FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

オジカ沢◆ 

【山域】谷川 
【コース】オジカ沢 沢登り
【日程】9月11日 
【天気】晴れ 
【メンバー】 CL平野 上茂(記)
【タイム】5:00出発~6:30中ゴー尾根付近河原入渓~7:00F1滝~12:00二俣~
12:30大滝80m~14:30三俣~16:10避難小屋~16:13オジカ沢の頭~21:00駐車場


015オジカ沢の頭

午前4時はもう明るくない。季節の移ろいを感じる。道の駅から谷川温泉駐車場に移動。
一応ビバークもありで装備はそれなり。私なんてクライミングシューズまで持っての
気合の入れよう。蛭の潜む小道を一時間強歩き、中ゴー尾根口付近の川原で、沢靴に
履き替える。石ころがころころしてると思ったら満腹の蛭が靴の中からコロンと飛び出す。
念入りに退治して遡行開始。
すぐにオジカ沢入り口のF1。左のルンゼを上がり右に潅木の中を無理やりトラバース。
沢に降りるにはかなり急斜面なので藪の中懸垂で降りる。しょっぱな結構時間をくって
しまった。白っぽい岩を流れる明るくて綺麗な沢だ。つるんとした側壁は時々傾斜が強く、
アクアステルスで軽快に行く平野さんにお助けしてもらいながら進む。べた塗りの青空、
日差しもだんだんと強くなり、じりじりとお肌を焦がす音が聞こえそう。
大スラブ地帯に差し掛かりちょっと開放感を抱く。それも束の間、40m大滝に到着。
ちょっと濡れてはいるが、水流の左側が登れそうなので、時間短縮とロープ出さずに
登ったのが大きな間違い。手がかりが細かくて、上部で行き詰ったが、運良く残置発見。
不確実なことはやめようと心に誓う。

続いて、よく写真でみる2段40mチムニー滝、右壁のクラック沿いにカムを装着しながら
登る。2段目はブッシュを目指し、潅木にランニングを取りながらトラバース気味に登り
落ち口へ。途中腐ったハーケンが2箇所ほどあった。幕岩が左頭上に迫る。回り込むように
沢は上がっている。2段80m滝は水流はトイ状になり、明るくて威圧感はない。
左壁が緩やかで乾いたところを登れる。大滝は越えたものの、まだ手ごわい小滝があると
いうので気が抜けない。登れない8mくらいの滝を左草つきから巻くと、飛び降りないと
沢床に戻れなそうな感じになる。絶対飛べない、岩にシュリンゲをかけてぶら下がって
無理やり着地。結構怖かった。

そろそろ三俣というところで嫌な滝があったので巻く。草つきから潅木目指し左へ
トラバース。笹がよく滑りもう疲れもあるし腕がパンパン。するとまた変なスラブ滝
みたいなのがどうだとばかりに出てくるのでついでに巻く。源頭の滝をいくつか越えると
いよいよ詰めだ。ザレ場から笹原にもぐり、急斜面を漕ぐ。草が混じりちょっと傾斜が緩む。
ガスが出てきたので見通しが悪いが、深い笹を掻き分けると避難小屋が見えた。
ひと登りでオジカ沢の頭。何とか下山できる時間であるし、降りてビールを飲もう、
しかしかなり疲れはあるのですっ転ばないようゆっくり下山させてね。
中ゴー尾根を下降中、ヒツゴー沢に4人パーティーがもう5時だというのに遡行してる姿が
あった。そして反対側にはオジカ沢。2年越しでようやく達成できた。
今こうして見てもなかなかのものだ。よれよれの体を引きずるようにして河原に到着。
蛭の楽園では朝にも増して歓迎された。長い一日が終わり温泉宿の明かりが緊張から
解放してくれた。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

富士山御殿場口 

たそがれの富士登山報告です。
富士山は本来馬返しから登るのが好きなんですが、自分の力では日帰りが難しいので
御殿場口から登ってきました。
君津から御殿場口までアクアラインを使うと2~3時間で登山口まで行けます。
富士山への登山口は色々ありますが御殿場口以外の5合目は標高が高すぎ距離も短い
ので勿体無い。
御殿場口の標高は1440メートル、距離11キロで、ここから一気に2300メー
トル登ります。
日帰りで2000メートル以上登れる山ってなかなか無いです。(常連さんは3時間
30分で登ります。)


【1回目】単独で8月7日に登りました。
夏風邪をこじらせ体力が落ちているのでゆっくり登りましたが、それでも標高330
0メートルを超えると酸欠で更にゆっくりペースになりました。
登りに6時間、下りに2時間かかりました。

【2回目】8月11日、トレランを通じて友達になった風の又三郎さんと登りまし
た。
又三郎さんはランナーですが登山の経験が少なく7合目を過ぎたあたりから高山病に
かかってしまいました。
下山すべきか登山を続けるか迷いましたが、ゆっくり歩いて体調が更に体調悪くなっ
たら即下山することにして登山を続けました。
7合目以降ゆっくり、ゆっくり登り、何とか剣が峰に立つことが出来ました。
登りに6時間40分,下りに2時間30分かかりました。
来年高速料金があまり値上がりしなければ、体力を付けるためちょくちょく通おうか
と思います。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top