FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

本社ヶ丸◆写真 

前日降った雨もすっかり上がり、晴天の中、中央線沿線の本社ヶ丸
に行ってきましたので報告します。


本社ヶ丸山頂
 [本社ヶ丸山頂]

【山域】中央沿線 
【コース】稲村神社~大沢山~本社ヶ丸~笹子駅 
【日程】11/18(日)日帰り 
【天候】晴れ
【参加者】CL石橋 SL辻本 橋本 上茂 澤田 内堀 高地 竹下(報告)
【行程】稲村神社8:30-大沢山10:50-本社ヶ丸14:20-角研山15:30
    ー林道16:20-笹子駅17:00


千葉を5時30分に出発し、中央道路を富士山に向かって走る。
富士山は4合目辺りまで雪に覆われていた。
稲村神社の右脇から急坂を登り始める。ここから清八山手前までは以前は破線ルート
であったが、どうも2012年の山と高原地図によると実線ルートになっているようだ。
踏み後はしっかり付いており、標高1000m辺りまではきれいな黄葉が見られた。
大沢山山頂からは雪化粧をした富士山が目の前にドカ~ンと現れ、南アルプスの山々が連なる。
小金沢連領方面や金峰山の五丈岩まで見え、なかなか展望の良い山頂だ。
お花摘みに行ったMさんが枯れ木に着いていたとハリネズミのようなかたまりを持ってきた。
きのこ博士が「ヤマブシタケ」だと言う。澄まし汁にしたら美味しいらしい?
上品な匂いのする「ヤマブシタケ」を皆でくんくん嗅いだり、写真を撮ったり盛り上がり、
しばらくの間は皆キョロキョロと倒木の下を覗き込み「きのこ」を探しながら歩いたが、
残念ながら・・・誰も見つけることはできなかった。
清八峠でランチタイム。暖かい日差しの中、ワイワイガヤガヤ姦しい。
コーヒーを沸かしたり、鍋焼きうどんを作ったり、それぞれ腹を満たした。
重くなったお腹を抱えての岩場を慎重に登るとそこは本社ヶ丸山頂だった。
ここは更に展望が素晴らしいが、そんなにゆっくりはしていられず先を急ぐことに。
積もった落葉を踏みしめながら、急坂を走るように高度を下げ、夕日が沈み薄暗くなり
始めたころ、笹子駅に着いた。歩いた~!!って感じの充実した1日でした。
天候に恵まれ、日本のシンボル富士山を見飽きるほど眺めながらの最高の山行でした。
皆さん、お疲れさまでした。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

大塚山 

奥多摩で日帰りで楽しめるマイナールートを探していたところ、御岳山の北側に
大塚山というまだ登ったことのない山があり、ここから北方に顕著な尾根が
多摩川に向って延びている。この尾根には山と高原地図には道がないので
出かけてみることにした。


大塚山
 [大塚山]

【山域】奥多摩 
【コース】大塚山北尾根 
【形式】ヤブ尾根ハイク
【日程】11/18(日)日帰り 
【天候】晴れ
【参加者】CL柘植(報告)、石井
 古里駅9:35→12:30大塚山12:50→13:05富士峰公園13:35→15:05古里駅


寸庭橋を渡って右手の「奥多摩ウオーキングトレイル入口」の」看板に従って
右手の小道に入る。多摩川沿いに少し歩くと道は寸庭川を渡る。この先で越沢を
渡る手前で左の斜面を登る踏み跡があり、これをたどる。ここは東電巡視路の
ようで越沢に付かず離れずの距離感で上部へ向っている。やがて小沢を渡って
しばらく登ると金比羅神社に到着。東面は絶壁になっており、この下が越沢バット
レスの岩場のようだ。ここから一気に急登となり、小一時間頑張ると広沢山。
広沢山直下はかなりのナイフリッジとなっており、特に越沢側は急傾斜の岩場で
奥多摩の低山とは思えない景色だ。美しい自然林の紅葉が気分を和ませてくれる。
広沢山から大塚山へはこれまでと打って変わって緩やかな尾根道。植林のやや
暗い雰囲気になってしまうのが惜しまれるが、急登わずかで大塚山に着いた。
ここは恐らく御岳山から来たと思われる大勢の登山者が休憩中。その中の立川の
太極拳グループから山上忘年会のごちそうが食べきれないので助けてもらえないか
との支援要請があり、豚汁や煮物漬物のご相伴に預かってしまった。これでおなか
一杯になってしまったが、持参の生うどんや天ぷらを持ち帰るわけにもいかないので
御岳エリアの富士峰公園まで足を延ばしてなんとか持参食材を消化し、帰りは
一般道をのんびり古里駅に下った。大塚山は今回のコース以外にも結構面白そうな
コースがとれそうなので、冬のひだまりハイクには面白いかも・・・です。

ヤブ(柘植ワールド) /  Trackback -- /  Comment --

△page top