後ろめたい気持ちであるが、オープン前のゲレンデに入ってはいけない規則はないようだ。積雪は40~80cm、ラッセルは膝下(深いところで膝),だーれもいない、貸し切り状態の素晴らしい銀世界、低温で軽い雪質のためアトミックのタコラでも、単独でそれほど苦労せず登りきれた。
・急斜面での1本目のパウダーラン、これこそ、今期の黒姫での一番乗りである。いわゆる「超気持ちいい!!」であった。2本目のシール登行すべく、シールを貼っていると、なんとsTs(私が所属している信濃町テレマークスキー倶楽部)のMさんがロッカーで上がってきた。2本目、私は山に向かって右の急斜面、Mさんは左の急斜面のノートラパウダーラン。Mさんは1本で切り上げた。前半の2本はセンター幅78mmのタコラでもフェイスショットを伴う気持ち良いパウダーランを楽しめた。
・車に戻り、後半の2本はドリフトで攻めた。気温が上がり、雪はやや重くなったが、なにしろどこでもOKの独り占めのパウダーランであった。
・2日以降は降雪はなく信濃町は積雪は数日で0、地の利を生かし、千載一遇のチャンスを貪欲に狙うことが、潤いのある田舎生活のポイントであるようだ。

速報は掲示板に掲載してありますが、写真館に近日中に投稿いたします。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

碓氷峠~下仁田縦走◆写真 

碓氷峠~下仁田 テント泊縦走 山行報告

06入山峠へ笹ヤブを漕ぐ
 [入山峠へ笹ヤブを漕ぐ]

期 日:12月1日ー2日
参加者:柘植、渡邉三、池田、加藤(記録)
コース: 12/1 軽井沢9:00→碓井峠9:20→矢ヶ崎山10:00→入山峠11:05→桜堂山12:00→新軽井沢峠12:30→愛宕山13:10→和美峠13:45→14:15ローソン
     12/2  大山北尾根取付7:45→大山8:10→千駄木山10:00→12:00小出屋バス停
報 告:

12月1日(土) 横川駅に降り立ったとき妙義山が青空に映えていたが、バス(500円)で軽井沢に入ると雪が舞っていた。碓氷峠から県界尾根の踏み跡を送電線に沿って歩くと左の踏み跡に迷い込む。矢ヶ崎山への細い稜線を辿って矢ヶ崎山山頂へ。オープン前のスキー場には人工雪の吹きだまりができていた。リフト上の展望台でGPSでルート確認し、群馬県側が岸壁、柘植さん先頭に急斜面を下る。
群馬県側は崖、長野県側が台地状の幅広い尾根を進む。行く手には高岩や谷急山など西上州の山々が聳え立ち、先程バスで通過した碓氷バイパスも俯瞰できた。車が行き交う碓氷バイパスをフェンスを乗り越えて急いで渡る。真新しいクマの爪痕が残る落葉した雑木林を登りつめて双子峰の桜堂山へ。池田さんのリンゴを頂き新軽井沢峠に向けて急降下。車道を渡ると真正面に北側が削られた愛宕山がある。有刺鉄線に注意して最後の一登りである。あとは一気に下山しゴルフ場を見ながら道路を歩く。和美峠からは浅間山も見え、唯一の店「ローソン南軽井沢店」の裏50m入った空き地にモミジの葉をかき集めてテントを設営した。食糧、酒はローソンから調達できたが、12月第2週で閉店するとのこと。

12月2日(日)ローソン前から予約したタクシーで昨日下山した所で下車し、大山を目指す。山頂から上信越自動車道のトンネル出口が見えた。GPSを頼りに気持ちの良い尾根を辿り、林道に降り立つ。この林道は現在使用されておらず、崩壊している所、落石が覆っている所もある。やがて碓氷軽井沢ICも間近に見え、聳え立つ高岩もよく見える。最後に千駄木山を登り、リンゴを賞味し、送電線に向かって降りる。あとは下山道をひたすら下り、民家を通り過ぎ、小出屋のバス停から下仁田駅に向かい山行を終わらせることができた。


+写真集へのリンク+

無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top