FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

北ア/笠ヶ岳、鷲羽岳 

長池です。笠が岳~高天原への往復山行の報告です。
【日時】2008年8月6~11日 
【山域・場所】北ア南部・笠ケ岳、雲の平、高天原、鷲羽岳、三俣蓮華、双六岳周遊
【参加加者】単独 【天候】晴れ、一時雹雷雨
【行程】
6日-23:00新宿→
7日-3:25平湯→7:30中尾高原口→9:25錫杖岳出合→16:20笠が岳山荘天場
8日-5:40天場→8:25大ノマ乗越→10:57双六小屋→14:20三俣山荘天場
9日-5:05天場→7:30祖父岳→8:45雲の平→12:10高天原山荘
10日-4:20山荘→7:00岩苔乗越→8:05鷲羽岳→9:15三俣山荘→10:50三俣蓮華岳→12
:30双六岳→13:25双六山荘天場
11日-5:45天場→7:10鏡平→9:50わさび平→11:05新穂高温泉→12:35平湯→21:00
新宿
【記録】
・クリア谷~笠が岳
 中尾高原口でバスから降ろされたが入山口不明。“おはようございます”と言ってくれ
た中学生に道を聞く。槍見温泉近くの山道の小さな板に笠が岳と書いてある。いかにもマ
イナーなルートらしい。でもはっきりとルートが分かる写真付き標板がある。錫杖岳のク
ライマーへの苦情である。よくある懸垂ピンの捨縄の束、“危険なのは取り除いておいた
が、各自責任を持って撤去せよ”ん? 再訪時、以前のものは外すにしてもまた新しいの
を残すことになる。どう責任を取ったら良いのだろう? さらに“自分で打ったハーケン
は抜け”うーんこれは名言賛成だ。その錫杖岳の真下を通る。垂直の硬い岩が天を衝く。
クライマー冥利に尽きる良い岩場だ。クリア谷を渡る明瞭な踏み跡もある。しかし、この
クリア谷ルートはお勧めできない。ただ長く暑い。道も整備不良。
汗で全身ズブ濡れで笠が岳の天場に着いた。満天の煌めく星々“夜は満点だ”。
・笠が岳~三俣山荘
 ほんとうは雲の平まで行軍する予定だったが、何と言っても天気が良すぎる。汗かきの
私にはこの暑すぎ長過ぎる行軍はムリだ。で、三俣に天幕を置いて雲の平、高天原を軽量
で駆け抜けることにする。今日の秀逸は、双六岳の巻き道だ。ちょっと気が引けるが稜線
歩きは帰りにして安楽な道を選ぶ。が、これは儲けもの。この道は花と清き水の道だった
。双六カールの底を埋める花々、花に目覚めた私には至福の道だった。花の名を思い出す
のに忙しい。雪渓から染み出す清流もおいしい。
・三俣~雲の平~高天原温泉
 黒部源流の標石を見て源流を渡渉し雲の平へ急登する。誰かに“雲の平なんてどうって
ことないよ”と聞いたが、とんでもない。早朝、誰もいないこの大きな高原、絶好の天気
、清涼な空気、遠くを囲むアルプスの峰々、こころに快哉を叫ぶ。こんないいところがこ
の世にあったんだ。と!、良い気分に浸っていたら祖父岳の分岐からそれは雲霞のごとく
湧き出すハイカーの群れ。おお、ここは観光ルートだった。
それでも庭園と名づけられた景観をめぐってみて、やっぱり雲の平はいいなあ、と。
 高天原の沢を横断するとき、突然金平糖の大きさの雹が轟然と降ってきた。雷も鳴り出
してどどっと雨が降りかかる。大慌てで高天原山荘に逃げ込んだ。何てことだ、ここまで
来た目的は温泉だ。これじゃ来た甲斐がないよ。と、雨を呪う。しかし、待つこと2時間
、飄然と雲は去った。タオル片手にお客さまみんなで飛び出す。15分も下ると温泉沢の
両岸に湯船が掘られ、一応脱衣の覆いもあるが、何とワイルドな空気だ。源泉は50℃。
湯船の底を荒してはダメだ、ヘドロが湧きあがる。いい、すばらしいよ。ここで約2時間
、沢で冷やしてまた湯へ。帰りに平野さんご一行とランデブー。
・高天原~鷲羽岳~三俣蓮華岳~双六岳
 ヘッデンで宿を出る。行路一緒になった女性は兵庫労山傘下のメンバーで、大きな荷を
背負ってニッカーボッカとニッカーホースで着実に歩く。ベテランと見て聞いたら驚嘆、
立山から入って10日の山旅だとか。結局新穂高温泉まで後になり先になり同じペースで
進むことになった。白ザレの鷲羽から急降下して三俣の天場でテントを撤収。この三俣の
天場の水はおいしい。いつか一度ご賞味あれ。双六へ今度は稜線へ上がって進む。双六は
小屋も天場も大賑わい。大きなテント群のなかで我が1人用ゴアテンが実に可愛いではな
いか。
・双六~新穂高温泉~平湯温泉
 これは報告の意義もないお馴染みのルートでしょう。しかし、幼稚園児や腰の曲がった
ご老婆が上がって来るのとすれ違うと、大きな荷が場違いに思えてくる。ところが鏡平か
ら大ノマ乗越へカーブしながら降りて行くあの丸石道に吐血したかと思われる大きな生々
しい血痕が点々と。いったい何が起きたのか?戦慄が走る。実は帰りのバスで頭にぐるぐ
るまっ白い包帯を巻いて小型のザックを担いだ男性が途中下車した。さてはあの方なのか
?妙な勘ぐりをした最終行程だった。平湯では「ひらゆの森」で温泉三昧。お勧めです(
入浴500円、大小露天浴槽がたくさん)。
スポンサーサイト



△page top

北ア/赤木沢 

【ルート】折立~高天原~赤木沢~双六岳~新穂高温泉 
【登山方法】縦走、沢登り 【天候】おおむね晴れ
【山行日】8/9(土)~11(月)
【メンバー】CL平野 他会員外10名
【記録】8/9 折立7:30→太郎平9:40→薬師沢小屋11:30→雲ノ
平13:00→高天原15:00
8/10 高天原4:00→薬師沢小屋6:50 薬師沢入渓7:20→赤木沢
出合8:20→稜線縦走路12:00→黒部五郎岳13:00→三俣山荘15:30
8/11
三俣山荘4:30→三俣蓮華岳5:20→双六岳6:00→双六小屋7:00
→鏡平小屋10:00→新穂高温泉12:40
【内容】毎年恒例の遊び仲間合宿で、今年は高天原温泉がメイ
ンテーマだった。前夜竹橋より夜行バスにて有峰口へ、富山在
住組と合流後折立へ。登山口はお盆の走りでかなりの混雑。ス
タート当初は先行パーティを抜くのに苦労するが、次第に人も
少なくなり道も開けて快適にペースを上げる。天気は快晴、太
郎平で前日より入山している他3パーティと交信、水晶・鷲羽
組、祖父沢遡行組とも順調、薬師沢釣り組もたぶんOK。20分ほ
ど景色を楽しむが、9時半過ぎには稜線より怪しい雲が湧き上
がる。急いで薬師沢を通過しアラスカ庭園に出る頃には雷が鳴
り、小雨がパラつく。雷の間を縫うように隠れたり匍匐前進し
たりして、雲ノ平山荘へ、30分ほど雨宿り。どうやら雷雲が去
ったので13時過ぎより行動再開。その後は再びお天気の中、順
調に高天原に到着する。途中所々アラレの吹き溜まりを見かけ
たが、水晶・鷲羽組は雹と雷雲に尾根上でつかまり、一時ツェ
ルトビーバークで大変な目にあったらしい。こちらは小屋で購
入したビール片手に1時間以上のんびり温泉に浸かる。至福の
ひと時を満喫した。温泉に行く道すがら、長池さんに出会い再
会を喜ぶ。混浴をお誘いしたがお断りされた。小屋は布団1枚
に1人のスペース。空いていてラッキー。前日は1枚に2人の混
雑だったらしい。
10日、いよいよハイライトの赤木沢遡行日。暗い内に小屋を出
発し、予定通り薬師沢到着、ラーメンで腹ごしらえの後入渓。
薬師沢は腿下くらいの所もあるがロープを出すまでもなく順調
に遡行。すぐに美しいトロ場がある赤木沢出合に到着。赤木沢
は東~南に開けた明るい沢で名前の通り赤みを帯びた岩とエメ
ラルドグリーンの水が美しい。私好みのナメと小滝が連続して
どこをとってもカレンダー(?)の様に美しい。時々釜で泳い
だり、シャワークライムを楽しみながら大滝以外全ての滝をロ
ープなしで遡行(簡単)。本隊は左俣をルートに取り、最後は
カールのお花畑の中を中俣乗越につきあげる。本流遡行中は他
パーティはいなかったが、源頭部で当日下山の右俣組、継続縦
走の左俣組とも先行パーティを追い越した。本隊7名は縦走路
をつなぎ、15時過ぎに三俣山荘着。この日は7名で布団5枚スペ
ースであったが、一部屋二段の下半分を占領出来た為、快適に
過ごせた。
11日、本日は縦走のみ。当初笠ヶ岳経由下山の予定だったが、
一部メンバーの疲労を考慮して鏡平経由で下る事にした。この
日も良い天気。双六小屋から早くも生ビールモードに突入する
。鏡平、わさび沢小屋とビール休憩をとりながらのんびり下山
。新穂高温泉無料の湯で汗を流して平湯15時30分の高速バスで
再び長池さんと出会い、帰路についた。
ちなみに双六小屋で休憩中、トランスジャパンアルプスレース
中の友人に出会う。彼は前夜0時に日本海白萩川河口をスター
トして7日以内に日本アルプス3つをつないで太平洋へ駆け抜
ける試練中だった。まだスタート後7時間しかたっていないが
3位の好位置につけている。がんばれよー!
以上長文失礼しました

△page top

中央アルプス 

加藤です。8/9~11中央アルプス越百山から空木岳に木曽側から入下山したので報告します。稜線上の天場は中アには木曽駒と中岳の1ケ所だけで今回は二泊とも小屋泊(水場なし)で計画した。越百小屋は水を販売もしていないので途中の沢で4L汲み、木曽殿山荘は名水の「義仲の力水」が完全に干上がって500MLペットボトルが300円で売られていた。両方の小屋とも予約が必要で木曽殿山荘で予約なしの客が小屋番と言い合っていた。山行は木曽御嶽山を左に眺めながら順調に行ったが一つ疑問があった。今の時代は山小屋は予約が必要なのですかね?

△page top