fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

西上州 焼岩~大山山行 

【山域】西上州 【山行日】11月1(土)【天候】晴れ
【メンバー】CL柘植(記)、SL石橋、菅井

【内容】前夜発で道の駅うえの泊、土曜は早朝に出て登山口の天丸橋付近に駐車(8:30ごろ)。身支度途中にも時々クルマは上がってくるが皆天丸山方面に行くようだ。我々が目指す焼岩方面はだれも行く様子がないが静かでいい。太尾トンネルをぬけてすぐ右の斜面にとりつく。かすかな踏み跡はあるがあまり気にせずに一気の登りでとりあえず稜線へ到着。ここからは稜線伝いに登り一方なのであまりルートを気にすることなく登り続ける。一箇所ちょっとした岩場(ガイドでは巻き)があるが、一応慎重に確保しながら登る。焼岩からは目指す大山がすぐ横に見えるが、一旦県境稜線まで行ってU字型に戻るように行かなければならない。焼岩から県境稜線がこのルートの核心部か。一本調子の尾根ではなく、結構複雑に屈折しながら、しかもとてもルートと思えない急な登下降を繰り返しながら進む。慎重なルートファインディングが必要。県境稜線にたどりつくと両神山から奥秩父方面の稜線が眼前に展開し、緊張感から開放される。大山への分岐まではそれまでほどではないが、結構やっかいな岩場もあり、なかなかあきさせないコースだ。大山分岐からは人通りも多いのか踏み後も明瞭になり、指導表も豊富になる。鞍部から大山をピストンして一般道を天丸橋までのんびり下る(14:00ごろ到着)。まだ早いのであちこち寄り道して下仁田に向かい、道の駅下仁田泊。
(11/2の兜岩山と荒船山に続く)
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

石鎚山ハイキング 

【登山者】 永田 勝久(単独:ハイキング)
【登山日】 11月1日(土)日帰り
【天候】   晴れ
【行動時間】 ① 登り 09:00 ロープウエイ山頂駅発 ~ 09:10 成就 ~ 10:38
              弥山 ~ 10:47 天狗岳(1時間47分)
         ② 下り 11:04 天狗岳 ~ 12:00 成就 ~ 12:06 ロープウェイ山頂駅(1時間2分)
【アプローチ】 JR伊予西条駅7時41分発 ⇒ ロープウェイ駅8時35分着 ⇒
          ロープウェイ利用山頂駅(約8分)
         * バスの便が少ないので事前に確認を要す。
【特記事項】 ロープウェイ山頂駅にはコインロッカー(100円)があるので、重宝する。

【工程】 ビジネスホテルを出て駅前のコンビニで朝食と行動食および非常食としてゼリー食品を
     購入。
     駅前からバスに乗り登山口であるロープウェイ駅に定刻より少し遅れて到着。ロープ
     ウェイを利用し山頂駅へ。
     コインロッカーに野宿用のシュラフ・シュラフカバー・マット・着替え・お酒を放り込んで
     出発。天候もよく快適に歩く。紅葉もきれいだ。
     弥山までは危険な箇所は無いが、鎖場を通るか、巻き道を通るかは好み次第で、鎖場
     そのものは問題なく通過できる。
     自分は最初のお試し鎖場の一箇所だけ鎖場を登ったが後は巻き道を通った。     
     弥山から天狗岳へは修験道ルートを通ったため結構スリルがあった。(ザイルが欲しい)
     往復3時間にも満たない山旅だったが、天候に恵まれ、紅葉もきれいで、適度にスリルも
     ありなかなか楽しめました。
     早く下山してしまったのでバスの時刻まで2時間るため、行けるとこまで歩こうと、車道を
     てくてく歩いていると親切な地元の方が駅まで乗せてくれた。
     伊予西条駅からJRで穴吹駅まで行き、駅構内で野宿して翌日の剣山に備えた。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top