FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

四阿山山スキー◆写真動画 

菊池です。
山スキーも後半の残雪期シーズンが始まりました。絶好のツアー日和に恵まれた初級・中級向けルートの四阿山の報告です。


14 北アルプスをバックに

【山域】四阿山
【日時と天候】2010年3月14日(日) 快晴 午前中はやや低温、徐々に風は弱まる
【メンバー】CL菊池・長池・加藤・石井(恵)・住田・神山
【行程】千葉(海浜H) 発3:45-7:40四阿山高原ホテル駐車場(標高1450m)8:20ー登山道ルートー山頂ー牧場ー12:00山頂(標高2350m)12:30-登山道ルートに沿って滑走ー1840m地点より南斜面標高差140m滑走ートラバース気味に西方向へハイクアップ(標高差80m)ー牧場ー15:40四阿山高原ホテル


・前日は高温・強風であったが、その後の冷え込み・数センチ~10cmくらいの新雪がみられ、徐々に風が弱まる快晴・絶好のツアー日和であった。
・小生にとっては四阿山は5回目である。今期テレマークで山スキーを始め、今回が3回目のツアーの住田さん、ツアーデビューの神山さんを加え一行6名は順調に山頂に向かった。牧場の緩斜面から徐々に斜度は増すが、初級向け斜度が多いルートである。山頂直下の狭い急斜面の登行はガリガリでいつも苦労させられるが、今回は前日の降雪で全員難なく頂上へ到達でき、持参したアイゼンは無用であった。
・初体験者にはややスリルを感じる細尾根(ナイフリッジ?)から望む北アルプスの雄姿、ポーズをとりながらの記念撮影、風も弱まりのんびりできた山頂でのひと時であった。
・上部のオープン斜面は滑り安い雪質となっており、練習熱心な住田さんのテレマークターンはなかなかであった。デビュー戦の神山さんはしきりに、上手くいかないを繰り返し「自信をなくした}と口走っていたが、慣れてないだけでこれから山スキー実践に十分耐えられそうであった。石井さんのスキー技術は経験に裏付けられた上手さがみられた。
・適度な中斜面に移行するがやや薮が濃く、雪質も重くなりスキー操作に手こずった。

・あまりにも好天に恵まれたため、ゆっくりゆっくり景色を楽しみながら、動画をとりながら下った。
・四阿山高原ホテルの温泉にちば山の掟を破って入浴。(タオル付き1000円のところ長池さんが準備万端、ネットで割引券を持参800円でタオルもゲット)、浅間山を眺めながらの露天風呂は、長丁場の疲れを癒すのに効果満点以上であった。
・1000円高速の影響か、またしても大々渋滞!!我が家に着いたのは12時近かった。長池さんには、いつも車を出していただき、メンバーのピックアップなどいつも大変お世話になり、ありがとうございます。


+写真集へのリンク+
+動画へのリンク+
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

赤沢山~白毛門縦走◆写真 

岳人3月号に「残雪がくれた贈り物」という表題で谷川の赤沢山~白毛門への
周遊コースが紹介されていたので、出かけてきました。


19.谷川東面をバックに

【日時】3月13(土)~14(日)【場所】谷川連峰 赤沢山~白毛門山
【参加者】CL柘植(記),SL三代川,吉川,渡辺(理) 【天候】概ね晴れ
【記録】

3/13(土) 白毛門駐車場11:00→赤沢山14:30→16:00宵ノ越山手前幕場
 またまた関越が事故渋滞で土合駅着が10時過ぎになってしまった。おまけに準
備して出るときは小雨模様でどうもあまり気合が入らないスタートだ。雪に埋も
れた白毛門駐車場に行って見ると、赤沢山に向かう急斜面にラッキーにもトレー
スがある。途中かなり急なところもあるが、ステップがしっかり切られているの
でワカンもアイゼンも履いていないが登れる。傾斜が緩んでくるころ天気も回復
してきて気分爽快!これからたどる周遊コースもバッチリ見える。赤沢山はかわ
いいとんがりピークで、ここまで来ると上州武尊山から尾瀬や会越国境方面の山
々が美しい。いよいよここから周遊コースに踏み込む。積雪は1.5mくらいはあり
そうだが、雪がしまっており、また先行者のトレースのおかげで相変わらずワカ
ンなしで歩ける。1391mピークを下ったところでテント2張り発見。彼らはどう
も白毛門から来たようだ。我々はもう少し先まで頑張って緩やかな尾根上にテン
トを張った。スタートは遅れたが、5時間頑張ったので、予定の場所にほど近い
ところまで来れたようだ。宴会して寝るころ空は満点の星となって明日への期待
が高まる。

3/14(日) 幕場6:10→宵ノ越山→丸山越7:30→10:20白毛門山10:50→13:30駐車場
 期待したほど良い天候ではないが、高曇りで行動には問題なし。ただ今日は昨
日よりもぐるので、宵ノ越山を越えて丸山の登りにかかるところでワカンを履
く。丸山は登らずにトレースはトラバースでして丸山越へ向かっていた。丸山越
は東黒沢を遡行してウツボギ沢へ下ったときに越えたところだ。あのときは背丈
を越えるヤブがあったが、今は一面広大な雪原となっている。ここからは白毛門
目指して登りに入る。最初の急斜面を越えると空も一気に晴れてきて春山気分全
開となる。緩やかに登っていくと最後のピークにはもう人が見える。待望の白毛
門山頂に立ったときは残念ながらガスってしまったが、出発するころ急にガスが
とれて、突如360度の大展望になってしまった。思い出話に一気に花が咲いて、
写真を撮りまくる。下山はさすがにワカンでは危ないので、アイゼンに履き替えて
下る。登山者や山スキーヤーが多く、トレースはバッチリだが、グサグサの雪に
足をとられながら2時間半ほどで白毛門駐車場に帰還。昨日の我々の踏み跡を
横目に見ながら満ち足りた気分で土合駅まで歩いて今回の山行を終えた。


+写真集へのリンク+
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

入笠山、北八ヶ岳 

室です。
13〜14と入笠山と北八ヶ岳の雪山ハイキングに行って来ました。


【3/13 入笠山】メンバー 室 友人×3 計4名10:00 入笠山登山口駐車場スタート 11:30 山頂  12:50 入笠山登山口駐車場
前日金曜日が送別会だったため、かなり寝不足での強行軍。天気予報では、夕方から崩れるとの事だったが山は早く天気が崩れるらしく、駐車場についた時からポツポツ雨が。小雨だったのでカッパを着て登り始める。緩やかな登りで、寝不足でもナントカ大丈夫。スズランで有名な山だが、この時期はほとんど人もいなくて静かであった。1時間半で頂上に到着、風が凄くて早々に退散し、宿泊先のホテルで自炊宴会。夜はもの凄い風が吹いていた。露天風呂はめちゃめちゃ寒かった。

【3/14 北八ツ】メンバー同上
9:40 ピラタスロープウェイ駅 9:50 坪庭 12:00 北横岳 12:30 三ツ岳 13:00 ロープウェイ駅

今日は昨日とうってかわっての快晴で、風もない。雲1つない素晴らしい天気に気持ちもウキウキしてくる。今日のコースは夏には何度も歩いているが、雪の時期は初めて。初心者でも問題なく歩けて、しかも景色は素晴らしい。北横岳ヒュッテまではアイゼンなしでも歩ける状態で、ヒュッテから先が傾斜がきつくなるのでアイゼン装着。たくさん人が入っているので、適度に締まって歩きやすい斜面だった。三ツ岳は少々岩場があったため、同行のなかで初心者の女性がちょっとビビっていた姿が、ちょっと前の自分のようだった。ミツ岳から雨池山へ向かう斜面がけっこう急斜面で、南斜面のため雪もぐずぐずに融けていたのでアイゼンも効きにくく、慎重に下りて行く。こういうところも前だったら怖くてお尻引けまくっていたなーと思いながら下りて行った。無事雨池山も越えて、縞枯山荘の前でアイゼン外して下山、高速も渋滞はほとんどなくスムーズに帰れた。今日は南アルプス、中央アルプス、北アルプスに妙高、浅間山、両神山まで360°見渡せて本当に良かったです。おかげで日焼けして顔がヒリヒリ、またシミが増えるな…
今回宿泊のホテルは会社の提携保養所で、キッチンがついて自炊可能かつ高級感あふれる施設で皆さん満足でした。同系列が安曇野にもあるので、常念とか近いし、行きたいな〜と思います。いつもテントだけどたまにはこんな贅沢も良いでしょう。ちなみに宿泊費は4200円+ザービス料10%。山小屋の素泊まりより安い!もう年なのでこういうラクチンも良いな。。
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。