FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

小川山クライミング講習 

宮下です。小川山クライミング講習の山業報告です。
遅くなってすみません。
 
【日時】2012年5月25日(金)~27日(日)
【場所】小川山
【メンバー】CS平野夫妻、SL川本、SL上茂、井上、萱野夫妻、齋藤、広木、藤、堀内、宮下
【タイム】
 25日21:30千葉→01:00道の駅南きよさと(泊)
 26日06:00道の駅南きよさと→07:00小川山廻目平キャンプ場着→09:00父岩着→16:00廻目平キャンプ場着→買い出し→晩飯→廻目平キャンプ場(泊)
 27日廻目平キャンプ場→08:30ソラマメスラブ着→15:30廻目平キャンプ場出発→川上村ヘルシーパークかわかみ(温泉)→帰葉
【内容】
 25日千葉を出発。道の駅に到着後4~5人用を1つ設置し、あとはみんなで軒下で就寝。肌寒く、寝れるか心配だったが快適に眠れた。(私だけかもしれないが、、、)
 26日小川山廻目平キャンプ場に到着後、テント設営、そして個人装備の準備が完了して岩場に行く。川を越え、山を登りそこに見えるは父岩。
まず父岩の人気ルート小川山物語(5.9)と、小川山ストリート(5.9)を川本さんと、上茂さんがリードですいすいと登る。続いてトップロープで次々に交代で登っていく。
 初めて外岩でのフリークライミングに挑戦の私は、上手い人がすいすい登っていくのでそれに続こうとトライするが何度も山の洗礼にあい、休みながらの登頂。自分で登った場所からの景色は最高に気持ち良く気分爽快。
次に同じ岩のルートのモラリスト(5.1.a)、タジヤンⅡ(5.10a)にもトップロープを設置してもらい挑戦。川本さん、上茂さんは(5.10d)をリードで登り、1日目が終了。
 
薪を拾いながら下山し、ナナーズで夜食を買出しし、猫がいる店で焼き肉定食を食べ、焚き木をしながらお酒片手に体も心も温まり就寝。
 27日はソラマメスラブでのクライミング。スラブが特徴的なソラマメ(5.9+)、やわらかソラマメ(5.8)、クラックがあるロングロングアゴー(5.10b)、ハングがあるソラマメハング(5.10c)と、多種類のルートを登ることができた。
平野さん、川本さん、上茂さんは裏ジェットストリーム(5.11b)にも挑戦。最初のハングと、距離の長さが特徴的で、その難易度に初心者の私は下から凄さに唖然として何度もシャッターチャンスを逃してしまった。
 
 人は多かったが2日間共に人気のルートを登ることができ大満足であった。そして今回の講習でクライミングの魅力がわかり、これからもっといろいろな場所やルートを登ってみたいと感じた。
CS、SLの方々、大人数の安全管理や、初心者でも楽しめたスケジュール調整ありがとうございました。とても有意義で楽しい2日間でした。
 
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

南会津山菜山行◆写真 

富樫(富)です。先日の山菜山行の報告をさせていただきます。
 
07 乾杯そして舌鼓
 [乾杯そして舌鼓]

【日時、天候】 2012年5月26日(土)晴れ、27日(日)晴れ
【山域】 南会津
【メンバー】 CL橋本、SL竹下、山内、村尾、高梨、大木、舟山、
  加藤、清野、富樫(富)
 
【内容】

 26日0時に千葉を出発し、目的地の福島県只見町に着いたころには、
白々と夜も明け朝5時になっていた。叶津付近では、昨年の豪雨のため
道路が寸断されており、その手前で駐車し、早速山菜取りにとりかかる。
しかし、ここでは、わずかにふきのとう、カタクリ、コゴミ、細いワラビ
があるだけで、満足いくものではなく、すぐに場所をかえた。         
 そして昨年も沢山山菜が取れたと言う山を目指すが、途中豪雨の被害の
只見線の崩壊には心が痛む。博士山付近では期待を裏切らずにわずか2時間で
ウド、ワラビ、笹竹のたけのこ、タラの芽、クレソン、山椒、コシアブラなど、
今夜の宴に十分な山菜がとれた。

 早くも今回の山行の目的をはたした一行は、余裕のルンルン気分で道の駅や
スーパーに酒などの買出しに出かけたが、道の駅に山菜を卸に来ていたおじさん
の話では、コシアブラはセシウムが多く検出され今年はだれも採らないそうだ。
まあ、そんなアドバイスをきく人はメンバーの中にはいないのだが、まだまだ
福島原発の事故の爪痕は大きい。買出しの後は、名湯つるの湯でまったりとすごし、
今夜の宿泊地の昭和の森キャンプ場についた。
キャンプ場につくと皆で山菜を仕分けし、竹下さん、大木さんの揚げてくれた、
あつあつの山菜の天ぷらを美味しくいただき、大満足で1日目を終了した。
 
  2日目、27日はカッコーの泣き声で目を覚ます。今日もいい天気。今朝の
メインメニューは、昨夜から灰汁抜きをしたワラビです。
なんともいえないいい色、歯ごたえ(竹下さん調理)。朝食の後は矢ノ原湿原を
散策し、小1時間、大自然の中にゆったりと身をおいた。
いよいよ帰路。途中観光地大内宿に寄ったが、観光地での団体行動に慣れていない
メンバーはバラバラだ。メンバー集めにリーダーが走る。
今回の山行一番の難所だったのでは?大内宿では名物ねぎそば、岩魚の塩焼きなどを
いただき、渋滞もまぬがれ午後5時に千葉駅に着いた。
 
今年は全員が山菜採りをしたおかげで、やっと私も山菜がわっかてきました。
お金をかけないのに贅沢な気分。
CL,SL、皆様、楽しい時間をありがとうございました。

+写真集へのリンク+



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

鳥海山・月山山スキー 

長池です。鳥海山・月山山スキー山行報告です。

【日時】2012年5月25(金)~27日(日) 早朝発2泊3日 晴れ
【場所】鳥海山祓川口、月山
【メンバー】CL長池、鶴田、石橋、小泉(27日のみ)
【タイム】
  25日 9:00千葉→18:00鳥海山祓川ヒュッテ(泊)
  26日 5:25祓川ヒュッテ-5:59雪面に出る-7:07七ツ釜避難小屋
     -9:19七高山山頂-10:30新山-11:23七高山山頂から滑降
     -12:29祓川ヒュッテ-17:30道の駅「西川」(泊)
  27日 5:30道の駅「西川」-8:00姥沢-8:22リフトトップ-8:55
     姥ケ岳-10:06雪割れ地点-11:08雪渓トップ-滑降-12:31
     姥沢駐車場-道の駅「西川」-帰葉

【内容】

25日 小雨 アプローチ
 ・市川から外環を経て東北道、山形道へ車を進め、象潟から鳥海山へ登る。
 ・祓川ヒュッテは金・土に管理人が入り有料の小屋となるが今日は不在で
  無料開放、炊事設備、毛布、清潔なトイレなど気持の良い小屋であるが
  発電機が動かないので照明はない。

26日 快晴 鳥海山祓川ルート登降
 ・小屋横の湿原に掛った木道を渡って登山道に入っていく。赤布の掛った
  樹林の岩道を板を背負って30分ほど行くと雪原に出られる。
 ・正面に七高山の岩峰が高く、雪渓がいくつかに分かれて昇っているが、
  雪渓には赤布を巻いた竹杭が、山頂まで一定の間隔に打たれており、
  春山登山に人気のコースらしくルート整備も充実している。
 ・真っ青、無限の高天で雪は最良ザラメ、登高も滑降も良好な環境である。
 ・避難小屋付近、中間沢状地形、山頂直下と3ケ所ほど急斜面があり、
  そこにジグを切る他はシールでほぼ直登できる。
 ・山頂下の急斜面にしばし汗を流すと雪が切れて岩峰に出た。
  2230mの三角点の置かれた七高山山頂である。振返って登ってきた祓川
  方面に目を降ろすと、ブナの新緑と白い雪原の織りなす斑模様の大きな
  台地と、さらにそれに続いて広がる緑の平原が広大な裾野を作り富士に
  も劣らない鳥海のボリュームに圧倒される。
 ・七高山頂の西側は断崖になっていて、その谷向こうに新山が同じ程の
  高度で雪を被って切り立っている。崖のガラ道を下って雪の新山にも
  登ってみた。累々と火山岩に折畳まれた岩峰から、千蛇谷を裾に引き
  行者岳から文殊岳への断崖が屏風を連ねているのが見える。
 ・往路を滑って戻る。いくつかの雪渓を繋ぎながら滑るので“一様な富士
  を滑るより変化があって楽しいね”などと言いつつ爽快なダウンヒル。
 ・残雪と雪解け尾根で作る山肌の斑模様と、雪とブナの織りなす樹林の
  絶妙な色合いの美しさに感動を口々にしつつ鳥海を後にした。

27日 快晴 月山登山ルート登降
 ・自然園に寄って石跳川の残雪を確認し、下から眺めて姥ケ岳から石跳川
  へ降りる雪渓が繋がっているらしいと見て登ってみると、石跳川左岸尾
  根の上はブッシュで遮られ川への降下点は見いだせない。
 ・そこで姥ケ岳を降り月山へ転進を検討する。山頂は既に露岩が出ていて、
  雪渓は山頂下100mほどで切れているが滑降のボリュームは十分と雪渓
  頂部へ登り詰めることにする。
 ・春の月山は競技スキートレーニングやボーダーの競技大会が開催される
  など大いなる賑わいである。月山をめざす登山者は山スキーや、壺足登
  山で列をなす程だ。
 ・緩斜面から傾斜の強い斜面に接して亀裂が入ってクレバス化している深
  溝が散見される。我々もトラバース中にそのいくつかに遭遇した。危険
  なほどではないが滑走スピードが早ければそこに突っ込む可能性もある。
 ・さて、雪渓トップで大休止。雪面はほど良い上質ザラメ。雨溝もなく滑
  降には申し分ない。人間が豆粒に見える大斜面を気儘にルート取りして
  いくのはまったく快適この上ない。駐車場まで滑りこむことができた。
 ・登山や滑降の楽しさも去ることながら、この時期の東北は、残雪の白と
  ブナを始めとする、樹々の初々しい黄緑が織りなすハーモニーと、その
  清々しさに心の奥底が清められる思いがするのだ。
 
【参考】
祓川ヒュッテ http://www.city.yurihonjo.akita.jp/yashima/tanbou/haraikawah01.htm 
道の駅「西川」http://www.gassan.co.jp/  

山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top