FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

藤坂ロックガーデン岩トレ 

ちば山、樋口です。
「藤坂ロックガーデン岩トレ」を報告します。
藤坂R.G.を開拓された斎藤氏(元・館林山岳会)とお逢い出来ました。
正しい登攀ルートや、クライミングの技などを助言いただき感謝です。
広大なゲレンデで3パーティーだけ、内容の充実した岩トレでした。


【山域】栃木南部
【ルート】アルパインクライミング
【登山方法】岩トレ
【メンバー】CL樋口、SL上茂 澤田、三代川
【日程】H23.12/18 
 05:25千葉出発
 06:00津田沼発
 09:30藤坂ロックガーデン着
  岩トレ
 15:40藤坂ロックガーデン発
 途中、佐野ラーメンきくやにて夕食後、帰葉

【内容】

  岩トレの内容を以下に記す。
① 西壁 パピヨン岩稜 Ⅳ級 22m
核心は取り付き2mと、終了手前のハング中央。
トップ&トップロープのセット・・・上茂さん
登山靴でクライミング、ハングを乗り越えられず・・・樋口
トップロープの回収・・・澤田さん
岩が冷たくて指先の感覚がなくなる。
   
② 南西壁 クラックアラカルト Ⅴ級 33m
核心はスタート取り付け、やや被り気味のクラック。
マルチピッチの練習。上茂さんと澤田さん、三代川さんと樋口でつるべ登攀。
登山靴でクライミング、核心越えに時間かかった(管理者の斎藤氏に御指導いただきました)・・・樋口
上茂さんと澤田さんは2ピッチで。三代川さんと樋口は3ピッチで。

下りは全員、横山会長が伝授する懸垂下降の標準化方法で懸垂下降。
両手を離してもマッシャーでブレーキかかる。

③ リードがセカンドを引き上げ救出する1/3システムのおさらい
④ 南壁 南稜 Ⅱ~Ⅲ級 (南稜テラスまで15m) 
アイゼン登攀の練習
リード&クライムダウンのアイゼン登攀練習・・・樋口

以上です。
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

芦鞍山と笹塒山◆写真 

【山域】上毛三山 
【山名】芦鞍山と笹塒山 
【形式】日帰りハイク×2
【日程】2011.12.17(土)芦鞍山 12.18(日)笹塒山  
【天候】晴れ
【参加者】CL柘植(記)、大木、藤、井上、村松、杉山、加藤、藤平(新人)

20静かな笹塒山の山頂

【記録】

12/17芦鞍山 登山口(天狗の湯)10:50→12:05芦鞍山12:30→13:30登山口
 芦鞍山は吾妻渓谷入口に門番のごとくそびえる山だ。短時間で登れて周囲の
山の展望に優れているというので初日の山に選んだ。八ツ場ダムに沈む地域の
振興策として建てられた天狗の湯に駐車して11時近くの遅い出発。山頂までは
1時間少しで着いたが思ったより急で脆い尾根の登りが楽しかった。山頂からは
吾妻線沿線の山のほか、白砂山から上越国境の山が見えるらしいが、雪雲に
隠れてチラッとしかその姿を拝めなかったのが残念。下山は別の尾根を考えて
いたが不明瞭なため無理せず往路を戻る。まだ早い時刻なので、「やんば館」
という八ツ場ダムの広報センターの見学に行く。もう何十年も前からモメている
ことを知るが、今再びホットになっているのに施設はとっくにくたびれ果てた感じ
になっていた。風呂は河原湯温泉(石鹸シャンプーなし)組と天狗の湯組(あり)
に別れて入り、中之条町のラーメン屋で夕食、そのあと道の駅霊山たけやまで
幕営。クリスマス電飾でえらく華やかだったが電飾のあかりでヘッデンも不要な
明るさ、おでんをつつきながらの楽しい宴会で一日を終えた。

12/18笹塒山 登山口8:05→林道終点9:05→10:25笹塒山10:45→11:50登山口
 笹塒山(ささとややま)も知名度のない山だが、浅間隠山の東方にムックリ頭を
もたげるヤブ山だ。柘植は去年の1月にお隣の竜ヶ岳に登っているが、この笹塒山
も気になる山で今回の山行に入れさせてもらった。マニアには登られている山なので
一部短い急登もあるが、概ね登りやすい尾根道である。テープもあることはあるが
肝心なところになかったりして侮れない山ではある。登山口から2時間で山頂着。
今日も朝は快晴なのに、昼近くになると雲が出てきて展望をさえぎってくれるのは
昨日と同じだ。ここから西方を眺めると大きな浅間山が手前の山に隠されてしまう。
この山を浅間隠山とよぶ所以を実感できた。今日も往路を忠実に戻る。温泉は近くの
はまゆう山荘。ここの風呂も4回目でこの辺の山に来たときはいつもお世話になる。
こんな山の中にと思うほど小奇麗で立派な施設で、いつも近くにテントを張って風呂
だけ入れてもらうが一度は泊りたい宿だ。広い温泉にゆっくり浸かって昨日今日の
山行を振り返る。今回のエリアはちば山はおろか一般登山者もほとんど訪れない
山域と思うが、こういった山はいつ来ても新鮮だ。冬でも積雪は少ないので地図を
しっかり読める人には冬のひなびた日溜りハイクにお奨めです。


+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top