fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

飯士山 

飯士山 吉川
【山域】上越 【ルート】飯士山北西側登山口~負欠岩~飯士山~スラブ迂回コース~登山口 【山行日】10月14日 【メンバー】CL柘植、富樫、小倉、菅井、村野、小俣、渡邊3、三輪、加藤、大塚、吉川 【記録】駐車場8:00-飯士山9:40/10:05-駐車場11:10
【内容】ススキの覆い被さる林道を走り、駐車場に到着。ここから、スラブ帯と、巨岩が見えた。登山口より蕨の群生している杉林を暫く行くと、分岐があり、負欠岩方面へと進む。細い枯れ沢の滑りやすい急登続きに難儀する。そのうち、視界が開け尾根上に出るが尚も、急登を登ると間もなく負欠岩に着く。広く岩盤が露出した尾根に巨岩が居座っている。ここからの眺めは良好で、湯沢、塩沢の町が見渡せる。スラブ帯に一本ロープが下がっていた。この先も、山頂まで急登が続くが、オヤマリンドウ、アキノキリンソウがひっそり咲いていた。ここが山頂かと思いきや、三角点はもう一歩先にあった。山頂は、天気にも恵まれ、神楽峰、越後三山、巻機山、谷川連峰と、360度の展望を満喫し、昨日、沢を登りつめた大源太山も間近に見え大満足!下りは、負欠岩を迂回するコースを辿る。山頂直下は、急坂であったが、山腹は、気持ちの良いブナ林を下り、負欠岩コースと合流する。ここで、小倉さんのムカゴ取りに便乗し楽しんだ。
 仏像を幾つか見たが、食物を司る諸神が、祭られているという事で、飯士山の山名は、そこからきているらしいです。ミニバリエーションに富んだピリ辛山でした。
 今回の山行で、テント張りから、食事(温か鍋、ご飯美味しかったです)まで作ってくれた尾根歩き組のみなさんありがとうございました。
スポンサーサイト



△page top