FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

奥多摩峰谷川宮沢沢登り 

柘植です。今シーズン初沢に行ってきた報告です。

 【日程】4/18(日)日帰り 【場所】奥多摩 峰谷川 宮沢
 【参加者】L柘植、小俣 【天候】晴れ
 【記録】 入渓地点(学校プール横)~倉戸山まで3時間


峰谷川宮沢は昨年秋に計画したところだが、当日あまりに寒いのとあまりに
天気がよかったので、御坂の王岳に化けてしまったところだ。今回も昨日まで
異常な寒さだったので、迷ったのだが好天のようなので出かけることにした。
奥多摩湖畔の道には除雪した雪が堤になっており、遠くに見える山は雪が
べったりとついていて、この先が思いやられる。ほぼ半年ぶりに身支度して
入渓すると水が異常に多い。ここ2日くらい降り続けたのだろうから当然か。
ちょっとした釜もとりつくのが大変だし、やはり久しぶりなのでバランスが悪い。
昨シーズン末に捨てるはずだったフェルトのなくなりかけた沢靴も滑りやすい。
途中の5m滝ではまってしまい、巻いた小俣さんに今期初シュリンゲで救出
してもらう。ここから先は中小いろいろなサイズの滝があるがどれも直登できて
結構面白い。ただツメはすべりやすい急峻な斜面が続き、なかなか緊張させ
られた。このあたりがグレード中級の所以か。倉戸山頂上は全くの雪山で
沢靴がポックリになってしまうが、靴を履き替えてもドロドロになってしまうので、
何度も転びそうになりながら奥多摩湖畔に下った。奥多摩湖畔は桜・ツツジ・
梅がいずれも見ごろで春爛漫といったところであった。
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

鍋割山山行◆写真 

田中です。鍋割山山行報告を致します。
メンバーは田中・横山です。


201004180650.jpg

17日朝9:45に昨夜からの季節外れの雪に白く輝く丹沢(鍋割)を目指して歩みだす。朝の内は雨模様で山並みから少し外れた二俣方面に行く人はまばらであった。二俣で水を10数リットルをザックに詰め少したけ負荷を掛けて、雪が見えて来た鍋割山稜を鍋割山荘に13:00ころ入り、雪山(5~10cm)となったガスに包まれた稜線を塔ヶ岳まで登り(15:00)往路をたどり、山荘に16:00過ぎに戻り、暖かい山荘で、丹沢祭りのイベントの緑の集いの夕食会で楽しみ一夜を過ごす。

18日は登山道の補修事業に微力ながら参加して働き、小屋主の心遣いの鍋焼きうどんを頂き、13:00に下山を開始し往路をたどり自分たちの手直しした道を踏みながら15:00に大倉に辿り着く。今回は連休に向けた足馴らしを含め自らの体にカツを入れるため行ったが 前日の雪で ミニミニ雪山と美味しい食事とワインと酒に酔う山行となり横山さんと語り合う一時となり
ました。

拙い短歌です

「丹沢の 祭りに寄せし ボランティア 真白き富士に 春雪の鍋」

+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top