FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

至仏山山スキー◆写真 

【山域】 尾瀬・至仏山
【形態】 山スキー
【日程と天気】 2011年4月24日(日)快晴
【メンバー】 CL石橋(記) SL長池 SL鶴田 横山 住田 村尾 舟山 神山 石井 小泉 新潟組2名
【行程】 戸倉駐車場7:25~鳩待登山口9:00~至仏山山頂13:00~ムジナ沢(滑降)~山ノ鼻14:40~鳩待登山口16:30
【注意事項】 山スキー山行では、スキーを付けて担ぎ、行動できるようなザックが必要です。


17、至仏山頂にて2

・戸倉駐車場で新潟組と落ち合う。戸倉駐車場から鳩待登山口までバスに乗り換えたが、車道の標高が上がると
道路が薄氷状態で走行できない車で渋滞になり、途中でバスを降ろされる。鳩待登山口まで15分くらい歩かされた。

・快晴の真っ青な空と真っ白な雪で、鳩待登山口はスキーヤーや登山者でにぎわっていた。
スキーにシールを付け、身支度を整え歩きだす。

・悪沢岳~小至仏山の稜線に出ると360度の展望で尾瀬ヶ原の後ろに燧ヶ岳、日光、会津、谷川、越後の山々が見渡せる。

・山頂は今まで行った3回の中で一番の混雑状態・・・日差しも風も穏やかで大休止をして、ムジナ沢の滑降にむかう。

・滑り出しは一部アイスバーン状態で慎重に雪面を確かめるように滑る。
昨年に比べ、頂上直下は雪が少なく、一部地面、岩が露出していたので、雪のあるところまでスキーを担いだ。
その後の雪面は滑りにくいモナカ雪状態で、大斜面を悪戦苦闘しながら滑ったが、
高度が下がるとちょっとは雪面も弛み、山スキーを楽しむ余裕もでてきた。

・湿原に下りる手前で右斜面をトラバースして山ノ鼻に滑り込んだ。

・山ノ鼻から鳩待登山口まではシールをつけて上り帰す。最後の急坂を上り終えて、至仏山スキーを終了した。

・週末の天気予報が土日共、雨という予報に計画変更を二転三転してしまいました。ぎりぎりになって天気が好転し、
信濃支部から天気の助言をいただき、最初の計画とおりの実施となりました。
当初15名参加が10名になってしまいました。
不参加を余儀なくされたメンバーの方には、誠に申し訳ありませんでした。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川岳マチガ沢雪上訓練 

こんばんは。堀内です。
大変遅れましたが、4月24日の雪上訓練報告です。


【日時】2011年04月24日(前夜発) 
【目的地】マチガ沢(谷川岳)
【メンバー】CL橋本、澤田(淳)、井上、樋口、堀内(記)       
【天候】晴れ のち 曇り
【コースタイム】
 訓練時間6:00 ~14:00
【ヒヤリハット】なし

【内容】

先々週に実施の予定であったが、悪天のため中止。今回も悪天の予想であったが
、直前に変わり、当日の朝は雲一つない晴天となった。以下、訓練内容である。
① キックステップ(登り降り、トラバースの練習)
② 滑落停止
③ ビレイ
④ セルフレスキュー

 前日発で出発。翌日は晴れの予報であるが、向かっていく途中は雨・風が強く
、本当に晴れるのか不安になる。1時半ごろ、土合の駅に到着。翌日、5時起床。
前日の雨とはうって変わって、快晴。

 30分ほど歩き、マチガ沢まで向かう。途中、キックステップの講習を受けなが
ら、訓練場所へ準備を整え急な場所にてピッケルを使った滑落停止訓練を行う。
キックステップは、ある程度感覚がつかめたが、滑落停止の感覚がなかなかつか
めず。同時に足を上げるのも忘れてしまい、もう少し練習が必要かなという感じ
であった。他にもシリセードを教わった。

 小休憩のあと、スタンディングアックスビレイおよび腰がらみによるビレイを
教わった。二人ひと組に分かれ、転倒など滑り落ちるのを肩または腰にまわした
ロープを絞り、ビレイする練習をおこなった。腰がらみによるビレイでは、はじ
めは流されてしまったが、しっかりと足場とタイミングを計りコツをつかむ。ロ
ープも急に絞るのでなく、負担ないように徐々に絞るように練習。その後も、ロ
ープにてビレイして危ないところを通過していく練習などをおこなう。  

 最後にロープを使っての下降や登高器代用(クレムハイスト結びやバッチマン
など)教わった。13時半ごろ、快晴の天気の中で谷川を後手にし、訓練後は湯テ
ルメで入浴。水上IC近くの蕎麦屋(坪の庵)で春の山菜天ぷら蕎麦をいただき帰
宅した。総人数ということも有り、内容濃く非常に分かりやすく勉強になった。
CL橋本指導ありがとうございました。

以下、メールにて橋本さんより、教えていただいたビレイ操作方法です。

○スタンディングアックスビレイ
これは、トップがセカンドのビレイに使います。ロープは張られた状態で遊びが
少ないため、負荷の少ないビレイ。
①ピッケルの頭部のホールに捨て綱を結び、先端にカラビナを取り付け雪面に蹴
り込む。
②登攀者に結んだロープをこのカラビナ⇒肩がらみのビレイ体勢をとる。
③ピッケルの頭部を足(立つ場の状況で片足でもよい)で踏み、体重をかけてピ
ッケルが抜けないように押さえる。このとき、アイゼンを付けたときには捨て綱
を踏みつけないように注意する。
④セカンドが登っている間、ロープを手繰り張った状態にする。これで負荷が小
さくなるので止めことが容易になる。
⑤登攀者が墜落した場合、確保者の肩からピッケルに付けたカラビナと下向きに
ザイルの荷重がかかるので、肩がらみで墜落を止める。下向きの力なのでバラン
スが保ち易く、足の力で止めることができる。

○腰がらみによるビレイ
腰がらみは、セカンドが登っていくトップをビレイする場合に利用する。このビ
レイはトップまで出て行ったロープの長さのビレイをしないといけないのでロー
プに負荷が掛るまでの時間を要するため、滑落者の速度が速く、それだけビレイ
に負荷がかかるのでロープを流して確実に止めるようにする。
①雪面に腰掛ける、バケツを作る。足場は荷重がかかるところなのでしっかりと
した足場にする。膝が少し曲がる位のスタンス。
②腰のバケツの上にピッケルを刺し、セルフビレイをとる。自分が滑落をした場
合のビレイポイントなのでしっかりしたビレイにする。
③腰にザイルを回し、トップを登らせる。滑落したら、できればロープを手繰り
、流す長さをできるだけ短くする。ザイルを腰に巻き付けるようにビレイする。
腰に接するザイルの長さを多くする。つまり、摩擦による抵抗を増やして止める。


以上

講習・訓練・トレーニング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

乗鞍高原渓流釣り 

【山域】乗鞍高原周辺
【形態】渓流釣り
【日程と天気】2011年4月23日雨 24日快晴一時雪
【メンバー】CL池田 渡邊(三) 足立(光)
【行程】両日共、梓川支流前川(標高1.500~1.700m付近)
【注意事項】渓流釣りは、片手に釣竿を持って行動しますので、沢登講習を受講した方が望ましいです。


今回は、落差の少ない川にて、渓流釣教室(何が何でも、一匹釣って食べる)を開催しました。
メンバーは、ベテランの3ちゃん、初めての足立さんと池田の3名です。
生憎の小雨で、条件が悪い中、ポイントの見つけ方、川虫の見つけ方、餌の流し方、竿さばき等を実践しながら釣り始めなした。
初めての足立さんに、イワナが掛かってしまいまだ取り込み方を、教えてなく慌ててしまいました。
初日の成果は、3時間で3ちゃんの25㎝が頭で、25~20㎝位が6匹、それ以下はリリースしました。
雪しろが、入ってきたので12時に納竿としました。

2日目は、快晴で青い空に真白な乗鞍岳が美しかったです。
雪の林道を30分程行くと釣り場につき、早速餌取りをして釣り始める。
3ちゃんは一人で、足立さんと池田組で場所を決めて釣り始めたら、またしても足立さんに掛かる(これってアレですよね)。
時折雪が激しく舞い始めるが、時期に止んだので釣りを続けました。
昨日より水温が低く、魚の活性が悪くて当たりが良くありませんでした。
こんな条件の中、3ちゃんは黙々と釣りまくり25~26㎝を釣り上げていました。
足立さんも、楽しそうに釣り上げハマっていました。
雪しろが入り始めたので、13時に納竿して下山しました。
2日目は、26~18㎝位を13匹、以下はリリースと釣り落としが多かったです。
次回は、囲炉裏で焼いて飲みたいです。

池田談 3ちゃん、足立さんが釣れて良かった。 イワナさんに感謝 感謝です。
     3ちゃん、足立さん満足でしたか?
     紀行文で済みません。
沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top