FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日光女峰山◆写真 

11女峰山はあきらめて記念写真を撮って帰ることにする

【山域】日光 【ルート】黒岩尾根から女峰山
【日程】4月2(土)~3(日) 【天候】晴れ
【参加者】CL柘植、澤田、加藤、鈴木、樋口
【記録】
4/2(土) 滝尾神社9:00→七滝遥拝所14:00→17:00幕場

滝尾神社からの入口が分かりにくいが、NETでよく調べてきたので、行者堂への道に
たいして迷わずに入ることができた。行者堂から尾根筋に出るまでは以外と荒れて
おり、あまり通る人はいないのだろうか。しばらく行くと道は高原状になり、前方には
女峰山が見えてきてムードが高まる。稚児ヶ墓をすぎるまでは夏タイムより少し遅い
程度でなかなか順調。そのうち雪が出てくるが今日のトレースに助けられてそんなに
苦労しないで歩ける。そのうち一人登山者が降りてくるが、黒岩の先で引き返してきた
とのこと。この人のおかげで楽をできた?でもその先が気になる。黒岩は山頂は通ら
ないで、山腹をトラバースして七滝遥拝所という雲竜渓谷の展望台に着く。ここで14時、
重荷のせいで当然夏タイムよりは遅いがあと2時間もあれば唐沢小屋につけると踏んで
いた。しかしこの先の急斜面でトレースが終わると、一気に雪が深くなり、ペースも
がっくり落ちる。ワカンを装着してもヒザから股くらいのラッセルになり、時間だけが
どんどん過ぎていく。夏道を示すプレートも見当たらなくなり、ルート自体が怪しくなる。
地図上の道と実際の道は違うようであり、GPSも役に立たない。17時を過ぎた時点で
唐沢小屋はあきらめ、適当な緩斜面を整地して幕営する。小屋泊の予定だったが、
テントを持参してよかった。水も持ち上げているので、すぐに炊事に入れる。テントに
入ってしまえばいつもの世界、楽しく宴会&夕食をとって今日一日の疲れをいやした。

4/3(日) 幕場7:55→11:30滝尾神社
女峰山はあきらめて今日は下山と決めていたので、ゆっくり起きて出発する。昨日苦労
した深雪も朝はしまっているので、アイゼンをつけて快調に下る。稚児ヶ墓あたりからは
雪もなくなって土を踏みしめて歩く幸せをかみしめる。ちょっと考えが甘く、深雪に敗退
してしまったが、一ヶ月ぶりの雪山は山に登れるありがたさをしみじみと感じた。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top