FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

三頭山 

菊池です。半年の山スキーシーズンを間近に控え、奥多摩湖から三頭山・笹尾根・浅間峠の縦走で秋山を締めくくった。

【山域】奥多摩 【場所】三頭山・笹尾根 【日時と天候】2007年11月3日・4日 晴れ 【メンバー】菊池単独
【行程】1日目:新宿-ホリデー快速-奥多摩-バス-小河内神社1030-麦山の浮橋-ヌカザス山-三頭山-14:30三頭山避難小屋(泊)
    2日目:避難小屋5:50-槙寄山-西原峠-笛吹峠-土俵岳-日原峠-浅間峠-12:00上川乗-バス-武蔵五日市駅

新宿発7:44のホリデー快速はまさにハイキング快速そのもの。9;15奥多摩駅に降り立ったハイカーでバス停は溢れかえっていた。3台のバスに分乗、小河内神社で降りた。奥多摩の駅では時間がなくトイレ・水の補給が不十分。300m手前の峰谷橋バス停に公衆トイレがありと水の補給もできた。湖面に映えるモミジの紅葉を眺めつつ名物のドラム缶橋に山行の第一歩を踏み出した。遅いスタートであるが、標高差約1000m、4時間の行程をゆっくり楽しんだ。標高1000mあたりから漸く紅葉が見頃、このルートを辿るハイカーは少なく、三頭山の山頂に近ずくにつれ、極彩色の見事な紅葉を堪能できた。
山頂では都民の森から登って来たハイカーが多数いたが、ガスが沸いてきており展望も利かず、避難小屋に急いだ。避難小屋はトイレ完備の豪華版、水場は小屋の裏から沢に数分下るとチョロチョロ湧いていた。過去にちば山の忘年山行で貸切状態だったとのこと。数年前に新緑の時期に、この小屋を偵察。気の合った仲間と宴会でもと温めているが、なかなか実現しない。今回もたった一人の小屋泊となった。ビール700cc、ワイン300ccに早々と入眠モード。4時には起床、外に出ると、満天の星であった。
2日目は周囲が明るくなりかけた5:50に出発。小屋の正面には夜明け前の空に富士山がぼっと眺められた。間もなく日の出を迎え、モルゲンロードの富士山、朝日に照らされ輝く紅葉。西原峠までには数箇所のビュウポイントがあり、前衛の山々を抱いた秀麗・富士は7合目から真白な雪景色となっていた。軽い登りはあるものの、いくつかの峠を越えて徐々に下っていく快適な尾根道、未経験の御前山・大岳の山波を眺め奥多摩の魅力にすっかり虜になってしまった。日原峠から上野原に下る予定であったが、浅間峠を経由し上川乗に下った。
スポンサーサイト



△page top

奥秩父・真の沢林道 

11月2日~4日  メンバー 鶴田、菅井、石橋

 1日目、奥秩父の川又から入川添いの東京大学の演習林の中の登山道を歩き一路、柳小屋へ。
この避難小屋で一泊目。2日目、真の沢添いの林道を歩き甲武信岳と三宝山の稜線に出て十文字峠で2泊目。3日目、赤沢山、白泰山を歩き、栃本に下山して出発地の川又に戻ってきました。
 
 真の沢林道は菅井さんのエアリアマップ昭和61年版には赤の点線で、石橋の1993年版は黒の点線で、最新版にはもうルートが載っていないそうで、まさに知られざる道になりつつあるようだ。
25000分の1の地形図には載っていますが・・・。

 千丈の滝までは歩かれているようでその先は行ってみないとわからない状態でしたが、実際には目印テープがあり助かりました。しかし倒木があったり、がけ崩れで道がふさがれたり、かなり時間がかかりました。三宝山では甲武信岳の背後から富士山や、南アルプス、かさなる峰々に感動して時間をくってしまい、夕闇がせまり闇夜の中での歩きになり、十文字小屋の明かりに胸をなでおろしました。白泰山ではルートを間違えて大藪こぎになり、獣道に遭遇して登山道に戻るのに多いに助けられました。標高を下げるにつれブナ林などの紅葉に心を癒されました。
3日間とも天気に恵まれて奥秩父の山を満喫してきました。

1日目5時間、2日目13時間、3日目10時間の歩行時間のロングルートに一緒に同行してくれたメンバーに感謝!!!。

△page top