fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

大源太川・北沢 

大源太川北沢 吉川
【山域】上越 【ルート】大源太川 北沢 【山行日】10月13日(前夜発)
【メンバー】CL柘植、渡邊3、小俣、三輪、加藤、大塚、田村、石橋、吉川
【記録】駐車場7:40/7:50-北沢入渓地点8:10/8:20-大源太山14:20/14:50-駐車場16:40
【内容】朝方、小雨がぱらつき沢登りが危ぶまれたが、6時頃決行となり、ベテラン揃いに付いて行けるかなという不安と、居直り心境で、複雑な思いの中、何とか平常心を保ち、入渓した。遡行始めて間もなく、ツルンと滑り、三点支持を、肝にめいじる。その後、3~5m位の小滝、ナメ滝と続き、少し余裕が出てくると前方の景色も、楽しめるようになる。釜を泳いで、滝の右側を登るらしきところは、水に浸かるのを避け、左の岩をへつって行ったが、最初の一歩が決まらず、教えてもらい、何とかクリアした。ちょっとしたコツのような事を習得。10mのナメ滝は、ザイルで確保し、左の縁を登る。暫く行くと、三俣状を左に進む。そのうちに、水の少ない20mの大滝が現れる。右側を、馬の背のような岩を登り潅木帯に入る。藪コギしながら登り、笹にしがみつきトラバースして、滝上に出る。次に、三段チムニー滝は、流木が詰って登れず、右の草付きスラブ帯を登る。これがまた、下で見たより難しい。ここまでに、ずいぶんザイルを使って登った。扇状の広いスラブ帯が、頭上に広がり、青空に、紅葉が映える山頂らしき景色に変わったとき、先が見ku桷「燭茲Δ粘況磴靴拭・好薀崑咾鯏个蝓・貘㍉茲卜農・紊暴个織蝓璽澄爾蓮⊃佑・錣襪茵櫃函・臉爾如帖・劃困如・・・兇函☆・涯・ぢ度の展望を堪能し、下山する。やせ尾根から見る谷川岳へと続く稜線の紅葉が綺麗だった。見下ろすと、登ってきたスラブ帯や谷筋が見える。改めて、良く登れたなぁと思った。急な岩場を下り、ブナ林を抜けると入渓地点に戻る。
 沢登を始めて、一番長い遡行時間の体験と、小滝、スラブ滝、岩登り、途中倒木のダム越え、草付きスラブ帯の難しい登りなど変化に富み、楽しんだ沢登りだった。同行の皆に感謝しています。
スポンサーサイト



△page top

越後駒が岳・水無川・モチガハナ沢右俣 

山行報告 

【山域】越後駒が岳 水無川 モチガハナ沢右俣 【日時】10月13日 曇りのち晴れ
【メンバー】上茂 他3名 
【コースタイム】十二平登山口6:20~橋入渓6:30~三俣7:20~登山道17:30~登山口21:20
 
水無川森林キャンプ場の駐車場には新しいトイレ付きの2階建ての建物が出来上がっており、今のうちは中でも宴会が出来そうなほど真新しい。5:30に起床、十二平登山口まで通行でき、支度していると、登山者を送迎してきた地元の方に聞かれたので、これから入るモチガハナ沢の話をすると、物好き扱いされた。今回船橋山の会の計画に参加させていただいた。
リーダーは水無川を今まで7本ほど遡行しているそうだが、ここはじめて。私も8月に一度計画を断念しているので実現できてよかった。が、入門ルートと紹介されているのだが、検索した遡行記録とその方の話から上部のガレ場は非常に悪そうな感じなので、気がかりだ。
少し戻った橋から入渓。三俣まではウォーミングアップにちょうどいいゴーロ帯が続く。
三俣ではどれが本命の右俣なのか、入り組んだ地形に少々悩む。真正面に伸びる広い谷を選択。
F1が6m、F2が7mと遡行図と一致。F1は左壁がルート、垂直の壁から草付きをトラバース。
初っ端緊張を強いられる。F2は楽勝、F3-8m、F4-25m3段は巻く。
番号はないが4mツルツル滝、右壁を人工で強引にあがり、抜けそうな残置の横に一本打ち足して滝上に。水無川はスラブが多いそうだが、
ここはほぼ一直線に伸びる広いV字の谷底に階段状に小滝が続き、滝に磨かれた岩は堅くリスも少ない。ぬめった両壁にルートをとるか、巻くには傾斜がきつく草付き薄く不安定。
潅木も乏しいので際どい。補助ロープで用は足りるが時間がかかる。
F9-15m2段の上で早くも水はなくなり、F11-60mには苔がすでに被っている。
巻きは左のルンゼを上がり、右にそり立つ岩峰の切れ目にトラバースするが崖で、頭上2mほどの岩を登るが、確保とれず後ろでささえながら登ってもらい、後続はロープで引き上げてもらうが、スリップして宙吊りになる。
沢に下りるとそろそろガレの始まりらしい。1400m地点で15:00、あと400mの登り。
ぐらつく岩が多く何とが順調に高度を稼ぐが、上部に行くにつれ傾斜のきつい土の斜面に変わり、気がついたら上がりすぎて動けなくなった。藤木さんに右の薮にトラバースしてもらい細い木を支点に振り子で渡る。あとは薮こぎ。笹ならいいが網目状にはびこる枝をぬって突き進む。 
あと少しのはずだ、暗くなるのも同時かなと・・・
師匠、出ましたーと声。登山道からはもうガスと闇で何も望めない。ヘッテン照らしあとはひたすら急な道を下るだけだが、滑るの何の尻餅つきまくって車にたどり着いた。

△page top