FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

布沢川 大滝沢◆写真 

村野です。

布沢川 大滝沢の記録です。
田中さんが、飯豊であった雷雨に只見山中で会い。途中で戻ることになりました。


03陽光の滑床

【山域】只見
【登山方法】沢登り
【山行日】2010/07/17
【メンバー】CL村野、会員外
【天気】晴れ後雷雨
【行程】入渓(10:00)-魚止滝(11:15)-高度700m 距離4.3Km地点(13:00)-入渓点
(14:45)
【内容】

 只見町布沢川-大滝沢に釣り&沢登りに行った。目が覚めた二人が目にしたのは、
「永久禁漁河川」... 巣山さん、そりゃここで釣りすれば釣れるでしょうが。人と
してどうよ。小山工場のおじさんからのガセネタ、それとも古い良き時代の記憶?片
道300Km・ブドウ虫は意味なし。
 気を取り直して、渓流散策ということにして遡行を始める。
 入渓してすぐに滑床が目の前に広がる。陽光を浴びながら、恵みの森を歩く。沢水
に濡れるのがとても心地よい。
 どこまでも広がる一枚岩の沢、足元を駆ける岩魚、ブナ・ナラが織り成す広葉樹の
森。岩から湧き出す、森からの恵みの水でのどを潤す。魚止滝を越えてもまだ滑床が続
く。
 沢はだんだんと両岸からヤブが覆い始めた。高度700m 4.3Km地点で昼食とする。お
にぎりを食べていると、ポツポツと降ってきた。遠くで雷鳴が聞こ始める。だんだん
と降りが強まってくる。カッパの上着をはおり、しばらく様子を見る。
 雨がだんだん強くなり、雷鳴が近づいてくるのがわかる。鎌倉山まで2kmを切って
いたが、雲と降りの強さを見て、遡行を打ち切り戻ることにした。
 沢の水は、透明感を失い濁り始めた。魚止滝に戻った頃には、濁流一歩手前という
様相となった。すり足で沢底の感触を確かめ、駐車場に戻り終わった。
 只見線が、警戒雨量を越えたため運転中止となっていた。

季の郷湯ら里 600円


+写真集ヘのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top