FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

硫黄岳山行 

1、月 日   10月27.28日
2、メンバー  広木(国) 愛子 会員外2名
3、山 域   八が岳 硫黄岳
4、行 程   27日・千葉ー諏訪南(中央高速)-桜平ーオーレン小屋
         28日・オーレン小屋ー硫黄岳[往復]-桜平ー千葉

感想  27・28日の天気予報は晴れ、天気図からは25・26日の雨から
     冷え込みが予想できるため、霧氷ねらいの撮影と小屋番をして
     いる旧友に会うための山行ある。
     諏訪南から桜平駐車場が分かりにくくてチョット時間ロス。
     駐車場から夏沢鉱温、オーレン小屋までコースタイム1時間30分
     はかからなかった。霧で見通しが利かず、雪がちらついてきたため
     こたつで昼寝を決め込んだ。夕食は桜肉のスキ焼でした。
     ネパール帰りの私達には、とてもとても美味美味でした。

     28日は、読みがピッタリの一面霧氷に青空でした。
     雪が凍った足元を気にして、撮影しながら硫黄山頂に到着。
     エビのしっぽが20~30㎝位に出来ていました。
     雪景色の赤岳、横岳、天狗、蓼科、浅間等を眺めて下山。
     風が出て急に冷え込んで来たので早々に退散しました。
     狙い的中で最高の霧氷+雪化粧を満喫しました。
     なお、平日山行時の下山連絡者には仕事中に下山連絡をするため
     大変申し訳なく思います。
     (記:広木(国))
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top