FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

笛吹川支流東沢・釜ノ沢遡行◆写真 

【遡行日】平成20年10月18~19日   【パーティー】CL辻本 堀(会員外)
【18日】西沢渓谷入口駐車場8:30→鶏冠谷出合い入渓点9:00→ホラの貝のゴルジュ9:50→乙女ノ沢10:45→釜ノ沢出合い12:00→両門の滝12:55→広河原テン場14:00
【19日】広河原テン場8:00→甲武信小屋10:50~12:00→渡渡尾根下山14:55→西沢渓谷駐車場15:15

やっと有名なる釜ノ沢に行く機会を得た。
ネットの記録に釜ノ沢までの登山道で迷う記述が多く、「東京周辺の沢」を何度も読み返してイメージを作った。鶏冠谷出合い手前で沢支度をし、東沢に入渓。すぐに鶏冠谷と出合う。遡行図では登山道を上がり、左に行くようになっているが、ここが第一の迷いポイントで、そのまま沢を遡行すると左岸登山道が現われる。登山道は小さなアップダウンを繰り返し、時には沢に下りたりする。夏なら登山道ではなく、そのまま本流遡行が面白そう。ホラの貝沢のガレを下り、ホラの貝のゴルジュを覗きその右を登る。これがきつかった。途中、山ノ神を見過ごしてしまい、山の神への拝礼ができなかった。co1250で東沢に再び入渓。やっと沢登りらしくなる。何度と渡渉を繰り返すが、乙女ノ沢、東のナメ沢、西のナメ沢と飽きさせない。東のナメ沢では出合い辺りのスラブ登りを楽しんだ。

やがて3:2の水量で釜ノ沢と出合う。釜ノ沢に入ってすぐに、8mほどの魚止めのスラブ滝が現われる。左のスラブを攀じ登り簡単に巻く。その先から釜ノ沢のハイライトである千畳のナメが始まり、紅葉と相まって水が煌めきながら流れる様は実に美しい。心が癒されるナメ歩きだ。これを過ぎると荒れたゴーロの広河原となり、遥か上まで続いていた。幕場は右にも左にも豊富にあり、薪も集めるのに苦労しない。まだ2時と少し早いがザックを降ろし、テン場を設営。薪を集め、酔っ払う前に米を磨ぎ、ウドンの用意を終えてから焚火を始める。これが今年の沢収めと3時から呑み始め、星が輝く頃にはビール、日本酒、ウィスキーが空っぽ。つまみも無くなった。仕方がないのでテントに潜り込む。
PM8時。10月中旬の標高1700mの沢中で泊ることを考え、厳冬用シェラフを持ってきたが暑い!この時期は3シーズン用シェラフ+カバー+着込みorカイロが正解のようだ。ま、この時期に1700m沢中で寝るのは、物好きの沢屋だけかも知れない。裸で眠る。

6時起床。ゆっくりとテントの撤収と食事を済ませ、8時半に幕場を出発。広河原とは名ばかりでミズシ沢手前の4段40mナメ滝まで、倒木で荒れたゴーロ歩きが延々と続く。ポンプ小屋手前の30mナメ滝は下部の傾斜がきつい。苔が滑る怖さが手伝って登山道に逃げる。
甲武信小屋に11時前に到着。昼食後、甲武信山頂をピストンする。山頂では金峰山に続く縦走路、富士、南アルプス、八ヶ岳などなど、清涼感のある青空の下360度の眺望が楽しめた。甲武信小屋で濡れた沢靴、スパッツ、ガチャをザックに仕舞い、12時に下山開始。駐車場に3時15分に着き、天科温泉で汗を流して帰路に着いた。
(記:辻本)

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



△page top

火打山と妙高山山行 

加藤です。快晴の2日間、錦秋の火打山~妙高山に行きましたので報告します。

【山域】火打山と妙高山
【ルート】10/18  笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ~火打山~高谷池ヒュッテ(泊)
10/19  高谷池ヒュッテ~黒沢池~妙高山~杉ノ沢スキー場~いもり池
【参加者】 CL長池、鶴田、東郷、加藤

【内容】10/18 道の駅しなので仮眠後、池ノ平温泉近くのいもり池湖畔ビジターセンターに駐車する。
バスで笹ヶ峰へ向かうが1300m付近の紅葉は素晴らしい。笹ヶ峰登山口から入山する。黒沢で
水を補給し、三田原山の斜面を見ながら十二曲りを経て三角形の高谷池ヒュッテで荷を解く。
紅葉は散った後であったが高谷池、天狗ノ庭のナナカマドの赤い実を愛でながら、火打山に向かう。
頂上では雲が多かったが、北アルプス、焼山を俯瞰し、焼山の奥には雨飾山も臨めた。帰りは
池塘に逆さに映る火打山を鑑賞し、素泊まり4000円完全予約制の高谷池ヒュッテに宿泊する。
鍋、食器、グラス、包丁、お玉が備え付けられていて、自炊室も広い。寝室も1人1組の寝具が
提供され快適である。夜満天の星空を見上げて星座同定に励む。

10/19 霜で白くなった高谷池に別れを告げ、黒沢池方面に進む。黒沢池で休憩していた登山者
に小屋番が怒鳴っていた。長助池を俯瞰し、妙高山への急登のあと雄大な景色が待っていた。
北アルプス全山、東側には苗場山など上信越の山々、日本海、富士山までの大展望を満喫した。
南側のピークでコーヒーを頂く。暫し至福の時に浸る。下山は少し岩場もあったが地獄谷の噴煙を
仰ぎながらどんどん下る。大谷ヒュッテからは下山したのも同然とばかりに林道を下ったが、どうも
変だ。あるはずの道が崩壊?しており、南方向の杉ノ原の方向に進んでいる。ゲレンデを突っ切って、
ハイキング道を辿っていもり池へ戻った。
帰路は「ランドマーク妙高」で一風呂浴びて帰葉した。


△page top

伊勢沢沢登り 

【山域】裏丹沢 【ルート】神ノ川 伊勢沢 【登山方法】沢登り
【山行日】10月19(日)前夜発日帰り 【天候】曇りのち晴れ
【メンバー】CL柘植(記)、SL渡邊3、大塚、石井
【記録】神ノ川ヒュッテゲート6:30→伊勢沢入渓点7:30→稜線12:00→12:10姫次12:35→風巻ノ頭14:00→15:00神ノ川ヒュッテゲート

【内容】個人的には伊勢沢は4年前に小俣さんと行っているが、核心の大滝を巻いており、宿題として残っていた。今回はこれをなんとか登ってみたいと思い、3ちゃん、大塚さん、石井さんと出かける。F1は上段がちょっと渋いが今回はトラロープがセットされており、安心して登れる。F2は前回かなり緊張して登ったが、今回は目的外なのでパス。F3をシャワーを浴びて登るといよいよ問題のF4大滝。45mを豊富な水量とともに一気に落ちる伊勢の大滝は間違いなく丹沢を代表する滝だ。今回は登攀ルートの左壁もほぼ乾いており、3ちゃんと岸壁の下からルートを探る。詳細は分からないが取り付けばなんとかなるだろうという感じで、3ちゃんトップで行く。壁はかなり急だがそれなりにホールド・スタンスはあるようで、ジワジワと登っていく。途中一本打ち足すが、残置を見つけて着実に高度を稼いでいる。3ちゃんなので安心して見ていられるが、上部は結構シビアなところがあるもよう。もう声が届かないので意志疎通はできないが、目出度くロープを固定したもよう。50mロープの末端がほとんど余すところがない状態であった。大塚さん、石井さんと続き、柘植もハーケンやシュリンゲを回収しながら登るが、上部の核心はシビア、自分がトップだったらたぶんセミになってしまっただろう。大滝でずいぶん時間を使ったが、早出のおかげでまだ11時。あとはF5と左俣右沢の小滝を楽しみながら登って12時JUSTに稜線に出る。休憩なしで10分ほど頑張り、姫次の草原で沢装備を解く。高曇りだが時々日差しもあり、さわやかな風が心地よい。ここでゆっくり休憩し、さらに2時間ちょっと、クルマの待つ神ノ川ヒュッテまで本日の思い出を語り合いながら楽しく下った。

△page top

笠取山 甲武信縦走 

おゆみ野の村尾です。
遅くなりましたが先週の山行きの報告をします。
(例会にも出席できてませんので)

【山域】 奥秩父 西部
【ルート】勝沼IC 一の瀬高原~笠取山~甲武信~金峰~廻り目平~韮崎IC
【登山方法】グループ登山(18人+添乗員ガイド2人)小屋泊縦走
【日程】10月16日(木)~19日(日)
【天候】晴れ、快晴~曇り、快晴、快晴
【メンバー】 個人でツアー(毎日新聞旅行) 参加
【記録・内容】
1日目、晴れ:新宿(7;30発)バス 談合坂SA、平日なのに天気
がいいせいか結構な車とバスと人出。勝沼IC~一之瀬高原(作場
平橋駐車場=登山道入り口)(10:45)より笠取小屋へ(12:50)荷物
をおいて笠取山(1953M)へピストン。最後の150Mは急登。1500
~2000あたりでは紅葉(どうだん、七かまど)がきれい。小屋では大
きなまきストーブで暖かい。
2日目:外の気温2度。さすがに標高1800M近いせいか寒い。朝食を
取り5:50発。雁坂分岐から笠取山に朝日が昇るのを背にゆっくり登
る。途中富士山がきれいに見える。燕、古札山をへて、日本三大峠=
雁坂峠(2289M)へ。(9:00)展望良く、富士山や南アルプスを望む。
破風山、木賊山経由で甲武信小屋(2300M)へ(2:10)名物小屋番徳
さんを囲んでストーブで団欒。夕食の後の徳ちゃん製作の山のビデオは
圧巻。NHKの取材番組も放映(山と小屋の格好のPRとなっていた)
3日目:今日も快晴。外の気温は0度。6:40発。まずは日本百名山すぐ
そばの甲武信ガ岳(2475M)へ。最高の展望。富士山もきれい。国師が
岳(2592M)1:00、奥秩父連山の最高峰北奥千丈岳(2601M)1;15。
2000M以上は紅葉は終わっているがコケが密生している奥秩父独特の山
中とピークや峠ではとにかく眺めが良く遠く南アルプス、北アルプスま
で遠望できて満足。夢の庭園経由で大弛峠=大弛小屋(2360M)へ2:30.
夜は、山小屋なのに鍋料理。最後の夜なのでささやかな宴会。外は氷点下。
満天の星に天の川が素晴らしい。
4日目:なんと4日連続で晴れしかも快晴。ラッキーにつきる。温度は4度。
6:10発。朝日岳(2579M)7:25経由、日本百名山、金峰山(2599M)へ
9:00.展望がまたも抜群。風がやや強かったが、巨大な5丈岩:どのよう
過程で頂上に大きな岩が置かれて?いるのかが不思議。40分展望を満喫。
(富士山、南アルプス、奥秩父連山、浅間山。360度パノラマ遠望に大満足。
帰途は、すぐそばの金峰山小屋(吉木若旦那)経由で川上村、廻り目平へ下
山12:00(途中1人足がつってのトラブルがあり別グループになりゆっくり
下山)
おかげでふもと(金峰渓谷)の紅葉を写真を撮りながらのゆっくり満喫。岩
をやっている若者が遠くの岩にアタックしていた。登山口迎えバス13:00発
で明野温泉14:00へ(太陽館)で4日間の汗を流し、ビールで乾杯。15:00
バス発で韮崎ICから中央道。途中談合坂付近で事故渋滞。何とか7:00に
は新宿についた。歩程4時間。8時間。6.5時間。5.5時間の4日合計約23時
間。小屋とまりなのでリュックもさほど重くなく、距離的時間的にゆっくり
で展望を満喫する素晴らしい縦走登山であった。
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

名栗湖~棒ノ嶺トレイルラン◆写真 

【山域  】奥武蔵
【ルート 】名栗湖~棒ノ嶺
【登山方法】トレイルラン
【メンバー】住田(単独)
【山行日 】10/19(晴)
【行程  】11Km  標高差 236→976(→236m)
 名栗河川広場(9:30スタート)~名栗湖4分の3周~白谷沢~棒ノ嶺ゴール(10:33ゴール-休)
 ~名栗河川広場(12:00)
【内容  】
トレイルランなる大会「第6回 名栗湖~棒ノ嶺ピークハントマラソン」に初めて参加してきました。

先週の北アルプスと同じトレイルランの井手達で出場、今週は周囲から浮くことなくひとまず安心。名簿を見ると約320名、マラソン・ランニングクラブ所属の人が多く、他に自衛隊・消防庁、大学・高校、山岳会の人は自分を入れて二人だけ。
制限時間の130分は最低クリアすべく、後方よりゆっくりスタート。
いきなり名栗湖まで上り、周回は棒ノ嶺を仰ぎ見ながら気持ちよくジョギング。

登山道に入り、白谷沢の沢沿いを何度も横切りながら、急登。前日の雨ですべりやすく、一般登山者に気をつけながら早歩きで登る。途中にコンパクトだが美しい白孔雀の滝を見ながらゴルジュを通過し、林道に出ると給水所。
ポカリ、オレンジを一気に飲んだせいか、ピークを遠巻きにアップダウンを繰り返す林道をランしている最中に横腹が少しつりそう~。
ここはナンバ走法の徹底化で、横揺れとひねりを抑え、何とか自然回復。
林道はツーリングのバイクが時たま走りぬける。

林道から樹林に入り、山頂の前に何度かピークを越え、見えないゴールを目指す。
前後の人のペースが落ちず、頑張ってポジションをキープ。やっと拍手と歓声が聞こえゴールが近いことがわかり、元気回復。
デジカメでシャッターを切りながら、ラストスパートでゴ~ルイン!
先行者の笑顔もあり、登頂とは別の達成感を感じました。

下山途中にもフルーツ・ドリンク、下山後にはミニ天丼等のサービスもあり、またルート表示も随所にあり、非常食や地図は不要であった。
順位と成績は別途郵送とのこと、自分の計測では93分とまずまず満足、平均より少し上位か? 心拍数の平均が150でピーク166、1075Kcal消費で非常にタフなトレーニングレベルであった。スピードで競争するより、展望があるコースでマイペースで進めるコースでの山行がよいと思いました。


とりあえず写真をアップしました。

http://gallery.mac.com/sumida4n22#100213&bgcolor=black&view=grid


以上です。

△page top

鍋割山山行 


田中孝平です。
10月18日~19日(土日)の鍋割山単独登山の報告をします。

18日(土)品川宿6:30~(京急)電車発~横浜(相鉄)~海老名(小田急)~渋沢=バス=大倉9:30登山開始~二俣~後沢乗越~鍋割山(山荘)14:30着 「初日内容」仕事先宿から出発して、電車で渋沢経由でバスにて大倉に向かう。天気が良く大倉は沢山の人であったが、皆 大倉尾根で 二俣はパラパラの人であった。二俣の先の小屋の資材置場で 背負子を借り 置いてある 水ペットボトルを24lほど担ぎ なまった体にカツを入れたく登りだす。何とか小屋までたどり着いてホッと一安心(もう少しはやれそうだ〓)山荘で 一息と小屋の奥さんから差し入れ生ビールを飲みながら 2日遅れの富士山の少し傾いたダイヤモンド(9合目辺り)富士を眺めてから夕方より小屋主曰わく少なくなった天然
茸とスーパー茸(?)で 茸鍋となり楽しい宴会で夜が更けて行く。

<19日>(日)朝焼けの頭を白くした富士を見てから朝食を頂き8:00から小屋主夫妻に送られ往路を帰途につき 11:30に大倉に帰り着く。

△page top