FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

至仏山・ムジナ沢 

 菊池です。
 連休前に開通したものの、激混み状態の鳩待峠から至仏山・ムジナ沢の定番ルートを滑ってきました。

【山域】尾瀬至仏山
【日時と天候】2008年4月26日(土)  曇りのち雪 山頂で0℃前後
【メンバー】CL菊池・渡辺(俊)・鶴田・石橋・朝岡・吉川・石井・石川・佐々木(会員外)
【行程】戸倉駐車場-タクシー-鳩待峠9:30 -小至仏山-13:00至仏山山頂-
ムジナ沢滑走-山ノ鼻ー16:30鳩待峠ー帰葉

 S氏をゲストに向かえ、鳩待峠峠に7時15分ころ到着したが、すでに駐車場は満車。 やむなく戸倉駐車場に戻りタクシーで鳩待峠に引き返すことにした。 (運ちゃんの話では昨夜の0時には満車とのこと) 前日開通、連休前の悪天、混むわけないとたかをくくっていたが、 完全に打ちのめされた気分で戸倉に向かった。テンションも下がり天気も悪く、諦めて温泉に入って帰ろうかと思い始めていたが、 戸倉駐車場でまたまたM女史に遭遇。昨年の飛騨沢滑走以来の再開である。 テンションが勝手に再上昇し、気合を入れて9人乗りタクシーに乗り込んだ。 9時半過ぎガスガスの視界不良のなか、多数の先行トレースをたどり小至仏に向かった。 3年前の4月中旬にはMTB使用、好天のもと小至仏は経由せず、最短ルートをトラバースしながら 至仏山頂に容易に達したが、今回は不可能、ほぼ夏道に沿ったルートで ホワイトアウトの山頂に1時頃着いた。風も強く気温は0℃前後、かなり寒い。 行動食休憩の後、一時的に湿雪が舞って来た。北東尾根の上部は風が強くザラメがカリカリ気味になっている。 視界は5~10m。慎重にメンバーを確認しながら、少しずつ高度を下げた。 慎重にルートを見定め、なんとかムジナ沢に入ることができた。このころから極上ザラメ状態となり、 高度を下げるに従い視界が徐々に開け、素晴らしいムジナ沢から尾瀬ヶ原の景観をみることができた。 沢は全て残雪で埋まっておりボトムまで快適なターンが刻め一同大感激であった。 満足感にひたりながらの山ノ鼻までの湿原散策は雨の中であった。 鳩待峠に達した頃よりプチ吹雪模様となった。
スポンサーサイト



△page top