FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

両神山金山沢左俣沢登り 

【日程】6月26日日帰り 
【場所】両神山 金山沢左俣 
【天候】小雨
【参加者】 CL柘植(記録) SL池田 石井 加藤
【記録】 落合橋10:15→(金山沢左俣遡行)13:15西岳→15:00落合橋


土曜日=八丁沢、日曜日=秩父槍ヶ岳の予定だったが、日曜の予報が
よくないので、日帰りで金山沢左俣のみを目指した。土曜は曇り程度のハズ
だったが、あいにく落合橋を出るときから小雨、当日は一日中止むことは
なかった。ただ稜線ちかくの岩盤の露出した沢なので、すぐ水が引くため
梅雨の最中だが水量は少なめ、また落ち葉もないので以前苦労した右俣と
ちがって楽しく遡行できた。全体としはほぼガイド通りのラインで登れた。
核心の2段12m滝は流芯を横切るので全員カッパを着て登る。傾斜は
あるが比較的ガバが多いのでそれほど困難ではないが、水量が多いときは
厳しいだろう。最後の二俣は間違える人が多いようだが、しっかり地図を
読んでいたので予定とおり左へ入れた。70mナメ滝を楽しみ、もろいつめから
枝尾根を急登すると西岳のすぐ右の稜線に出られた。ここから八丁峠へは
一般登山道だが、雨で濡れた細いクサリはすべりやすく気をつかった。
八丁峠からはそれまでの難路がウソのようなのんびり下山道でやはり最後は
これでないと。道の駅大滝温泉で汗を流して相変わらず雨の中を千葉に戻る。
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三つ峠岩講習◆写真 

田中です。
26日の三つ峠岩講習の状況報告です。


Nさんの登攀

リーダー富樫・長池・上茂・井上・赤羽×2・渡辺(理)・吉川・住田・広木(愛)・田中11名

26日朝4:30鬼高IC集合~6:00談合坂にて赤羽さんと合流して 裏三つ峠口へ。
準備体操の後で、出発、山頂小屋につく頃より、雨模様となるが雨天時の
アルパインルートを想定し雨具装着とザックを背負い、まずは階段状の岩場で
登攀の基礎の復習と軽い練習と懸垂下降の方法を講習の後に一般ルートから
登攀を田中と渡辺を除くメンバーは3パーティにて登るが途中で雨が強くなり
2ピッチほどで懸垂下降で戻る。
渡辺は下でボルダリングでホールド・スタンスの使い方と乗り方を習う。
全員で荷物を纏めて、競争するようにして下山するがランナーと若手に我も負けずと
急ぐが駐車場には後れをとる。駐車場にてセコンドの確保の講習の後に帰途につく。
途中のスバルラインの出口の近くの溶岩温泉(700円)に入り一路帰途をする
(田中宅21時ころ帰宅)。


+写真集へのリンク+
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top