FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

奥多摩/熊倉沢・左俣東沢  

【山域】奥多摩 
【ルート】熊倉沢、左俣東沢 
【登山方法】沢登り 
【山行日】7/14 
【メンバー】L上茂、室、吉川(記) 
【行程】入渓9:05-15m2段の滝10:20-二股11:20-熊倉山山頂12:00-入渓口13:40
【内容】駐車地点より20分林道を歩き、熊倉沢を渡り、少し仕事道を歩いてから丸木橋下より入渓する。枝がかぶさり少し薄暗く、クモの巣を払いながらの遡行開始、まもなく、二股に出る。かえりは、仕事道を下りここに出てくる。左の東沢に入り4mの滝を登る。岩タバコのつぼみが今にも咲きそうに首を持ち上げ、しぶきを受けている。小滝の連続で、気持ちに余裕ができると、静寂で、涼しげな水の流れの景色が、とてもいい!2段15mの滝は、ほぼ水流中を登りシャワークライム。このところ急に暑くなってきたが、ここでは、カッパを着てちょうど良い。次、5mの滝は右の岩から取り付き滝中でトラバースして、左の滝口に登る。トイ状3mの滝や、4mの滝を登り奥の二股水流のある左に向かう。沢の詰めは、いつも、岩がもろく稜線に立つまでは、急登で木や、根っこを頼りに登る、ここも例外ではない!あげくの果て、やっと稜線に立ったら、ブヨの集中攻撃を受け、パニック状態!着替えのときカメラを忘れ、2,3分アルバイトをしてしまった。熊倉山からは、北に延びる尾根の仕事道を下った。遡行時間が短かったが、きれいで静かな沢だった。駐車場から入渓地点までの熊倉沢も、ナメの川底で、とても綺麗でここで、水遊びをしても一日中楽しめそうだったリードをしてくれたリーダにたくましさを感じました。お世話様でした。
スポンサーサイト



△page top