FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

東海エリアの岩場 豊田、瑞浪 鳳来 

【場所】東海エリアの岩場 豊田、瑞浪 鳳来
【日時】11月22、23、24日 【メンバー】CL平野 上茂(記) 平野(夫)会員外

11月3連休を利用して、名古屋方面に岩場巡りに行ってきました。
かつて平野さんがこちらに住んでいたときにクライミングの楽しさを知ったという場所を
案内してもらいました。土曜の早朝3時に千葉を出発、豊田の岩場にまずは向かった。
豊田市にある里山の中に、花崗岩が点在しているのだ。その里山風景が房総の雰囲気とだぶり、
千葉にもこんな岩があったらいいのにと思った。天下峰というエリアに入り、
見た目はツルツルだが触ればざらざらのスラブルートをトップロープで登った。指皮が摩り減り
いきなり初日でギブアップしそうになった。豊田の岩場はボルダーも合わせてたくさんの
ルートがあり、遊歩道も整備され花見や紅葉狩りでハイカーも多いそうだ。

翌日は瑞浪屏風山、中央道の瑞浪と恵那の中間辺りらしい。
昨日は林の中の木漏れ日を感じたが、今日はさえぎるものなく露出した岩の上にいると、
たとえれば三つ峠の天狗の踊り場から景色を眺めているような感じだ。
ここも花崗岩で主にクラックとスラブルート。クラックは私はほとんど登ったことがないので
なかなか要領が掴めず、平野さんに講習してもらいながら、痛みと戦った。昨日は指腹、
今日は指関節と足指にきてしまった。それにしても朝の冷え込みがうそのように
暑いくらいの陽気で、岩も温まり指が汗ばむ。岩の上でお茶しているのも優雅な気分だ。
豊田も瑞浪もこれからがシーズンだそうだ。

最終日は予報では曇りのち午後から雨ということで、どこに行こうかあれこれ考えた結果、
平野さんお勧めの鳳来に行くことに。駐車場から約50分登山道を歩き鬼石へ。
昨日までとはまったく違うスケールで凝灰岩の被ったルートだ。平野さんが以前所属していた
東海の山岳会の人たちと合流。その中に旧ちば山会員の倉田君がおり、久々に再会。
全然変わらずクライマーらしからぬ青いジャージで登っていた。皆、レベルが高い。
ここら一帯は雨が降っていても登れそうなハング壁ばかりだが、鳳来自体とても広いので、
まとまった休みなどに巡るのも良さそうだ。登山道脇の沢の水も感動するくらい澄んでおり、
夏は思わず釜に飛び込むのだそうだ。これはまた来なければいけない。

千葉から東海エリアは週末を使えば無理なくいけると思いました。そのためにはもっと
腕を上げなければ・・・是非皆さん行きましょう!

スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

妙義・西上州山行 

【日時】 11月22日23日 【天気】晴れ 【山域】妙義・西上州 【メンバー】
L柘植・多田・小俣(記)
【内容】11/23 妙義山中ノ岳神社の駐車場に車を置き、見晴らしから中ノ岳へ。御
来光を撮影してきたと言う人たちと擦れ違い、岩場を登りきると頂上。快晴の空に、
群馬北部の山並み・遠く高崎あたりの平野まで一望。思ったほど寒くもなく、のんび
りと頂上で過ごすと、楽しいご夫婦連れが登ってこられる。彼らと前後しながら東岳
へ。我々は岩峰コースはここまでにして、石門めぐりに下ることとする。以前に比べ
下山道がツルツルで張られたロープのお世話になる。奇岩・石門をハイカーにまじっ
て一周する。午後から、車を一本杉駐車場に移し、筆頭岩へ出かける。リッジ通しに
攀りたかったのだが、装備不足で断念。途中よりクライムダウン。余った時間で、下
仁田近くの里山・大崩山を登る。小粒ながら西上州らしい岩山の一面をもった山だっ
た。

11/24 かねてから行きたかった双子岩~ククリ岩~大岩に出かける。碧岩登山口の
駐車場に車を置き、三段の滝へのコースをたどる。滝上の「右双子岩・左碧岩」とい
う標識に従って、居合沢の道をゆくが、すぐに踏跡はあやしくなり適当に水量の少な
い沢の中を行く。初めの枝沢を右岸から合わせたところを左折、枝沢に沿って登る。
双子岩の稜線に向かって高度を上げていく。主稜線にたどり着くと、指呼の間に双子
岩がきれいに並んで見える。鞍部につき、まずは岩峰の西峰にとりつく。良くぞルー
トを見つけたものだと感心しながら岩と木を攀じ登る。頂上からは展望がひらけ、西
上州の山々の上に雪を頂いた浅間がのっかりなかなかの眺めである。下りは懸垂をま
じえ鞍部にもどり、東峰へ。そのまま稜線伝いにククリ岩へ縦走。ククリ岩は笹藪に
囲まれた山にて展望がないが、風もなく陽だまりを楽しむ。この辺りは、藪がひどく
熊さんには要注意!鈴をつけ所々で笛を吹きながら、人間がいることをアピール。来
た道をもどり、鞍部から大岩に向けて主稜線を北東に進む。一部わかりにくい分岐も
あったが、碧岩・大岩がよく見えるので目指して進む。大岩は碧岩に比べ頂稜部の岩
峰が南になだらかなので簡単に頂上に立てる。南牧川一円と対岸の山々の大展望であ
る。今日最後の展望を楽しんだ後は、一路整備された登山道を下山。

無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

鍋割山山行 


田中です。
鍋割山に脚力維持とミニボッカ訓練の為。鍋割山に行って来ました。

<23日7時 品川発=横浜=海老名=渋沢-大倉~二俣~後沢乗越~鍋割山>
二俣の先の鍋割山荘の資材置き場で背負子にて薪を2束ほど自分のザックと共に背負い脚力維持とボッカを兼ねて 登山しました。連休で普段は静かな鍋割山稜も沢山の人で山荘に着くと「名物・鍋焼きうどん」が飛ぶように売れていた!14:30着 後はフジヤマと紅葉を眺めビールをやる。丁度 南アの北岳山荘のオーナーと従業員が泊まっていて 食事の手伝いされ食事は持参ワインと酒を共にする良い食卓となる。
24日は朝焼けの富士におこされ、朝食の後 小屋主の自慢のコーヒーを頂き帰途につく。

ちなみに美味しいコーヒーの 引き豆にはお湯を注ぐと苦味成分が2種類ありコーヒーを入れて最初の半分までの出た液がクセの無い苦味で此だけが売るコーヒーとなり、後半の落ちた液に含まれのるはクセの悪い成分が溶け出るので(粒子が小さい方が良い苦味で先に溶け・後半は大きい粒子が溶けこれがクセの有る苦味)売り物はならないと 北岳のオーナーに教えていた (なる程・だから旨いのか!)脱線しましたが 以上報告します。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。