ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

霧降高原丸山スノーハイク 

2009/12/30(曇り)
【山域】日光
【ルート】霧降高原 丸山ハイキングコース
【登山方法】ハイキング(スノーシュー)
【山行日】2009/12/30
【メンバー】村野(記)
【天気】曇り
【行程】駐車地点10:00-分岐10:30-八平ヶ原11:00-丸山12:30-キスケ平(スキー場
トップ)13:00-駐車地点13:30
【内容】

 今年最後の山登り。で朝寝坊。8:30起床で出発10:00。冬季閉鎖の霧降高原スキー
場から歩き始ます。結構、トラックがある。最初の分岐に着くと、トラックはすべて
キスケ平へ向かっている。でも周遊コースと決めていたので、ノートラックの八平ヶ
原へ向かう。トラックはないが、積雪30cm程度なのでハイキングコースはわかる。曇
天がうーんちょっと、でも静かなコースが気持ちがいい。八平ヶ原までは高度も上げ
ないので、雪の散策。八平ヶ原のコース案内に着き小休止。
 丸山へ登り始めると雪が増えてきた。ようやくスノーシューの出番。尾根に登ると
雪がどんどん増えてきた。スノーシューを履いても膝まで潜る...久しぶりの山歩き
の我が身には結構辛いシチュエーションとなってしまった。こっちからは登られてい
ないらしく雪はふわふわ。まあ、トラックがなかったので当たり前。ふわふわ雪の斜
面がすぐ崩れる。一歩一歩キックステップで足場均しが必要で心拍数を上げる上げ
る。北斜面は、日光と言えでも結構雪があること理解しました。尾根路だろうところ
をちょっとずつ登っていくしかない。1650mあたりで、木々が前方を遮るのでハイキ
ング路を探す。尾根をちょっこと降りたところに発見し、歩きやすさを求めて移動す
る。この平な感じと木々の間隔から見て間違いなしと進む。手すりがある階段に出た
ので、間違いなし。でも相変わらず粉粉雪はふわふわで、よく潜る。動物の足跡しか
ないよ。霧降高原でここまで雪まみれになれるとは思わなかった。亀の歩みでようや
く丸山の頂上に着いた。
 頂上からキスケ平へ行くには一度下る。一転して雪が少なくなり、今度はスノー
シューをはずそうかなと思うほど。まあそれも面倒なのでそのまま下る。鞍部からキ
スケ平へ登ると本当に雪が少なくなる。下山路は、トラックをトレースできる。とい
うかどれほど足跡があるのというくらい登られているらしい。やっぱし来年が2010年
で赤薙山は人気がある?
 下山路も北斜面に入るとそれなりに雪が積もっていました。でも踏まれている雪は
歩きやすです。牧柵を右手に見ながら降りていくとわずか30分で駐車場に戻ることが
できました。最後は、霧の中視界も悪くトラックに助けられました。
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

蝶ヶ岳◆写真 

【日程】09年12月26~28日 【場所】北アルプス蝶ヶ岳
【参加者】CL柘植(記)、SL橋本、吉川、澤田(淳)
【記録】


15槍穂高連峰をバックに

12/26(土) 中の湯9:30→上高地11:30→明神12:40→徳沢14:20
 千葉から松本に橋本さんのクルマで向かうが、途中の韮崎あたりでかなり
強い雨になり、先行き危ぶまれるが、松本に着くころは止んでなんとか傘なしで
歩けるようだ。沢渡にクルマを置き、予約していたタクシーで中の湯へ向かう。
運ちゃんの話では今日3パーティーくらいすでに入っているとのことで、年末トップ
にはならずに済んだようだ・・・軟弱・・・(^^;  釜トンネルは100mおきの非常灯の
おかげでヘッデンなしで歩ける。大正池に着いても穂高は残念ながらガスの中だが
無人の小梨平をすぎ、明神に着くころからようやくガスが晴れてくる。徳沢に着いた
ときはすっかり空も晴れ渡り、明日のアタックに期待が高まる。徳沢園でビールと
水7.5L(100円/L)を購入し、豪華な夕食と酒で初日の疲れを癒す。

12/27(日) 徳沢6:15→長塀山11:10→12:20蝶ヶ岳12:40→15:30徳沢
 横尾から登るか、徳沢から長塀尾根を登るか迷っていたが、横尾の状況が不明、
徳沢からはトレースが期待できるので長塀尾根ルートで行くことにする。もし山頂で
横尾からの人に出会えれば下山は横尾へ回るつもりだ。日の出30分前にライトを
点けて出発。すぐ前方にテントを背負った4人パーティーがいたが、道を譲られて
本日トップとなる。それなりのトレースがあり喜んでいたら途中でなくなってしまい
今後の奮闘を覚悟したとき、後から屈強の若者3人パーティーがタイミングよく
我々に追いつき、そのまま一気に先頭に出てくれる。若さって素晴らしいラッキー!
我々もワカンを着けて着実に進むが、やはり夏時間のようにはいかない。またこの
尾根はいくら登っても森林限界を越えず、時間が気になってくる。長塀山をようやく
越え、疲れ始めた体にムチを入れて頑張ると森林限界を越えて、稜線が目の前だ。
稜線は強風で雪が飛ばされたりクラストしたりしているがワカンを着けたまま進む。
12:20に待望の蝶ヶ岳山頂に到着する。晴れ渡った空の下360度の大展望に喝采!
昨日は全く姿を見せてくれなかった槍穂高の稜線が眼前に横たわり、反対方向には
遠く浅間山から八ヶ岳、富士山、南ア~中央ア、木曽御岳、乗鞍岳・・・・
さて下山をどうするかだが先行した3人組は小屋のほうへ下りていったが、テントを
背負っており、今日は幕営もしくは冬季小屋泊だろう。横尾方面からの登山者は誰も
おらず、小屋から先の稜線にも姿が見えない。一応GPSでルート設定はしてきたが、
もしトレースがない場合、日没までの下山が不可のため、安全を期して長塀尾根を
下山することにする。途中で何組もの後続パーティーとすれ違う。トレース明瞭で
塹壕のようになったルートを駆け下りるように下山して、15:30にテン場着。
本日もまた豪華な夕食と酒で話がはずむ。

12/28(月) 徳沢9:10→上高地11:40→中の湯13:30
 のんびり6時に起床、9時すぎにテントをたたんで徳沢を後にする。今日は吹雪で
昨日の幸運を神様に感謝する。中の湯で予約したタクシーに乗り、3日間の登山を
無事に終えた。

+写真集へのリンク+
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

涸沢岳西尾根~穂高 

遅くなりましたが、年末に行きました「涸沢岳西尾根~穂高(敗退)」の山行報告を
いたします。

【山域】北アルプス穂高連峰・涸沢岳西尾根 
【メンバー】土屋(L)・広木愛・藤川(会員外)・小俣(記)


12月26日 <小雨のち曇り> 新穂高温泉駐車場に深夜到着。小雨の中仮眠テント
を張る。雪ではなく雨、思いのほか暖かいようだ。6:00起床、8:30出発。登山届けを
だし、昨日、入山者があることを知り、トレースを期待。10:00穂高平小屋。11:40白
出沢を横切ると、西尾根のとりつきである。トレースをたどり登るが、さらさらの新
雪と倒木のルートは思いのほか時間がかかる。1日目予定の2400mの幕場に届かず、
16:00時間切れで2100mくらいでテント設営となる。

12月27日 <晴れ> 今日だけの好天にて、明日から悪天になるという予報。穂高
小屋に突っ込むと下山できなくなる畏れありと言う見通しで、涸沢岳ピストンに変
更。6:45幕場出発。昨日先行者に追いつき、今日は先頭に立つ。リーダーの土屋さ
んが先頭をきり、膝上のラッセルをがんばってくださる。さらさらの雪が崩れ、ラッ
セルが大変である。ひとつ埋まると腰である。10:00尾根にでる。12:10蒲田富士よ
り引き返すことにする。14:30幕場に戻る。

12月28日 <雪> 昨夜より降り始めた雪が、登ってきたトレースをすっかり埋め
ている。少し風もあり、上部は吹雪を想像させる天候である。7:30テントを撤収
し、下山開始。9:30登山道にでる。11:30新穂高温泉の駐車場に帰着。
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

裏妙義谷急山廃道尾根◆写真 

NETに『谷急山・失われた直登ルートを訪ねて』というルートガイドが載っていた。
現在裏妙義谷急山には三方境からのルートしかないが、昔は並木沢の左岸にも
登山道があったらしい。ガイドではもはや道形は完全に消えて、やぶを掻き分け、
地図読みしながら岩稜を進むといった雰囲気が読み取れ、我々の好みにピッタリ
なので、九十九谷の翌日に行ってみることにした。とくに名前があるわけでは
ないので、とりあえず廃道尾根と呼ぶことにする。

【日程】09年12月20日 【場所】裏妙義 谷急山廃道尾根 【天候】晴れ
【参加者】CL柘植(記)、SL石橋、加藤、渡辺(理)
【行程】並木沢登山口6:50→谷急山12:15→三方境14:30→登山口15:50


07快晴の谷急山山頂


並木沢沿いの登山道を進み、一般ルートが並木沢を渡るところをそのまま右岸を
進む。ガイドでは廃道尾根に取り付くために小沢を登るようになっているが、昨日
の雪と冷え込みで氷になっていることが予想されるので、最初から尾根に取付いて
しまうことにした。今日はGPSでルート設定してきており、現在地点が明確なので
その点の心配はなし。急な尾根はやぶはないものの落ち葉の下の斜面が凍った
状態になっており、非常に歩きづらい。滑落するようなところではないが、時々
滑りながらも慎重に登っていく。小ピークを越えると沢からのルートに合流。
ここからはいくつかの岩峰を越えていくことになる。雪が薄くのっているので、
慎重にホールド・スタンスを確かめながら前進する。北面のため陽があたらず、
たまに日向に出ると本当にホッとしてしまう。ガイドで仮称屏風岩と称している
岩峰付近はコース取りが複雑で、最後間違えて時間をロスしてしまった。微妙な
尾根の踏み変えがあり、こういう細かいところはGPSも役にたたないので、自分
自身の注意力が必要だ。ここを越えると最後の一頑張りで待望の谷急山に到着。
いつ来てもここからの展望は素晴らしく、とくに雪をかぶった真っ白な浅間山を
見ると元気が出てくる。ここからは一般道を下るだけなのだが、この一般道が
なかなかの曲者。いやな予感がしていたのでハーネスを着けたまま進んだのだが
正解だった。アイゼンを持っていなかったので、危ないところはロープを出して進む。

そのため三方境到着が少し遅くなってしまったが、暗くなる前には余裕で登山口の
クルマに戻ることができた。約9時間のハードな山行だったが、思った以上に
楽しめる(苦しめられる?)ルートでとても充実した山行であった。

+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

杓子北尾根~西尾根 

12/19 杓子 北尾根→西尾根報告 単独
東桂9:00→9:20登山口→11:05倉見山→14:25杓子山→16:10道路→17:15葭池温泉前駅


 道路沿いの墓の入口の倉見山登山口を登る。歩き安い登山道のついた尾根筋からは、
葉の落ちた雑木林を通して下の町が常に見える。鉄塔の下を通りまもなく11:05倉見山
につく。頂上には10人ほどがラーメンの昼食の準備をしていた。頂上から快晴の空に
雪煙をあげる富士山が大きく目に飛び込んでくる。景色を楽しんだ後、杓子に向かう。
すぐに寿駅に向かうピークにでる。杓子への分岐の立て札も無く、踏み後もかすかに
ある程度で、つい、うっかりと寿駅への下山路を行ってしまう。少し下っておかしい
ことに気づき引き返し杓子の北尾根に向かう。この道は通る人が非常に少ないようだ。
所々に岩稜や藪がある。岩や数cmの霜柱の上を落ち葉が覆い、岩稜帯は特に神経を使
う。所々急斜面では登山道もはっきりしない。慎重に歩いたためか予定よりかなり時
間がかかり14:20に杓子頂上に着いた。富士山頂には雲かかっていた。もうすでに誰
もいない。
 5分程休み、西尾根を下る。この道はほとんど歩かれていない。かすかな踏み跡
があるが、小さな藪や木が踏み後に生え邪魔をする。それでも境界を示す杭や所々
にある赤い布が道を示してくれる。尾根の尾高い部分をひたすら藪をかき分けて進
む。途中から落ち葉に埋もれ灌木の生え、倒木が邪魔をする古い登山道に出会う。
これも非常に歩きにくい。藪こぎを続けるうちに16:10道路に出た。長い鋪装道路を
歩き葭池温泉前駅に17:15に着く
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

西上州九十九谷◆写真 

西上州九十九谷は谷上をめぐる岩稜の一部が一般ルートとして整備されており、
柘植も15年くらい前に行ったことがある。稜線から見下ろす九十九谷の眺めは
すばらしく、紅葉に彩られた岩屏風が強く印象に残っていたが、あまりにも内部の
情報が不足しており、気になりながらご無沙汰していたところ、岳人09年12月号に
ここを何年も探求している人による紹介が載っており、プチバリエーションルート
として右岸尾根というのが紹介されていた。石橋さんから誘いを受けて久しぶりに
九十九谷を訪れてみた。

【日程】09年12月19日 【場所】西上州九十九谷 【天候】晴れ
【参加者】CL柘植(記)、SL石橋、加藤、渡辺(理)
【行程】九十九谷入口10:00→稜線13:00→観音岩13:10→下底瀬14:40


14落っこちないように気をつけてね


登山口に向かう車道をノーマルタイヤでヨタヨタと進むが、昨日の雪が結構残って
おり、手前の下底瀬の道路脇でギブアップ。でも登山口まではここから歩いても
15分程度だった。九十九谷入口はこの奥に素晴らしい岩の伽藍があるなんて信じ
られないくらいショボいところだ。ここでハーネス等をつけてすぐに右岸尾根に
とりつく。最初はかなりすごい笹薮だが、わずかに薄い踏み跡があり、そこを
掻き分けて登っていく。ここを頑張って抜けるとガイドで最初の岩峰と紹介されて
いる岩場に着く。ここは最初の1ピッチは快適な岩登りだが、2ピッチ目は傾斜も
急でおまけに非常にもろく、かなりの苦戦を強いられた。ここをなんとか越えると
右手には九十九谷が深く落ち込んでいるのが見える。谷底から一気に立ち上がる
岩稜があり、ここに入れ込んでいる人はああいうところを頑張っているのだろうな
などと考えてしまう。あとは細いリッジや緩やかな尾根、またまたちょっとした
岩場という感じで、スタートから3時間くらいで稜線の一般道に出た。下の車道が
雪だったので、ここの岩場も心配していたが、幸い雪は解けており、問題なく行動
できたが、雪や氷がついたら厳しいだろう。下山は稜線東端の観音岩で大展望を
楽しんでから左岸尾根を下底瀬に下った。今回は下山後に九十九谷内部の探検に
行こうかと話していたが、帰りの車道が心配でカットしてしまった。また次の機会に
内部を訪れ、できればあの岩稜などに挑戦してみたいと思う。

+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

望年山行「二ツ箭山ハイク」◆写真 

【山行日】:平成21年12月13日
【参加者】:柘植、橋本、辻本、小倉、村尾、野口、菅井、鶴田、小俣、山内、舟山、井上(志)加藤、渡辺(理)、石川、高田


bouinenhike.jpg

当初は二ツ箭山から屹兎屋山への縦走を考えていたが、二ツ箭山だけでも十分に楽しめそうなため、陽の短い時期に無理をせず、二ツ箭山の周回コースで楽しむことにする。総勢16名のハイキングなんて会山行でしか味わえず、なんだかワクワクする。二ツ箭山駐車場には8時30分ごろ着くが、すでにたくさんのクルマが停まっており、我々も記念写真を撮って元気に出発する。

林道をしばらく歩くと尾根コースと沢コースの分岐だが、ここは尾根コースへルートを採る。しばしの急登で稜線に出ると阿武隈山地の展望が広がる。どれが何山だかさっぱり分からないが、まあ初めての山塊なのだから当然か。そのうち一般コースと岩場コースの分岐となるが先頭の橋本さんは迷いもせず岩場コースへ入る。まだ男岩にも来ていないのに、木にぶらさがるように下りる岩場があり、加藤さんがいつものように笑わせてくれる。その先が男岩になるが、ルートはまた二つに分かれ、基部を巻くコースと直接山頂へ向かうクーロワールを登るコース。柘植・野口・小俣・高田の4名は直登コースへ向かう。最初の取付きと最後の出口が少しいやらしいが、全体としてはホールドスタンス豊富な内面登攀っぽい雰囲気が味わえる楽しいコースだ。高田君も雄たけびというか、うなり声というか、とにかく気合を入れながら登ってきた。ただ岩頭付近は猛烈な風で、吹き飛ばされそうだった。

男岩岩頭には巻きルート途中からクサリとFixロープが延びており、巻きルート組も何人かここから登ったようだった。男岩岩頭から見ると女岩には垂直に(見える)クサリが延びており、あんなところ登れるのかと心配したが、鞍部に着いてみると、男岩よりは傾斜も緩く一安心。
結構他のメンバーを待たせてしまったが、全員合流してすぐに二ツ箭山の山頂に着いた。ここは樹林の中の展望もないところで、あまりに殺風景なので、休憩しようという声も出ず(約1名=高田君は一心不乱に弁当を食べていたが)、集合写真だけ撮って、山頂を後にした。下山は月山経由の尾根コース、1時間ちょっとで登山口の駐車場に着いた。二ツ箭山はパッと見はさえないやぶ山だが、山中にあんな岩場があるなんて信じられない。そういえば昨日ロープワークを訓練したところもそう。阿武隈山地ってこんなところばかりなのだろうか?ちょっと遠いのが難だが、冬場には結構面白いところかも、と新たな収穫のあったハイキングでした。          柘植:記

+写真付き報告書へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

中之条有笠山フリークライミング◆写真 

中之条 有笠山 12月6日(日)CL川本 上茂(記) 渡辺×2(会員外)天気 晴れ

有笠200912、6 023

4時に千葉を車で出発。渡辺家は親子で参加。若者を除いて皆調子が悪く、珍しく川本さんが足が腫れて痛いから
今日はビレイに徹するよなんて言うし、私も膝が前日痛くなり、渡辺さんは万年腰痛だし、温泉療養でもいいかなって感じだ。
数馬君は、ジ・アーチのあっぱれ13cを登り込むそうで、私らはビレイヤーと撮影、見物人ということで。
有笠は東口と西口と入り口があり、東口からのエリアがポピュラーで、
アーチは東口の駐車スペースから沢に降りて踏み跡を辿って歩くこと20分。初めてなので間違えていつもの癖で斜面を
詰めあがってしまったが、実際はちゃんとテープで記してあった。樹林帯をあがってゆくと、展望が開け、ぽっかりと
穴が開いてるような感じに見えるのがそうで、溝状になったところに残置ロープがありクライムダウン。
すると景色は一転して頭上に巨大な岩の橋が架かっているようだ。何しろ急斜面なので足場が悪い。
剥がれた岩がバラバラ落ちており、脆そうだが、立体的な形状である。

数馬君が10d、11bと体を慣らし、それに便乗して私も登らせていただく。
ガバホールドは多いが、なかなか傾斜がきつい。川本さんは靴が履けないくらい足が痛いようだったが、
登っているうちに痛みも軽減してきたようで、調子が出てきたみたい。
13cあっぱれは、取り付きから徐々に傾斜が増し、アーチの裏で完全にこうもり状態、中央付近で側面に這い上がる。
一回じっくりと時間をかけてムーブを探り、一気に勝負。クライマーのルートに挑む姿勢と気迫を見た。
川本さんもだんだんとモチベーションが上がり、11cオンサイト。すばらしい!渡辺さんも11bオンサイト。
私は見物人のため11b課題を残して去る。3世代?クライマー皆さんかっこよかった。

+写真集へのリンク+
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三頭山読図山行◆写真 

【山行日】12月6日(日) 
【山域】奥多摩 三頭山 
【天候】快晴
【メンバー】CL橋本(記)、SL住田、村尾、山内、室、井上
【行程】檜原都民の森8:00→三頭山11:00→檜原都民の森14:00


02 読図とルートファインディング

【記録】雪山教室の一環として読図山行を行った。
最初の計画は土曜日にビバーク訓練を行う予定であったが、雨が予想されたため、読図だけに変更した。

都民の森(標高1000m)から道路を下り、途中の尾根に取り付く(標高750m)。登っている尾根と隣の尾根との違いと地図上でどのように表現されているかなど、登りながらGPSで確認した現在地点と地図を比較して勉強をした。

 稜線にでると雪をかぶった富士山が見えた。山頂や稜線には強風による雪煙が見える。昔、今の時期のアイスバーンの富士山で雪訓をしたことを思い出す。

 大沢山を過ぎると避難小屋が現れる。大変りっぱな小屋で、周辺もビバーク訓練もできそうな場所も多い。

 間もなく三頭山山頂、山頂から見える奥多摩の鷹巣山周辺には雪もあり、昨日の雨は標高の高い場所は雪であったのであろう。この付近はみぞれが予想され、そんな中でのビバークでは本番になりかねず中止が正解である。

 都民の森まで1時間程度で下山、帰葉は渋滞で19時過ぎとなる。

雪山では登山道はすべて隠れてしまうので現在位置を確認することは基本技術である。地図から、雪で変わる実際の地形が頭の中に容易に浮かぶようになってほしい。

+写真集へのリンク+
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

御坂山塊王岳 

奥多摩は峰谷川宮沢沢登りの予定で出かけたが、あまりの好天気。
直前まで雨が降っていたこともあり、石川PAで誰からともなく展望の
ハイキングにしないかとの話になり、御坂山塊の王岳に変更した。

【山行日】12月6日(日) 【山域】御坂山塊 王岳 【天候】快晴 
【メンバー】CL柘植(記)、SL石橋、足立、小俣
【行程】根場集落8:30→鍵掛峠10:00→王岳11:10→13:00根場


【記録】個人的には御坂山塊は青春時代の山であり、三つ峠を除けば
30年ぶりの山。ほとんど若いころ登っているが、王岳だけは登り残して
いた。石橋さんから「王岳はどう」と提案されたらもう飛びついてしまった。
根場民宿村に道標を見つけ、その前のパーキングに駐車して出発する。
林道から登山道に取り付き、つづら折りの山道を登ると背後には富士山
が大きい。中腹まで真っ白なのは昨晩の雨が雪だったか。頂上付近は
雪煙が舞い、登山者魂が揺さぶられるが、今日は眺めるだけ。
途中で大人数パーティーを2組追い抜くが、王岳はなかなか人気の山の
ようだ。鍵掛峠に着くと北面の展望が開け、北岳・間ノ岳を筆頭に南アの
3000m峰群が白くそびえて感動する。峠からは展望の尾根道を約1時間
で王岳山頂着。着いたときは誰もいなかったのに精進湖方面から大勢の
ハイカーが続々と到着して結構広い山頂も20人くらいで満員になってしまう。
これから我々が追い抜いた2組の御一行様が到着したら恐ろしいので、
休みもそこそこにして往路を戻った。雲一つない快晴、暖かい日溜り
ハイキング、展望の尾根道、棚ボタの王岳にみんな満足の一日でした。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。