FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

北岳、小太郎山縦走 

【山域】南アルプス 【ルート】北岳、小太郎山 【登山方法】尾根縦走 
【山行期間】10/16~10/18 【行動日】10/17~10/18 
【メンバー】CL吉川 他1名 
【行動】10/16中央道-夜叉神(仮眠) 10/17夜叉神6:00-広河原6:44/7:10-野呂川出合7:25-両俣小屋10:00/10:10-尾根取り付き(大滝)11:30/11:50-北岳肩の小屋15:40(泊)
11/18北岳肩の小屋6:30-北岳山頂7:00/7:30-小太郎山9:25/9:50-御池小屋12:25/12:40-広河原14:15/15:00-夜叉神-中央道-帰葉

【内容】10/17野呂川出合で、バスを降り仙丈ヶ岳の山襞をベコベコ縫うように林道を歩く。唐松、カエデの紅葉が青空に映え、道端のフジアザミも大輪の花を咲かせている。2時間もの林道歩きに飽きてくる頃、野呂川の水辺を歩くようになりまもなく、両俣小屋に着く。3匹の猫のお出迎え、女主人は、15:00まで留守と書置きがあった。両俣小屋に泊まる予定だったが、予定を繰り上げ、肩の小屋まで進むことにする。ここから先は、右岸と左岸行ったり来たり、滑らないよう飛び石を歩く。沢靴で歩きたかった。同僚が、20cm位の岩魚を見つけ、2人で大騒ぎ!前方に枝沢からの細い滝が現れ、これが大滝?と思ったら、少し回り込んだところに、水量の多い滝があった。滝手前の山腹に取り付き、足場の悪い急斜面を登る。暫く、樹林帯の急登が続き、周りが開け、ハイマツ帯にかわり、ガレ場の窪みを詰めると中白峰沢ノ頭の直下に出る。ここを巻いて、北岳山頂方向を目指して、ハイマツと、砂礫の気持ちの良い稜線歩きになるはずだったが、ガスがわいてきたり、疲れも出てきて、少々辛い登りになった。小太郎尾根からの下りは雪が少し付いていたがアイゼンを付けるほどではなかった。小屋は、アットホームでいい感じ!ストーブを囲んでの食事(小屋が空いていると自炊も快適な場所でできる)山談義やご主人は、アクアラインを通って良く房総に遊びに来るとかで、話も盛り上がり、小屋泊まりもたまにはいいかな。

 10/18荷物を小屋にデポして北岳山頂をピストン天気に恵まれ、展望良好。やはり、仙丈ヶ岳から、仙塩尾根は魅力ある。360度の大展望をゆっくり楽しんだ。小屋のご主人に見送られ、小太郎山を目指す。アサヨ峰に向かってたおやかに延びる稜線は、岩とハイマツの稜線と、ガラガラ岩のまき道のどちらを歩くか迷う事もあるが、道はしっかりしている。小太郎山の展望は、想像以上に素晴らしく、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、仙丈ヶ岳、北岳とそれぞれ個性的な顔を持った山々をひいきなしに展望できる山だった。昨日歩いた仙丈ヶ岳の山麓、野呂川沿いの長い林道も見え満悦し、また、山頂に伸びる小太郎尾根の陰影に富んだ稜線、山頂付近を薄っすら雪化粧した北岳の雄大な姿を眺め、大満足で御池小屋から、広河原に下る。小太郎山は、素晴らしかった!
スポンサーサイト



△page top

日光男体山 

山:日光男体山(二荒山神社中宮祠 ~ 山頂ピストン)
登山日:平成20年10月18日
天候:晴れ
登山者:永田 勝久(54歳)単独
登山形態:ハイキング
山行記録:【登り】8時09分 登山開始 ~ 9時30分 7合目 ~ 10時14分山頂(所要時間2時間05分)
       【下り】10時30分 下山開始 ~ 11時45分下山完了(所要1時間15分)
ルート:① 3合目~4合目にかけて舗装された林道歩きになる。
     ② 5合目からは岩が多く歩き難い。(登りも下りもあまり所要時間が違わない。)
     ③ ヤツデ・ナナカマドの赤と唐松?などの黄色がすばらしい。
その他:
途中まで写真を映しながら登ったが、途中外人さん(アメリカ人)の登りに触発されてがむしゃらに登りました。最初からピッチを上げれば登りに2時間はかからないルートと思います。
外人さんは途中で休憩を取らず一気に登るのが一般的なようです。(今回も途中で休憩は取ってません。)
私も一人のときは同様に休憩を取らずに登ります。
日本人の一般的な1時間歩行10分休憩とどちらがよいのかそれぞれの判断と思います。
温泉は乳白色でよかったです。

△page top