fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

安達太良山山スキー◆写真 

村野です。

2012/03/18 安達太良山山スキーの記録です。
雨に祟られましたが気温が高く頂上まで行ってこれました。


005登頂   [登頂]

【山域】磐梯吾妻
【登山方法】山スキー
【山行日】2012/03/18
【メンバー】CL村野、小泉
【天気】雨時々雪(二本松市6/11度)
【コースタイム】
 ゴンドラトップ(09:30)-仙女平分岐(10:15)-山頂(11:00/11:30)-
 ゴンドラトップ(12:00)

【内容】

 ゴンドラ駅前に登山口がありトラックと赤布でコースは明瞭だ。
出だしは低木の樹林帯だがヤブは雪の下で歩きやすい。赤布は10~
20m間隔で結ばれているのでホワイトアウトしない限り迷うことは
ないだろう。夏道の仙女平分岐まではゆるやかな尾根を登っていく。
樹林帯を抜けだすと白い山肌が広がるはずだが、今日は霧で視界がさ
えぎられ山の姿を見ることはかなわなかった。

 ここから先は赤旗竹竿が打たれており安心して歩くことができる。
雨の中登っているのでグローブが濡れてきた。気温5℃と高めで体を
動かしている限り寒さを感じない。小泉さんも同様に寒さを感じない
こと。雨がみぞれ混じりになってきた。上に登るほど霧が濃くなり
竹竿3本先しか見えなくってきた。それでもじっくりと登って行
くと硫黄の匂いが風に交じるようになってきた。話し声も聞こえてきた。
ぼーやとした塊が前に見えてくると頂上から降りてくるパーティが
見えてきた。2時間かからず安達太良山の山頂直下に着いた。

 岩陰にスキーをデポして最後のひと登り。「八紘一宇」の石碑前で
記念撮影する。岩陰に戻り行動食を摂り、シールを外す。本当は
烏川沿いに滑降する予定だったが、霧で視界が効かずそれもかなわず。
来た道を戻りことにした。竹竿沿いにターンを決める。雪質がザラメ
ほど滑りやすくはなく残念だった。帰りはあっという間に樹林帯
に戻る。途中頂上ですれ違ったパーティに追いぬいてゴンドラ駅に戻った。
 午後からガラガラのゲレンデでターンの練習してそれぞれ帰路に着いた。

あだたら高原スキー場駐車場 チケット売り場にトイレあり
リフト代(春料金)2,500円
岳温泉:あだたら ふれあいセンター 500円

+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

栂池・ヒヨドリ尾根 遠見尾根山スキー◆写真 

菊池です。
天候不順のなか、友人Sさんの案内で初体験の2ルートに行ってきました。


09 ほっとして魚眼レンズで記念撮影   [ほっとして魚眼レンズで記念撮影]

【山域】北アルプス :栂池・ヒヨドリ尾根付近(17日)
 ・遠見尾根一ノ背髪村尾根(18日)
【日程と天気】17日:雨、上部では雪のち雨、風弱し 
 18日曇り視界やや不良・ほぼ無風 
 新雪15cm、ヒヨドリ尾根付近で最深25cmほど
【メンバー】Sさん(CL)・Hさん・長池さん(TM)・小生(TM)(記)
【行程】17日;ゴンドラ終点ー林道ー早大小屋ーヒヨドリ尾根(鵯峰の西)
 -北面滑走2本-尾根ー南面滑走ー林道ースキー場
 18日:白馬47スキー場ー9:32地蔵の頭ー1870m尾根地点
 (ドロップ地点:10:25)ー一ノ背髪村尾根ー12:46八方沢出合ー林道
 ―14:30スキー場駐車場


・雨の栂池でゴンドラに乗ると、上部は雪模様となっていた。状況を
見ながら行けるところまで行ってみようと林道を進み、早大小屋から
北のヒヨドリ尾根へシール登行した。硬い下地の上に湿雪が15~
20cmのり、急なところでズルズルと滑りやすい状態であり、表層
雪崩が懸念された。途中、遠くでバリバリ音の混じった雪崩れの音が
聞こえた。乗鞍スキー場へのツアーは無理であろうと、とりあえず
北斜面のやや重パウダー滑走を行った(標高差100m位)が、30
度ほどの部分でターンに伴い下部に2~3mのプチ雪崩れが起き、
極めて不安定な状態と判断された。平坦な地形を少し東方向へ向かっ
たがごく近くで(鵯峰付近の急斜面か?)再び、凄まじい雪崩れの音が
聞こえ、この時点で白馬乗鞍へのツアーは断念、登り返して、再度パウダー
ランをもとめ、ノートラを選んで滑走したが、やはり急な部分では
プチ表層が発生する危険な状況であった。早大小屋への南斜面の滑走
では急速に気温上昇、雨に変わり、湿悪雪滑走となった。ずぶ濡れの
まま、長いゲレンデをN氏にテレターンの個人レッスンを行いながら
ゆっくり下った。

・18日は夜間の気温低下は予想以上に少なく、1870mのエントリー
ポイントでも0℃以上あり、前日の新雪も適度に締まり、尾根ルートでは
表層雪崩の危険性は少ない状態となっていた。上部では硬い下地の上に
湿った前日の新雪が10~15cm、ピットチェックを行った後、視界
不良のままGPSをチェックしながら村尾根を下った。コースは概ね
まあまあの滑りやすい雪質であったが、下部に行くと湿雪がやや深く
なり滑走にてこずるようになってきた。最後はかなりの急斜面をルートを
見極めながら八方沢出合付近の渡渉地点(広いスノーブリッジ)で対岸の
林道に上がった。八方側から4~5か所の凄まじいデブリ跡をやや
スリリングに通過し、駐車場手前の堰堤付近をじゃぶじゃぶ渡渉し、
大満足ツアーのフィナーレとなった。

この時期は雪崩れ・滑落・千変万化の雪質など、山スキーツアーとしては
非常に難しい時期である。

今回はツアーには不向きの悪天模様であり、無理は禁物と思いつつ、
親交を温めるべく計画を慎重に実行した。
当初、1日目は八方の無名沢を狙っていたが、ウラヒヨ~乗鞍スキー場
ルートに変更、表層雪崩の脅威を体験し、2日目はなんとか予定通り、
変化あるダイナミックな大ツアーを初体験できた。今後の山スキーの
教訓・参考となる味わい深いイベントであった。

速報はちば山HP掲示板に掲載しました。GPSトラックを含めた報告は
近日中にHPの「山スキーの部屋」に掲載予定です。


+写真集へのリンク+

山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

日向山◆写真 

先週末(3/17~18)は10人で谷川のタカマタギ~日白山縦走予定だったが
悪天で中止。でも週末はなんとしてもどこかへ行きたい4人が日帰りで
南ア前衛の日向山に行ってきました。


06でも展望は抜群(バックは八ヶ岳)   [展望は抜群(バックは八ヶ岳)]

【山域】南アルプス前衛 【コース】日向山 【形式】雪山ハイク
【日程】3月18日(日)日帰り 【天候】曇り
【参加者】CL柘植(記)、神山、大塚、大木
【記録】尾白川駐車場8:15→10:50日向山11:50→13:15駐車場


関東上信越全域で予報が悪いが、ここ甲斐駒周辺は山岳天気予報でお日様
マークが出ていたところ。しかし笹子トンネルを抜けても一向に晴れ間が見えず
こりゃダメかと思ってしまう。ただ尾白川駐車場に着くころは薄日も差して
少し期待が持てる。駐車場から途中の林道までは意外と急登。おまけに
通れないと思っていた林道をクルマが走りぬけていくので、ちょっとガッカリ。
林道との交差地点が「日向山登山口」だそうだが、ここから先は下部と比べると
傾斜も緩んでのんびり登る。3/15(木)の登山記録ではずいぶん雪があった
ようだが、ここ数日の暖かさと雨でかなり融けてしまったようで、あまり雪がない。
ただ出始めるとボブスレーのコースのようになっており、シャーベット状では
あるが、滑らないように気を遣う。山頂と思われるところで三角点を見出すが
山頂標識がない。少し先に展望地があるとのことなので、行ってみるとそこに
山頂標識(山梨100名山)があった。高さ的には三角点地点より低いと思うが、
展望のよさで山頂扱いしているものと思われる。だいたい270°の展望が
楽しめ、甲斐駒本峰~鋸岳、近いところでは鞍掛山~雨乞岳、富士見高原の
向こうには広大な八ヶ岳が雲が多いものの望むことができた。大休憩のあと
下山はあっという間。時間もまだ早いので、尾白の湯(\700)で汗を流し、
大木さん推薦のカフェでピザ・パスタ・コーヒーなどでのんびりしてたら結構
遅くなってしまい、帰りの中央道の大渋滞につかまってしまった。
天気は今一だったが、久しぶりに山の空気を吸い、下界も楽しい一日でした。


+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top