FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

八ヶ岳・石尊稜・赤岳主稜 

三代川です。八ヶ岳はこの時期では、雪稜には早いかと思ったが、それなりに雪があり楽しむことが出来ました。南沢は通行止めになっています。
【山行報告】八ヶ岳・石尊稜・赤岳主稜
【日時】11月23~25日
【メンバー】CL三代川・多田・小俣
【行程】23日津田沼0時~美濃戸口3時仮眠~7時スタート~赤岳鉱泉10:10→石尊稜取付11:50→撤退16:00→赤岳鉱泉18:00 24日赤岳主稜9:30→赤岳16:30→赤岳鉱泉19:00 24日赤岳鉱泉9:00→美濃戸口12:00→帰葉   
美濃戸口から赤岳鉱泉までは、南沢は通行止めになっており、北沢のみ通行でしる。石尊稜であるが、なんとなく無名峰南稜と1本尾根を間違えた感がある。途中から踏み跡があったものの本とロケーションが全く違っていた。また、途中越えることが出来ず撤退した翌日は、気を取り直して赤岳主稜に行く、取り付きまでは、雪がなく岩が脆く、やらししい
。チムニーは、したをくぐって行く、新雪が降ったばかりで、ルートに苦戦する。赤岳から行者小屋までは、日が沈み文三郎を満月の夜、ナイトハイクを楽しむ。
【感想】天気がよく、あまり気温が下がらずに助かった。もう少し早く行動したいとおもった。
スポンサーサイト



△page top

奥多摩・ヒヤマゴ 

柘植です。日曜に行った沢登り&ハイキングの報告です。
【山域】奥多摩 【コース】ヒヤマゴ~浅間尾根ハイク 【日時】07年11月25(日)
【メンバー】柘植(記)、石井 【天候】晴
【記録】武蔵五日市⇒(バス)藤倉10:20→10:30ひやまごの里10:50→
(ヒヤマゴ遡行)一本松→浅間嶺13:50→払沢の滝⇒(バス)武蔵五日市
【内容】
浅間尾根北面の藤倉周辺にはシンナソーだとかヒヤマゴだとか変わった名前の沢がある。今回はこのヒヤマゴ(名前に'沢'はつかないらしい)を登り、晩秋の浅間尾根を味わおうというプラン。ヒヤマゴはガイドでは遡行記録55分で紹介されているくらいなので、先週に続いてのんびりたどる。1時間半ほどで、以前シンナソーを登ったときの踏み跡に出る。稜線上の一本松で沢装備を解き、雲ひとつない好天の穏やかな尾根をたどって浅間嶺までは1時間ちょっと。ここで時間をたっぷりとってアツアツ具沢山の天麩羅うどんをいただく。下山は時坂峠から本宿へ。5分の差でバスを逃してしまったので、払沢の滝を初めて見学してから次のバスに乗った。浅間尾根は何度来てもよいところだ。

△page top

甲武信ヶ岳 

甲武信-雁坂 山行報告
バスで10:08西沢渓谷着。10:30山荘着。小屋の横の登山道入り口で早い昼食を取り11:50徳ちゃん新道を登る。コースタイム5時間の表示有り。唐松林の急登を1時間ほど登るとシャクナゲが多くなる。右からの登山道と合流するあたりは、シャクナゲのトンネルが続く。5月下旬低い方から咲き始め6月半ばまで見事なシャクナゲの花が見られる戸のことである。14:00木賊山。14:20甲武信小屋着。
休憩後甲武信岳へ。快晴で雲は無いが、天気が良すぎ少し霞がかかったような状態で遠くはあまり見えない。甲武信小屋のカレーの夕食後、甲武信周辺の花と自然、及び山梨テレビ制作の東沢を中心としたビデオを鑑賞。
 奥秩父はすでに初冬。昨日の朝は-15°にもなったと言うことだ。朝食後5:45甲武信岳山頂に向かう。この日も雲一つ無い快晴だ。昨日かすんでいた富士山がはっきりと日の出前の空に大きく見える。昨夜のビデオの様に、ここからは、八つが岳、南アルプス、北アルプス、中央アルプス、北アルプス、浅間山、日光連山、主な山々がほとんど見える。日の出と共に徐々にその色が変わってくる。
寒い山頂近くを立ち去るのが惜しく、しばらく眺める。
 小屋に戻り7:05雁坂峠へ出発。しっかりとした道が続く。木立を通し富士山が大きく見える。7:50破風山避難小屋着。しっかりとしたきれいな小屋だった。
8:30西破風山、10:30雁坂峠着。12過ぎのバスに乗るため急いで下山。
12:20久渡沢橋でバスを待ち、手を挙げて乗る。今年のバスは11月25日(今日)で最後です。

△page top