FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

松生山読図山行◆写真 

松生山から浅間尾根 読図山行報告  +報告書へのリンク+

13 吉野梅郷A

【山域】奥多摩(檜原村)
【ルート】本宿の採石場から松生山
【日程】3月26日(土)
【天候】晴れ、風強い
【参加者】CL辻本、足立透、加藤(記録)
【報告】 8:20 払沢の滝駐車場→8:40取り付き→10:35 780Mピーク→10:55払沢ノ頭→11:35松生山→13:00駐車場戻る


浅間尾根の東側にある松生山から東側はあまり人が入らず、本宿付近から読図をしながら尾根を拾って松生山から浅間尾根に行くコースを辻本さんが計画した。取付き地点は本宿の南側石灰岩採石場の南側の沢を地形図で確認し、道路の土留め壁の低くなった所(標高300M)を強引によじ登る。踏み跡のない斜面を木、根を掴みながら行くと細い尾根に出る。右に沢を確認し、ヤブは濃くないが足場の悪い痩せ尾根を落石に注意しながら慎重に進む。540Mピーク付近から歩き易くなるが、赤テープなどの目印はない。やがて落葉樹林となり右前方にひときわ目立つ780Mピークが望め、笹尾根など周囲の山々が見えてきた。快適に尾根を進むと笹平からの明瞭な登山道と合流する。この登山道は破線であるが、踏み跡はしっかりある。858Mの払沢の頭には道標があり、アップダウンを繰り返しながら大きな山容の松生山に到着し、大休止。今日初めての登山者と会う。北側には御前山から大岳山の稜線が望め、鞍部に鋸山、奥には雪の付いた長沢背稜の三ツドッケの特徴
ある3つのピークも見える。あとは浅間嶺手前の広い登山道を時坂峠を経て快適に下る。時坂の集落には福寿草が咲いていた。林道には杉花粉が強風に舞っているのが見えた。早めに下山したので付近の寄り道も楽しんだ。払沢の滝入り口の豆腐店、吉野梅郷(花は遅かった)、つるつる温泉(おぼろ豆腐美味)に立ち寄り、充実した一日を過ごすことができた。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top