FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

立山山スキー◆写真 

菊池です。
2年ぶりの立山詣を報告をいたします。


08 国見岳山頂
 [国見岳山頂より剣岳をバックに記念写真]

【山域】立山・室堂周辺
【日程】2013年11月24日(土)~25日(日)
【メンバー】CL菊池・吉川・鈴木・鶴田・神山・会員外2名
【行程と天気】24日午前中晴れ、午後ガスのち小雪、夕方晴れ
扇沢8:30トロリーバスー室堂10:10-室堂山荘11:10-浄土山頂(2831m)-北西カールー北面斜面ー浄土側源流部(2350m)-室堂山荘へ登り返しー室堂山荘東の北斜面(標高差100m)-浄土川ー室堂山荘(泊) 
:登行・滑走累計標高差約600m

25日 晴れ無風~微風、午後になり曇り
室堂山荘ー室堂山ー国見岳との鞍部下へ北西斜面~沢状地形滑走(標高差約150m)ー国見岳山頂(2620m)-北東斜面滑走(標高差約200m)-室堂山荘ー室堂山荘東の北斜面ー浄土川(標高差約80m)-山崎カール・ローソク岩直下(2850m)-カール~雷鳥平(2280m)の北西斜面滑走(標高差570m)-室堂山荘
:登行・滑走累計標高差1000m


・昨年は少雪で中止となったが、今期は2m余りの積雪で十分、23日は低気圧による悪天で短縮日程としたが、低温・上質の雪質とまあまあの好天に恵まれ満足の行く立山詣であった。

・24日は予想では弱い冬型で好天が期待できず、あまり無理はできないと考えていたが、扇沢~室堂に到着すると、なんと快晴である。室堂山荘で休憩後11時頃、浄土山頂を目指してシール登行を始めた。青空の下、テンションアップの快適な浄土カールの登行も終盤に近づき、先行したNGSC(新潟バックカントリースキー倶楽部:私は今期入会した)のメンバーが気持ちよく頂上から滑走してきた。一言、挨拶を交わし、我々も山頂に向かったが、俄かに天気は悪化、山頂ではガスに覆われ、ほぼホワイトアウトの状態。気温も急速に低下しており、即刻滑走に取り掛かった。滑りやすい雪質に助けられ、視界不良のカールを何度も停止し、メンバーを確認しながら下った。
今回は登行中、確認しておいた未経験のパウダーゾーン(祓堂の西側で登山道の上部)を視界不良ながら滑走でき、その後浄土川源流部に向かう北斜面(いつものパウダーゾーン)を残ったノートララインを拾いながら滑走した。視界不良ながら標高差450m、滑りやすい雪質にシーズン最初のツアーとしてはまあまあの満足度であった。
行動食休憩後、3名は室堂山荘に向かったが、天気も回復、室堂山荘の東(裏)の急な北斜面は秘蔵のパウダーゾーンである。ここを滑るのは、山荘周辺を知り尽くした者の特権である。積雪が少ない年には藪のため、滑走範囲が少なくなるが、今期は2m以上の積雪で大丈夫。風も弱いゾーンであるため、ノートラのデープパウダーを会心の一本で締めくくれた。この1本で満足度は80%から100%に跳ね上がった。

・室堂山荘の贅沢な風呂で疲れを癒し、夕食前に宴会、時間が長いと飲み過ぎで夕食をあまり食べないが、今回は1時間程度の丁度良い小宴会、夕食は焼き魚、あり余る鶏肉など、質・量とも満足の夕食で、皆さん完食であった。2日目は絶好のツアー日和、欲張りルートを計画したため、朝食をしっかり摂るよう促した。皆さん、二杯はご飯を食べたようだ。早々と7時10分には室堂山に向けてシール登行を始めた。
・昨日からの新雪は10cm未満と少なく、シール登行は順調である。室堂山から北西斜面の薄いパウダーランを楽しみ、国見岳に登り上げ、360度の大パノラマを堪能、先行者の少ない快適な北東パウダーゾーンの滑走を楽しんで、室堂山荘へ帰ってきた。さらに昨日の最後の1本と違うノートラ急斜面のデープパウダーを雄叫びを上げながら楽しんで、浄土側ボトムで大休憩した。
早出三文の徳ではないが、10時前に早くも累計標高差430mのグレイト・パウダーランを体験でき、一同、上気気味であった。
休憩後は立山初滑りでは外すことのできない山崎カールに向けて気合を入れて出発した。下地の硬い急斜面で小生のシールの下部が外れトラブル、なんとか持ち直して、ローソク岩の下まで1時間50分で登り上げた。シュカブラやクラストがないため、滑りやすいカールであった。浄土側に向かう下部斜面は適度な深さのノートラパウダーを拾いながら下り、最後まで快適な滑走、一同、150%の大満足であった。
疲れた身体に鞭を打ち、室堂山荘までの最後のシール登行に備え、泡の出る350㏄の燃料を皆で回し飲み、五臓六腑に浸みわたりパワーアップ。無事ツアーを終了することができ、リーダー冥利に尽きる想いで、来年以降も、続く限る頑張って企画する決意を新たにした次第です。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

雁坂峠~笠取山◆写真 

最初の予定では、11/23-24の予定でしたが、悪天との事で24-25となりました。
朝、6:38千葉駅発のあずさ3号にて出発、塩山駅で下車しました。
9時頃出発のバスで1時間ほど(料金1000円)で雁坂峠入口手前の道の駅で下車して、
トイレと準備運動を済ませて出発しました。

 
20笠取頂上
 [笠取山頂上]

【山域】奥秩父 
【ルート】雁坂峠~笠取山 
【登山方法】小屋泊り縦走 
【期間】11/24-25
【メンバー】CL室、SL大森、杉山、安岡、清野、村尾、萱野香織(記録)

 
11/24(土) ほぼ晴れ
道の駅(10:30頃)=> 雁坂峠(14:15頃) =>雁坂小屋(14:45頃)
 
歩き始めてしばらくは、とても良く整備された林業道路が続きます。
やっと山道に入っても紅葉後の葉っぱが木から全部落ちて、フカフカのサクサクの道がとても歩き安かったです。
季節外れだからだと思いますが、私たちのグループの貸切かと思うほど、人には会いませんでした。
一人だけ同じ行き先の女性に会っただけだったと思います。秋と冬本番の間の静かな山道でした。
なかなか雁坂峠が目視できるようになってからの登りがなかなか終わらないので、辛いなぁーと思いつつ黙々とマイペースで進むと、やっと峠に付きました。あんまり寒くないと思い歩き始めましたが、やはり、標高が上がると寒い寒い。前の日の雨の影響か、遠くの山々はあんまり見えなかったように思います。
霧氷というものを初めて見ました。小屋に向かう道が北側だったのでうっすら雪みたいのが道に付いていて、滑りやすかったです。
なんとか慎重に歩き、軽アイゼンはつけずに小屋まで到着できました。
 
16時頃から消灯の20時頃までひたすら食べて飲んでお喋りして楽しかったです。
きりたんぽ鍋の美味しいこと。忘れません!ホットワインも最高でした。
ムロさんと同い年くらいの元気な男性二人組と地元人のようなおじさんと一人で来たおばさん達も食後のお喋りに参加して盛り上がりましたね。。。
小屋番のおじさん1号、2号もフレンドリーでよかったですが、小屋はびっくりするぐらい、寒かったし、燻製になるかと思うくらい煙かったです。
あまり暖かくないストーブの周辺にみんな張り付いてました。
部屋は、3段ベットの下2段が寝るスペースになってました。8人分のスペースを6人で使用しました。
(朝起きたら村尾さんの窓側においてあったペットボトルが凍っていました。部屋の中なのに。。。)
ありったけの着るものとホカロンなどを総動員しました。
みんながいたから楽しかったですが。
 
11/25(日) 晴れ
雁坂小屋(6:30頃)=> 水晶山(7:10) => 古礼山(7:50) => 燕山(8:55) => 雁峠(9:15)
=> 分水嶺(9:32) => 笠取山(10:00頃) => 新地平バス停(14:15頃)
 
4時半に起床して、ゆっくり支度をして出発しました。道が凍っているらしいので、アイゼンを最初から装着しての出発でした。
最初、凍ってる部分がありましたが、だんだん土の部分が多くなると歩きづらくなってきたので、取りました。
途中、片足だけあえてアイゼンを付けてたりしてみたりもしました。
昨晩の満点の星空で予測はできましたが、快晴、雲ひとつなく、富士山も丸見えだし、南アルプスの雪をかぶった山並みがでてくるたびにみんなで歓声を上げて、写真を沢山とりました。素晴らしかったです。
ただ、笠取山の急斜面…見上げただけで、疲れました。私を含め一部の人は、荷物をデポして山頂まで行きました。
笠取山の手前に分水嶺があります。(荒川、富士川、多摩川)
下山路は亀田林業林道がメインなので、とても歩きやすかったです。川を渡る場面があったので、増水したりしてる場合は、結構、危険な場合が出てくるかと思いました。
予定より早く下山できましたが、あと5分早かったら、バスに乗れたのですが、1時間もバスを待つわけにはいかないので、タクシーで塩山駅までもどり、塩山温泉(公衆浴場 400円)で汗を流し、駅前で腹ごしらえをして帰葉しました。
 
※ 杉山さん、健脚ですごいです! 自分の親と同じ世代とは信じられません。
個人的に電車山行は初めてでした。渋滞もなくお酒も飲めるしよかったです。
リーダー、楽しい計画ありがとうございました。


+写真集へのリンク+

無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三国山~ぶどう峠縦走◆写真 

以前奥秩父十文字峠北方の三国山に立ったときに、ここが文字通り埼玉・群馬・
長野の3県の境目であることを知った。そのときは埼玉・群馬県境を歩いたのだが
長野県側の開放的な雰囲気がとても気になっていた。11/23~25の3連休は南ア
深南部の予定だったが、初日が悪天で潰れたので場所変更し、三国山から群馬・
長野県境をぶどう峠まで1泊2日で歩いてみることにした。


15無事にGOALのぶどう峠に到着  [無事にGOALのぶどう峠に到着]

【山域】上信県境南部 
【コース】三国山からぶどう峠 
【形式】テント泊縦走
【日程】11/24~25前夜発1泊2日 
【参加者】CL柘植(報告)、SL橋本、田中利、石橋


11/24(土) 曇りのち晴れ
   新三国峠7:00→三国山7:30→蟻ヶ峰→大蛇倉山10:40→15:00幕場

前夜千葉を発って道の駅南きよさと泊。翌早朝道の駅を出発して信濃川上駅に向う。
信濃川上駅前に駐車し、予約したタクシーで新三国峠まで行く。周囲の山は上の方が
白くなっており、アイゼンを持ってきていないので少しビビるが実態は美しい霧氷で
あった。懐かしの三国山からいよいよ上信県境に踏み込む。ここから今回の縦走で
最高峰の蟻ヶ峰まではそこそこの踏み跡があり、順調に進む。日航機墜落地点の
御巣鷹の尾根は指呼の距離だ。ここからさぼって山稜を巻こうと思ったら延々と続く
巻き道に入ってしまい、大事な山稜をかなり巻いてしまう。このままではいかんと最後は
右手の斜面を登って稜線に出た。このすぐ先が大蛇倉山。この下りのしゃくなげの
籔がすさまじく、また急下降であるため、かなり緊張するが、時間的には15分程度で
あろうか。気付くと朝のどんよりした空はきれいな青空に変わっており、奥秩父から
西上州の峰々が美しい。特に名前のあるピークはなく、説明しずらいが、あるような
ないような踏み跡を橋本さんと柘植のダブルGPSで慎重にたどる。特にピークからの
下りが明瞭な尾根でないことが多く、慎重なルートファインディングを要求される。
佐久の名峰御座山が近づくにつれて本日の疲れが出てきてペースが落ちてくる。
水は担いできているので、場所さえあればどこに泊まってもいいのだが幕営適地が
なく、15時過ぎに石仏近くでようやく絶好の幕場を発見する。各自持ち寄ったお酒や
つまみでいつもながらの楽しい宴会ができた。

11/25(日) 快晴
  幕場6:20→石仏6:45→赤火山10:45→ぶどう峠13:10→14:30三寸木

昨日頑張ったおかげで計画通りの縦走ができそうなので気分も軽やか。今日は朝から
快晴で、眼前の石仏(地名で仏さんはなし)まではすぐだった。ここから幅広い尾根を
弥次平という平坦地まではひどい籔と倒木でかなり難渋する。昨日はここまで頑張ったら
いい幕場がありそうなどと話していたがとんでもなかった。弥次平から一登りすると
山稜は真北に向きを変え、いよいよ終盤戦に突入。このあたりからもしかしたらよい踏み
跡があるのではという根拠のない期待を持っていたが、相変わらずの薮道でペースは
上がらない。この先に赤火山という大蛇倉山以来の名前のあるピークが迫ってくる。
ここは東面を岩壁で囲まれており、我々が進む尾根まで岩が延びていたら大変かなと
思っていたが、岩ではなく相変わらず薮のほうが大変だった。ぶどう峠からもしかしたら
赤火山まで道が延びているのではと淡い期待を持っていたが、またしても期待は外れ
相変わらずの薮道が続く。しかしそのうちガードレールや擁壁が見え出し、13時過に
ぶどう峠に降り立つことができた。三国山からぶどう峠への山稜は個人的には期待を
上回る楽しいコースであった。もちろん楽しさの基準が常人とは違うので、一般受けしない
ことは分かっているが、いつかこの続き・・・ぶどう峠からさらに県境を北上したいと思う。


+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top