FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

両神山 

三代川です。天気は、快晴・紅葉は、最高でした。
しかし、2週間のインターバルなのに、体はなぜかあっちこっち痛い(>_<)
山行報告【場所】両神山・表参道・七滝沢道【日時】11月18日日【天候】快晴【メンバー】CL三代川・渡辺【行程】津田沼4:30=日向大谷駐車場9:30→清滝小屋11:30→剣ガ峰12:30→お昼13:20→七滝沢道分岐14:20→日向大谷駐車場16:00=帰葉

ちょっと、トラブルが発生し入山が遅くなる。駐車場で準備をすませ入山する。
登山道は、しっかりしていて道標もあり赤テープまで、きちんと一定の間隔である。清滝小屋を拝見する。大きくて立派な小屋である。また、中もすごく広く、きれいであった。ちなみに、小屋代が来年から値上がりするそうだ、1500円UPの6500円になると書いてあった。
頂上までは、大した鎖場もなく、ちょっとガッカリ。頂上からの展望は、雲取山・甲武信岳・八ヶ岳と一望できた。
頂上のちょっと下には、ベンチがあり。そこで、お湯を沸かしカップラーメンを作り食べた。
人に、美味しそうと、冷やかされて照れる。久しぶりの頂上でのラーメンであった。
帰りは、七滝沢道を選択する。
あまり歩く人が少ない様であった。落葉で、道が埋もれていた。また、意外と急な下りで汗が出てくる。こちらも、新品の道標があった。赤テープは、一定の間隔ではなかったがしっかりとあり、迷うことはない。
【感想】もうちょっと、鎖場が多いのかと思っていたが、意外と少なかったです。ちょっとガッカリでした。しかしながら標高差1200mあり、苦戦した。紅葉は、上部は終わり裾野のみとなっていたが、赤や黄色が美しかった。秋を少し満喫した感じであった。
スポンサーサイト



△page top

奥多摩・熊倉沢左俣西沢 

【山域】奥多摩 【コース】熊倉沢左俣西沢 【日時】07年11月18(日)
【メンバー】柘植(記)、石井 【天候】晴
【記録】武蔵五日市⇒(バス)南郷9:40→熊倉沢左俣入口10:40→熊倉山13:20→三国峠13:45→14:55石楯尾神社⇒(バス)上野原
【内容】熊倉沢は比較的水量が少なく、また稜線の笹尾根は晩秋の味わいがすばらしいので、好天の一日を左俣西沢から熊倉山~三国峠で遊ぶことにする。南郷から林道をしばらく進むと矢沢を左に分けて熊倉沢林道に入る。ここは秋の台風の影響か、あちこち大崩れしており、人がかろうじて通れる程度、完全復旧は容易でない感じ。右俣と左俣の分岐で身支度して左俣に入渓。沢は大源太北沢以来1ヶ月ぶりなので、ずいぶんご無沙汰という感じ。沢に入ると陽があたらないので、さすがにうすら寒いが、水はそんなに冷たくない。短い沢なので味わいながら進む。何箇所か小滝を楽しんで、2時間ほどで熊倉山西よりの稜線に到着。再びハイカーに戻って山稜をわずかで熊倉山山頂着。北に大岳や御前山、南に丹沢、西に道志山塊や大菩薩連峰が午後の日差しに美しい。もう紅葉は終わりかけているようだが、またその寂しげな風情もこの時期の笹尾根の持ち味だと思う。いつもは浅間峠から上川乗に下りることが多いので、今日は三国峠まで縦走し、南面の石楯尾神社に下山して久しぶりの沢ハイクを終えた。

△page top