FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

伊豆:幕岩クライミング 

平野です

ちば山ではマイナー競技(?)のフリークライミングですが、
一部の方々より何をやっているのかさっぱりわからないのでた
まには報告をしてほしい、とご指摘を頂きましたのでちょっと
マニアックに報告します。長文ご容赦下さい。

1月10日 湯河原幕岩 平野×2:正月3日、6日に引き続き今
年3回目の幕岩だ。元をただせば1月3日に喜望峰(エリアの名
前)の帰還兵(ルート名)5.10c(難しさ、グレード)を
力ずくで3撃(三回目にリードで完登したという意味)した後
、トップロープでさわったシャクシャイン(ルート名)が意外
にスムーズにこなせそうだった為、6日にわざわざトライしに
行ったのに、核心部のハンドジャム(手を道具のように岩の割
れ目につっこみ体を支える技)を刺したまま落ち、流血して登
れなかったのだ。今回は怪我をした右手ではなく左手をジャミ
ングするムーブ(登り方)を熟考して臨んだ。本日1回目は落
ち着いてムーブを復習しながら、まずはヌンチャク(落ちない
為の道具)をセットしながら登る。2回目、満を持してトライ
。考え抜いた末のムーブがシュミレーション通りにつながるの
は面白い。やった!完登出来た!久々の外岩5.11だった。

1月11日 城ヶ崎海岸 平野×2、会員外3:今日はフナムシ
ロック(エリア名)でクラック(岩の割れ目を登る事)練習だ
。9時過ぎに富戸の町に着くが、駐車場が一杯で近くに停めら
れない。さすが三連休と感心しながら駐車スペースを探し、や
っと駅近くのコミュニティーセンターに車を停める。10時過ぎ
に岩場に着くと辺りは数十人の若者でにぎわっている!クラッ
ク大人気!と思ったら殆んどすべてボルダラー(ロープを使わ
ないで数メートルの岩を登るクライミング、をする人)だった
。塩原野立岩(有名なボルダー課題がある岩)のコプリス(有名
な課題、超難しい)みたいなのに若者が群がっている。ビデオ
を撮っている人も10人は下らない。どうりで車が一杯な訳だ。
クラックに取り付いているのはおじさんおばさんばかり7,8
人だけだった。そんなこんなで5.8から5.10a(ルート
の難しさのグレード)をリードする。さすがに被った10aは
怖くてテンションをかけながら(ロープにぶら下がりながら)
カム(落ちない為の道具)をルーフ部分(岩がせり出した部分
)に固め打ち(何個もまとめてセットする事、ビビリーがする
事)する。今日も面白かった。が、クラックはどうしてこんな
に傷だらけ、アザだらけになるのだろう??

1月12日 城山 クッキングワールド(エリア名) 平野×2
、会員外2:今朝は晴れていたのに岩場に着いたら、ちらほら
雪が!いきなりモチベーションが下がる。が、はじめてのエリ
アなので、岩にご挨拶をしておかねばと、5.8でアップする
。しかし傾斜のない岩に雪は容赦なく降り注ぎ、ロープが濡れ
てくる。もちろん辺りに我々以外の人影はない。しかたがない
のでかぶったルートに移動して5.10cをさわる。ところが
この課題が思いのほか難しい。岩が全体に丸みを帯びており、
ガバ(ガバっと持てる安心のホールド(手で持つ部分))は殆
んど無く、カチ(カチっと持てるまあまあ安心のホールド)も
あまり無い。殆んどがスローパー(鏡餅のような丸っこいホー
ルドを手全体で抑えて登る嫌らしいホールド)ばかりだ。おま
けに寒すぎて、抑えたはずの手の感覚がなくなってくる。不必
要に筋肉を酷使して腕がパンプ(筋肉がパンパンに痛くなるこ
と)してしまった。隣の11aの方がよっぽど簡単で面白く感
じた。今度暖かい日に戻ってきてレッドポイント(リードで完
登)しよう。もう帰ろうかな、と思っていたが、隣の11bに
取り付いていたメンバーが、どうしてもムーブが起こせないか
ら一緒にやろうと言う。トップロープならという事でさわって
みたが、嫌らしい横持ちカチスローパーの高さにヒールフック
(踵で体を固定すること)して離れたスローパーをデッド(飛
び上がるような動作)っぽく取りに行かなければならない。全
然無理!!
でも諦めきれずに何度かトライしているうちにとうとう指に激
痛が。痛めていた薬指を本格的に怪我してしまった様だ。
これが年貢の納め時と、ロープをしまい帰路に着く。帰りは三
島の某有名ラーメン店でつけ麺特盛りを堪能して渋滞のない高
速で快適に帰葉した。
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

房総郡界尾根縦走 

ふわくハイキングサークル主催の、
第8回房総郡界尾根縦走にちば山から5人が参加しました。
この企画は、県連盟所属の「ふわくHS」がライフワークとして取り組んで
いる、房総の山・沢・を知る、守る、紹介する目的で実施されています。
全体での参加者は24名[県外2名]でした。

1、参加者   鶴田・石橋・吉川・広木(国:記)・広木(愛)
2、実施日   1月10・11・12日(テント2泊3日)
3、コース概要 
1月10日(土) 浜金谷駅8:30 … 鋸山 … 裏鋸山稜線 … 嵯峨山 …
 山中温泉付近(テント泊)
1月11日(日) 山中8:00 … 山中林道 … 引越 … 横尾林道 …
  柚ノ木林道… 郡界尾根 … 鴨川有料道路付近(テント泊)
1月12日(月) 有料道路付近8:00 … 元清澄山 … 郷台林道 …
  14:00 清澄寺駐車場→ 安房天津駅 →千葉駅

全長 約60㎞の安房と上総の郡界(国境)尾根をを2泊3日で走破する。
房総の山は、低山であるが地形は複雑で、見通しが利ず、獣道が複雑で
あり、毎年道迷いが起きています。沢も急峻で痩せ尾根もある。
道迷い、沢に滑落などで過去には死者も出ています。
このコースには古道があり、茶屋跡や陣屋跡などがあります。
コースの一部には国道があり、建設省の立派な境界杭が設置されてます。
尾根をたどるので、アップダウンが連続し、結構きついところもありました。
有料道路で尾根が切断されたり、山砂を採集するため掘削されて見る影も
なく破壊されたところもあります。
猪、鹿も増えていて、被害は年々大きくなっているとのことです。
獣道も多く、道迷いのもとになっています。
途中で、猟師が猪を解体している現場に出くわしました。
おいしそうな肉をうらやましく眺めて・・・残念でした。
房総の豊かな自然にふれて、この環境を守っていくことの
大事さを痛感しました。
房総の山は生活に密着していることも実感しました。
山は登山者のものではない、そこで生活し守っている、
地元の人々のものであると思いました。
登山道から外れない、オーバーユースによる自然破壊が懸念されます。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

天女山から権現岳 

【山行場所】天女山から権現岳(ピストン)
【山行日時】2009年1月11(日)~12(月)
【参加者】CL柘植(記)・SL高梨・室・加藤・池田・小俣

【山行報告】本当は10~11日の計画だったが、直前まで大雪であったため、1日スライドして日曜早朝に出発した。天候は快晴だが風が強い。天女山ゲート脇の駐車場はすでに6台くらい停まっており、最後の空きスペースに滑り込む。天女山上の展望台からは奥秩父~富士山~南アルプスの大展望。大雪の後だが期待とおり先行パーティーがいるようで、しっかりついたトレースを快調に進む。2000mをすぎて前三ツ頭の登りに入るとじわじわ急登になり、アイゼンがほしい感じになってくるが、装着できるような平坦な場所もみつからず、そのままここを登りきる。前三ツ頭を過ぎたあたりから幕場を探しながら歩くがよい場所が見つからず、三ツ頭山頂直下の樹林帯の中になんとか6人天を張れるスペースを作り幕営。夜はカレーライスと豪華鍋で満腹。6人天に6人はさすがに窮屈だが、なんとか6人寝られることを実証した。

翌日は付近は一面のガス、またすぐ上の稜線は強風が吹き荒れているので、権現山頂までは1時間半ほどの道のりだが無理せず下山することにする。昨日6時間かけて登った道を2時間ちょっとで降りてしまう。途中で何人か登っていくパーティーに出会ったが、どこまで行くのだろうか?温泉は駐車場からすぐの甲斐大泉パノラマの湯。まだ12時すぎなので、空いている。のんびり浸かって食堂で食事をしていたら、外は猛吹雪となってきた。山頂を目指さずに下りてきたことを少し気にしていたのだが、この天候をみてホッと胸をなでおろす。山頂には登れなかったが、今シーズン最初の本格的な雪山を存分に味わうことができた。
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top